カテゴリー

『それを愛と呼ぶだけ』(まふまふ)の音域 [2020年の作品]

 こんにちは。今回はまふまふさんの『それを愛と呼ぶだけ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『それを愛と呼ぶだけ』(まふまふ)
『それを愛と呼ぶだけ』(まふまふ)の音域







【地声最低音】mid1G(G3) 

★手に取m1G{る]運命は 手放すhiA[運]命]m2GがG[増]えていくだけ【Bメロ】


【地声最高音】hiG(G5)  ※曲全体で1回

☆ゆhiEhiF#地[め[を](を見るより)hiD[と]hiEhiG[お[く]hiF#[ま][で]【2番サビ】

※その他、hiEやhiF#等の地声高音が登場します。

【裏声最高音】hihiA(A5) ※曲全体で2回

★明hiE[日]hiF#hihiA[の[な]E[い]hiD[世][へ]EhiG[行[く]F#[ま][ぇ]【サビ】


【補足】hiC#(一部略)hiF#を含むフレーズ一覧

★貴方の言葉が 貴方hiA[の]記憶が わずかな世界を満たして【Aメロ】
★そんなhIB[小]さなほA[こ]hiC#hiD[び[に] 気づいていたのに【Bメロ】
★ここhiB[ろ]がからhiC#[だ]を見落hiEhiD[と]す]hiC#D[ま[で]【サビ】
★それhiD[を]hiF#裏[あ]F#[と]hiE[呼][ぶ]だけ[ぇ]

★それhiD[を]hiF#地[あ]F#[と]hiE[呼][ぶ]だけ[ぇ]【ラストサビ】

 まず、『それを愛と呼ぶだけ』(それをあいとよぶだけ)についてです。この楽曲は、2020年に歌い手および男性シンガーソングライターとして活躍されるまふまふさんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルであり、現在アルバムには未収録であります。ここ1~2年はコロナ禍ということもあってか、まふまふさん自身、配信でのシングルリリースが精力的に続いております。2021年末には紅白歌合戦にも出場されましたが、フルアルバムのリリースが待ち遠しい方も多いのではないかと思います。

 『それを愛と呼ぶだけ』は橋本環奈さんと浜辺美波さんが出演するNTTドコモのCMソングとして書き下ろされました。卒業シーズンのCM曲ということもあり、別れが示唆されるような歌詞内容となっております。この頃に卒業を迎えた方は、特に印象に残っている楽曲かもしません。ちなみに、まふまふさんは、2021年も同じくNTTドコモのCMソングとして『片恋』(過去記事)がリリースされております。


 『それを愛と呼ぶだけ』はピアノやストリングスが印象的なバラードナンバーです。歌メロはAメロBメロサビと展開し、2番以降はAメロ⇒間奏⇒Bメロ⇒ラストサビと展開します。近年のJ-POPは、2番サビを省略し、ラストサビへと展開するような楽曲が増えております。この曲もバラード曲でありながら、サビが1回少ない分演奏時間が3分半程度とコンパクトに収まっております。作詞作曲アレンジは、まふまふさん自身により行われております。
 
 『それを愛と呼ぶだけ』の音域的な特徴についてです。同曲は、地声最高音がhiG,裏声最高音がhihiAとなり、男性としては極めて高いレンジとなっております。高音域が非常に得意な男性であっても原曲キーで歌いこなすのが非常に難しいです。原曲キーの場合は、高音域が非常に得意な女性などが合いやすいです。


 最後に『それを愛と呼ぶだけ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiG(G5)、【裏声最高音】hihiA(A5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域としては極めて高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiGについては、2番のサビで登場します。最高音の登場回数は多くありませんが、hiF#やhiEなども地声で登場するなど男性としては極めて高いです。1番サビが裏声ベースで歌われておりますので、裏声が得意な方は2番サビも含めて裏声で統一してもよいかもしれません。


 『それを愛と呼ぶだけ』は低音部分にキーを下げる余地があり、キー下げなどは可能です。ただ、キーを下げるにしても男性としては高音域が要求されることには違いはありません。キー調整するにしても高音域が得意な歌い慣れた人向けの作品であると私は分析しました。

 同曲を原曲キーで歌唱する場合、hiGなどをしっかり歌いこなせる力が求められます。そのため、原曲キーの場合、「ボカロ曲などが歌える高音域が非常に得意な女性」などが合いやすいです。先述しておりますが、男性が原曲キーで歌う場合は、裏声などを駆使した方がよいのではないかと思います。

 『それを愛と呼ぶだけ』は原曲キーでのハードルは非常に高く、キー調整を行うにしても高音域が得意な人向けの作品となります。ただ、楽曲自体は非常にメロディアスであり、間奏のピアノやストリングスアレンジなども耳に残ります。個人的には、【映画の終わりに数分あるような心地よい今日だ】というフレーズも印象深かったです。高音域が得意な人向けになりますが、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    リクエストに応えていただきありがとうございます!!個人的にはまふまふさんの突き抜ける高音がカッコいい曲もいいですけど、この曲みたいにしんみりした感じで高音出してくる曲めっちゃ好きなんですよね。。

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      私も、今回の柔らかい高音は非常に効いてて気持ちよかったです。
      ロック系の曲も良いですが、こういうニュアンスの曲もいいですね。