スポンサーリンク
カテゴリー

『BLACK MEMORY』(THE ORAL CIGARETTES)の音域 / 映画『亜人』主題歌

こんにちは。今回はTHE ORAL CIGARETTESの『BLACK MEMORY』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。オーラルの楽曲を取り上げるのは、『狂乱 Hey Kids!!』(過去記事)以来2回目です。


『BLACK MEMORY』(THE ORAL CIGARETTES)
『BLACK MEMORY』(THE ORAL CIGARETTES)









【地声最低音】mid1G#(G#3) ※Aメロで多い

m1G#[Hold for a] m2E[mo]ment 聞き飽きた現実からG#[の](Aメロ)
m1G#[願っ]m2E[て]E[ない] E[ない]やしないさ
★No m1G#[one] gets close to G#[me](サビ前)


【地声最高音】hiA(A4)  ※各サビ冒頭

m2G#[ブラック] m2F#[メ]hiA[モ]G#[リー]

※曲全体で3回です


【裏声最高音】hiB(B4) ※サビで多く登場

m2G#[どう]m2F#[なっ]たっ[て][いい]hiA裏[ま]hiB[だ] (サビ)
★滲m2G#[む] [Oh] [Oh] Oh F#[Oh] [Oh] hiB裏[Oh] 
m2G#~m2F#[限][突]破]hiB裏[見]G#[せ]F#{て] [さぁ]


【補足】mid2E(一部略)hiCの注意点

m2G#ゲッ ゲット]m2F#[イット]m2E[アッ]プ(イントロ) 
hiB[ウ][ー]G#×2hiC[ウ][ー] m2F#[ウ][ー]

m2E[わ]E[ら]m2F#[ない]E[世]E[で](サビ)

★一瞬m2E[の]迷いE[も]見せE[な]い (Cメロ)
★僕のひm2E[と]みが派手にm2G#裏[落]とすのE[は]
★記憶m2G#[ただ]

☆のは歌詞表記が無い部分なので、最高音には含めておりません。


 まず、『BLACK MEMORY』についてです。この楽曲は、2017年にロックバンドTHE ORAL CIGARETTESによりリリースされたシングル作品です。アルバム『Kisses and Kills』およびベストアルバムに収録されております。
 『BLACK MEMORY』は桜井亜門さんの漫画を原作とした映画『亜人』のために書き下ろされたナンバーです。シングルのリリースに先立ち公開されたMVは、2020年9月現在1500万回以上の再生回数を記録しています。『狂乱 Hey Kids!!』(過去記事)とともにオーラルの作品で広く知られている楽曲の1つといえます。

 『BLACK MEMORY』はアップテンポのロックナンバーです。歌メロについては、Aメロとサビ、Cメロで構成されており、シンプルです。メロなども覚えやすいのではないかと思います。
 一方で、同曲はイントロや間奏などで、【Get Get it up】のメロが入ります。この部分まで歌唱すると、休憩できる部分が非常に少なくなります。
 後述しますが、同曲は、中高音域が楽曲全体で絶え間なく登場し続ける類の楽曲ですので、イントロまで歌い続けると非常にしんどい楽曲になると思います。音域だけ見ると、でたらめに難しい作品ではないかもしれませんが、持久力が要求される作品です。こうした傾向は、前回登場した『狂乱 Hey Kids!!』(過去記事)でも見られました。




 さて、『BLACK MEMORY』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見てきます。

 まず、同曲は、楽曲全体を通して、どこかしらにmid2E以上のフレーズが登場します。サビではhiA,mid2G#といった音階の入ったフレーズが断続的に登場します。こうしたこともあり、見た目以上にしんどく、持久力が要求される作品でもあると思います。
 個人差はありますが、高音域が得意で歌い慣れた人には、楽曲全体を通して気持ちよく歌えるレンジだと思います。

 一方、地声最高音hiAについてですが、各サビ頭に1回ずつ登場します。回数としては少なめです。ただ、先にも述べましたように、中高音域が断続的に登場する楽曲ですので、一般的な男性の場合は、少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲キーから2つ程度下げるのを目安に調整してみてください。

 『BLACK MEMORY』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整は行いやすいです。歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。抑揚の付け方など難しい部分もありますが、練習曲として使いやすい部分も多いです。

 一方で、原曲キーで歌唱する場合は、先にも述べましたようにスタミナが要求されます。その点は留意しておいてください。カラオケなどでも盛り上がりやすい楽曲だと思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Kaz Sakamoto より:

    思ったより全体的に高いですね…
    DAMだとget get it up~部分も全部採点対象なので、結構しんどいです

  2. もりっしー(管理人) より:

    >>1
    そうなのですね。エグい。
    バンドだと、間奏は楽器の演奏で休憩できることが普通なのですが
    この楽曲は、間奏も歌メロが入るからしんどいですね。

  3. もりっしー(管理人) より:

    >>3
    コメントありがとうございます。
    ボーカル山中さんの声質もあって、低音が低く感じられますよね。
    この手の「音域広くないけど、中高音域の登場回数多め」の作品は
    1曲歌うと体力をごっそり削られる印象です。

  4. 広島人 より:

    久しぶりです。Da-iCEのDream onをお願いします。YouTubeのコメント欄が好評価の書き込みがほとんどで嬉しい気持ちになりました。
    再生回数がどこまでいくのか注目していきたいです。

  5. もりっしー(管理人) より:

    >>5
    お久しぶりです&コメントありがとうございます。
    同曲は別の方も以前にリクエストしておりますので
    近々調査を開始します。
    Da-iCEは私も注目していますので楽しみです。
    広島人さんが以前にリクエストしてくださった
    WANDSはまだ記事にできてなくて
    申し訳なく感じております。
    そちらもなるべく早く手を付けます。

  6. 広島人 より:

    WANDSも10月にアルバムが発売されるので楽しみにしています。Da-iCEのリクエストきているんですね。
    台風に気をつけて下さい。

  7. 広島人 より:

    >>7
    先月のコメント欄に自分で書き込みしていました。

  8. もりっしー(管理人) より:

    >>7
    ご心配頂き、感謝いたします。
    福岡は今日の夜から明日朝くらいがピークのようです。
    風が強いみたいなので、運が悪いと停電するかもしれません。
    とりあえず、事故の無いように静かに過ごします。