スポンサーリンク
カテゴリー

『片恋』(まふまふ)の音域 / 男女パート別の音域分析

こんにちは。今回はまふまふさんの『片恋』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『片恋』(まふまふ)、Katakoi(Mafumafu)
『片恋』(まふまふ)の音域[低音パート]
『片恋』(まふまふ)の音域[高音パート]













【地声最低音】mid1D(D3),mid1F(F3) 

★式のあm1D#[と]m1D[の]D#[きょ]うしつに【Aメロ男】
★伝えらm1D[れ]ずに 胸の奥にしまった【サビ男】

m1F[出]会った時のように ひとひら肩に落ちた【2番Aメロ女】
m1F[こ]いびとになるhiA#[ま]A[で]A#[は]【2番Bメロ女】 

※女性パートは最低音をm2A#にしてもよいです


【地声最高音】mid2G(G4),hiF(F5)  

★このm2G[こ]えは このG[こ]えは 【Cメロ男】
★どm2F[こ]m2G[に]F[も 行]けないm2G[ま]F#[ま]

hiD[ず]hiC[っ]D[と]hiF地[き]C[み]D[が そう]【2番サビ女】  
☆好きだhiC[っ]hiD[た]hiF[づ]C[い]てもないだC[ろう]けれど
☆どD[こ]hiD#[に]D[も] hiC[行]C[な]D#[い]hiF[ま]D[ま]【Cメロ女】

※女性パートはhiFの登場回数が少し多いです

【裏声最高音】hiD#(D#5) ※女性パート

☆大人hiC[に]hiD[な][っ]hiD#裏[て][も] 変わらないから【2番サビ女】  


【補足】mid2F,hiChiD#を含むフレーズ一覧

★かm2D#[な]うことのないD#[想]m2F[い]【サビ男】
★どれだけ時が過ぎて 大人にm2F[な]m2D#[っ]ても
m2F[ず]m2D#[っ]とD#[き]みが好きで 好きだっF[た] 
★終m2D#[わ]ることもm2F[ない]F[しょう]【ラストサビ男】
★m2D#[い]つm2F[か]D#[も]しもふたり出会う 

☆すhiA#[こ]し足A[りな]hiC裏[くて]【サビ前女】
☆つhiA#[た]えらA#[れ]hiC[ない]hiDま]ま 奥に【2番サビ女】
☆しA#[まった か]hiC[なう]A#[こ]とのない[想]hiD裏[い]A#[は]

☆心hiA#[は]hiC[ずっ]A#[と] 叫んでhiC[い]hiD[た]【Cメロ女】
hiD[こ]えはこの[こ]えは
hiC[終]hiD#[わ][る]ことも[ない]hiD[でしょう]【ラストサビ女】
hiC[い]hiD[か]C[も]しもまC[た]D[出]会う



 まず、『片恋』(かたこい)についてです。この楽曲は、2021年に歌い手・男性シンガーソングライターのまふまふさんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングル作品であり、現在フィジカルでのリリースはされておらず、アルバムにも未収録です。
 この楽曲は、NTTドコモのCMソングとしてタイアップが付き、まふまふさん本人も出演しております。まふまふさんは2020年にも『それを愛と呼ぶだけ』が同社のCMソングとして起用されております。

 さて、『片恋』については、ミディアムテンポの切ないポップナンバーです。まふまふさんは歌い手として知られておりますが、自身の楽曲についてはこれまで自ら作詞作曲を行っておりました。
 今回の『片恋』は作詞をいしわたり淳治さん、作曲を草野華余子さんが担当しております。いしわたり淳治さんは、元SUPERCARのギタリストで、チャットモンチーや9mm Parabellum Bullet、ねごとなどのプロデュースでも知られております。作詞としては、Superflyの『愛をこめて花束を』(共作)、少女時代『PAPARAZZI』等が知られております。草野華余子さんは、アニメ主題歌などの作曲を多く手掛け、特にLiSAさんの『紅蓮華』、『ADAMAS』などがよく知られています。

 『片恋』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、まふまふさんが男性パートと女性パートを一人で担当しております。1人で歌いこなすのは相当難しいですので、2人で分担して歌唱してもよいと思います。
 ちなみに、2人で歌唱する場合、男性パートは一般的な男性の音域の範囲内であり、難易度としてはそこまで高くありませんが、女性パートはキーがかなり高く、大変だと思います。女性パートのhiFなどは裏声で歌唱してもよいと思います。



 さて、『片恋』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3),mid1F(F3)~【地声最高音】mid2G(G4),hiF(F5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。1人で歌唱する場合は、男声しては極めて高いです。以下は、男性パートと女性パートに分けて説明していきます(女性パートの方に重きが置かれると思います)。

 まず、男性パートについてですが、音域が【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】mid2G(G4)なので、一般的な男性の音域の範囲内であります。最近のJ-POPの中では低い方なので、難易度としてはそこまで高くありません。最高音mid2Gについては曲全体で4回です。高音域が苦手な方は少しキーを下げてもよいと思います。

 一方、女性パートについては、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiF(F5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。

 まず、女性パートの最低音mid1Fについてですが、ここはあまりこだわらくてもよいです。mid2A#等を低音の基準にしてもよいと思います。

 一方、地声最高音hiFについては比較的登場回数が多いです。このhiFを地声で歌うのは、一般的な女性アーティストでもかなり少ないです。私がパッと思いつくのは、ずっと真夜中でいいのに。、vivid undressなどごく一部です。
 私なりのイメージですが、この楽曲については、hiFを裏声で歌唱してもよいのではないかと思います。まふまふさんのような表現にはなりませんが、上手く歌いこなせれば裏声でも違和感は少ないと分析しております。一般的な女性の場合はキーを少し下げた方が歌いやすいです。

 『片恋』を男女で分担する場合は、キー調整がやや行いにくいです。先にも述べましたが、男性パートは一般的な男性の音域の範囲内である反面、女性パートはかなり高めです。よって、キーを下げ過ぎると男性が歌いにくくなります。調整する場合は、「キーを少し下げる」といった形にした方がよいのではないかと思います。

 『片恋』は1人で歌うのは大変ですが、2人で歌うにしてもやはり女性パートが難しい作品になります。難易度は高いですが、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする