こんにちは。今回はEd Sheeran[エド・シーラン] & Justin Bieber[ジャスティン・ビーバー]の『I Don't Care』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『I Don't Care』(Ed Sheeran & Justin Bieber)
『I Don't Care』(Ed Sheeran & Justin Bieber)









【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★ It's kinda crazy 'cause I really don't mi[-nd]m1C#(2番Aメロ)
★baby, m1C#[I] don't care(Cメロ)

※いずれもジャスティンビーバーさんが担当しています


【地声最高音】mid2F#(F#4)  

m2F#[Don't think I fit] m2F[in at] this F[par-]ty(Bメロ)


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※サビで登場

hiC#[Ooh ooh ooh], hiA#[ooh ooh], m2G#[ooh ooh],m2F#[ ooh]


【補足】ラストサビのコーラス、その他の注意点

m2D#[I always feel] like I'm nobody(Bメロ)

★All the bad things disappear (Disap-m2F#[-pe]ar)【ラストサビの副旋律】
★Cause I don't care as long as you just hold me near (hiA#裏[Me near])
★When I'm with my baby, yeah(hiA#[oh] hiC#[oh oh] hiD#[oh] A#[oh] oh oh)

※ラストサビの副旋律はジャスティンビーバーさんが歌唱しています

_______

 まず、『I Don't Care』についてです。同曲は、英国の男性シンガーソングライターEd Sheeran(エド・シーラン)さんによりリリースされたアルバム『No.6 Collaborations Project』に収録されております。シングルリリースもされております。 
 同曲は、クレジットにもあるようにカナダ人の男性シンガーソングライターJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)さんとのコラボ作品です。両者ともに、2010年代を代表する英語圏のシンガーであり、億を超えるシングル・アルバムセールスを記録しており、夢のコラボとも言えると思います。

 『I Don't Care』はミディアムテンポのナンバーです。エレクトロ・ポップ、ダンスホールレゲエなどにあたります。歌メロは、AメロBメロサビといった形で作られており、私達日本人にも馴染みやすいと思います。ただ、J-POPほどサビに重きが置かれていない印象です。
 歌詞については、添付動画の字幕などを参考頂ければと思いますが、ラブソングです。私なりのイメージですが、「パーティーに馴染めない」などどことなく陰キャラ感を感じ、共感できました。




 さて、『I Don't Care』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2F#(F#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。地声については、一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2F#については、Bメロで登場します。回数としてはBメロごとに2回ずつです。最高音がmid2F#ということもあり、滅茶苦茶にキーが高いわけではありません。ただ、歌い慣れない人だけスムーズな発声が損なわれやすいです。しっかり練習を重ねたいところです。

 『I Don't Care』は裏声がやや高めですが、地声音域についてはそこまで広いわけではありません。キーの調整もある程度可能だと思います。
 一方で、同曲は英語詞ということもあり、その点で取っ付きづらいという人もいると思います。

 『I Don't Care』は英語詞ということもあり、取っつきづらい部分もあります。ただ、音域的には手を付けやすい部分も多いと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。