スポンサーリンク
カテゴリー

『火炎』(女王蜂)の音域 / TVアニメ『どろろ』(2019) オープニングテーマ曲

こんにちは。今回は女王蜂の『火炎』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 今回は、MV以外に女王蜂ボーカルのアヴちゃんがアコースティックバージョンで歌唱している動画を添付します。原曲の音程に完全に則っているわけではないですが、参考になると思いますのでご覧ください。


『火炎』(女王蜂)、kaen(Jooubachi) 



『火炎』(女王蜂)










【地声最低音】lowG(G2) ※2番のラップパート

★火遊びlowG[はしない]
☆いつしかいつの日にm1A[かぁ](Aメロ)


【地声最高音】mid2F#(F#4)  

m2F#[ね]m2E[むれ]F#[ない]くらい
★なのにまだI’m so m2F#[se-]-ri-m2E[-ous]

★全部燃やせ八百屋おしhiF#(mid2F#)[ち]
m2F#[出でよ舞えよ火の粉 焚き付けるのが仕事]
★Turn it up…足りない 注ぐ火にあぶm2F#[ら]

※☆の部分については裏声のようにも聞こえるのですが、今のところ地声にしておきます

【裏声最高音】hihiA(A5) ※楽曲全体で2回

★あB[あ]hiC#[た]D[だ]hiF#[Burn] hiG[it] hihiA[u]G[u]F#[u]hiE[u][u]E[u]D[u]B[u]D[u]E[up] 

※ああただBurn it uuuuuuuuuup


【補足】その他の注意箇所

★あhiA[あ]hiB[ま]hiC#[だ]hiD[間]hiE[に]hiF#[合う]
★Give me fi-[re]hiF# Light it up Baby



 まず、女王蜂(じょおうばち)について少し説明します。女王蜂は4人組のロックバンドです。ロックを主体としつつも、ベースミュージックやヒップホップな要素も取り入れております。また、見た目も独特なものがあります。ボーカルについては、アヴちゃんの従来の男性ボーカルに加え、非常に高音域の裏声が印象的です。また、時折女性のような声色も使われております。非常に独特です。代表的な作品としては、今回取り上げる『火炎』や、テレビアニメ『東京喰種:re』の主題歌にもなった『HALF』などが知られているのではないかと思います。

 さて、『火炎』についてです。この楽曲は、2019年に女王蜂によりリリースされたシングル作品です。テレビアニメ『どろろ』のオープニングテーマとして書き下ろされた作品です。ただ、楽曲と歌詞については以前より完成していたものだということです。アルバム『十』に収録されています。

 さて、『火炎』についてです。手塚治虫さん原作の『どろろ』の主題歌ということもあり、和のテイストがサウンドや歌メロなどに取り入れられております。冒頭や間奏など非常に印象的です。一方、打ち込みのような音色も取り入れられており、この辺りは今っぽくもあります。
 歌メロについては、AメロBメロサビのような形ではありますが、一般的なJ-POPのような馴染みやすい作りにはなっておりません。この辺りは好みが分かれるところかもしれませんが、非常に独特であり、個人的には非常に好きです。

 『火炎』の音域的な特徴についてです。非常に広い音域で歌われており、サビの部分に当たる裏声は非常に印象的です。一番高い部分でhihiAに達します。一方で、図にも示すように、この楽曲は地声部分についてはそこまで高くなく、むしろ低音部分が非常に目立つ楽曲になっております。その辺りがこの楽曲の難しさでもあります。
 キーの調整は行いにくいですが、ボーカルのアヴちゃんは必ずしも音源に沿って歌唱するわけでもないようです。MV以外に添付されている動画なども参考にしてみてください。






 さて、『火炎』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】mid2F#(F#4)、【裏声最高音】hihiA(A5)で歌メロディーが構成されております。地声については一般的な男性の音域よりやや低い部分がありますが、楽曲全体の音域は非常に広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音についてです。low音階が一部で登場し、楽曲内ではmid1Aなど低めの音階も目立ちます。高音域に目が行きがちですが、この『火炎』は低音部分が非常に重要な作品です。楽曲内では低音部分が多く登場します。

 地声最高音についてはmid2F#であり、一般的なJ-POPの楽曲としては決して高くはありません。この辺りの音階であれば、努力すれば多くの人が到達できる可能性が高いです。少しずつ練習を重ねてください。ただ、ラップパートの【m2F#[出でよ舞えよ火の粉 焚き付けるのが仕事]】辺りは難しいと感じられる方もいるかもしれません。

 この楽曲の1つの見せ場でもある裏声の場面はhihiAになります。この辺りは非常に難しいところです。ただ、一つ申し上げるならば、裏声の音域を広げることは、地声の音域を広げることよりも容易であり、努力が報われやすいのではないかと思います。hihiAまで到達させるのは大変ですが、少しずつ練習を重ねてください。裏声の練習は日本の住宅事情などでも比較的行いやすいのではないかと思います。

 『火炎』は図にも示すように、歌い慣れていない人向けの曲ではありません。高音部分も大変ですが、低音域をしっかり歌いこなすことも重要になります。ある程度歌い慣れた人がチャレンジするのが良いと思います。難易度は高い楽曲ですが、歌いこなせると非常に映えると思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かすちゃん より:

    凄く見やすくて助かります!ありがとうございます!

  2. もりっしー(管理人) より:

    >>1
    コメントありがとうございます。
    こちらとしても女王蜂が分析できて楽しかったです。
    実りの多い記事になりました。

  3. 04 より:

    SHISHAMO の『僕に彼女ができたんだ』を良かったらやって頂けませんか。ご検討よろしくお願いします。

  4. 低音厨 より:

    mid1A辺りの部分も知りたいです。
    教えていただけると嬉しいです。

  5. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>4
    全て上げるのは手間がかかりますが、ほとんどがラップパートです
    その部分はあまり気にしなくてもよいかもです。
    歌メロの部分では「いつしかいつの日にm1A[かぁ]」ですね。

  6. 蝶ネクタイたまご より:

    火炎の(FLAME)verの音域調査お願いします…!