こんにちは。今回はまふまふさんの『拝啓、桜舞い散るこの日に』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『拝啓、桜舞い散るこの日に』(まふまふ)、Haikei,Sakura Maichiru Kono Hi ni(Mafumafu)
『拝啓、桜舞い散るこの日に』(まふまふ)









【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[は]る色に染まる校舎(Aメロ)
★君はつぶやく 「遠m1F[回りをし]F[う?」]


【地声最高音】hiF(F5)  ※各サビ1回、Cメロで2回

hiC[目]を塞ぎhiF地[た]hiC[いわけ]hiB[で]C[も]hiD[ない](サビ)

hiD[や]hiD#[り]hiF[直]しなんてC[ない](Cメロ)
hiD[も]hiD#[う]hiF[戻]D#[れ][も]C[しな]

※曲全体で5回程度登場します


【補足】hiChiD#の注意点

★未来なんてまだ託hiA#[せ]hiC[ない]A#[の]に(Bメロ)
★ボロボロにhiD[なっ][ペ]ンと[きょ]hiD#[う]D[か]hiC[書](サビ)
★予hiC[鈴][がし][じ]hiD[て]C[ん]しゃ
★君をきhiC[ず]つけた[あ]C[ら]hiD[く]hiD#[がき][ぃ]
hiC[書]hiD[き]hiD#[か]D[け]のおはなC[し]は 
★いつもあのほhiC[う]hiD[か]C[ご]D#[の]D[向]こう

★行き場ないボクたちのズhiD[レた]hiD#[未]D[来]hiC[を](2番Bメロ)
★そしたら言葉が自由に使えhiD[な]hiC[く]hiA#[なっ]たっA#[け]
★「hiA#[さ]hiC[み]hiD[し]C[い]

★数えきhiC[れ]ないほC[ど]hiD[に]hiD#[く]D[やん]だ(Cメロ)
★おhiC[と]なにC[なっ]hiD[て]D#[いた]D[ぁ]


 まず、『拝啓、桜舞い散るこの日に』についてです。この楽曲は、2019年に歌い手で男性シンガーソングライターのまふまふさんによりリリースされました。アルバム『神楽色アーティファクト』に収録されております。
 『拝啓、桜舞い散るこの日に』は、集英社と講談社が合同で立ち上げたWebサイト『少年ジャンマガ学園』のために書き下ろされた作品です。MVには少年ジャンプや少年マガジンに登場する漫画のキャラクターが登場しております。まふまふのYouTube公式チャンネルで公開されているMVは2020年9月現在、1400万回もの再生回数を記録しており、人気の高さがうかがえます。

 『拝啓、桜舞い散るこの日に』はアップテンポのロックナンバーです。AメロBメロサビといった形で馴染みやすいです。また、2番Bメロは特別にメロが作られており、この辺りも非常に盛り上がります。作詞作曲編曲は、まふまふさん自身によりなされています。




 さて、『拝啓、桜舞い散るこの日に』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiFはサビやCメロで登場します。登場回数も5回とそこそこ多いです。また、楽曲全体を通してhiD#,hiDといった女性ボーカルのような音階が頻出します。
 恐らく、一般的な男性には原曲キーで歌唱することは非常に困難なのではないかと思います。キー調整のについてですが、例えば地声最高音がmid2Gの一般的なの場合は、原曲キーから3つ上げて、1オクターブ下を歌唱する等すると良いと思います。

 『拝啓、桜舞い散るこの日に』は音域が2オクターブで広めなのですが、低音部分に余裕があるため、キーの調整は可能です。先にも述べましたが、例えば、地声最高音がhiAの人は、キーを調整して、mid1A~hiAに合わせるとよいです。
 一方で、音域自体が広めなので、歌い慣れていない人は、キーを調整するにしてもかなり辛いのではないかと思います。同曲は、初心者向けの曲ではないですので、歌い慣れていない人が歌唱するのはキー調整をするにしてもあまりお勧めしません。別の作品である程度歌い慣れた上で、チャレンジすると良いと私は分析しました。