スポンサーリンク
カテゴリー

『Slumberland』(King Gnu)の音域

こんにちは。今回はKing Gnuの『Slumberland』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。今回は少し自信のない部分がありますので、後々修正が入るかもしれません。

 ※リクエスト受付順では、この楽曲はもう少し後なのですが、他の楽曲との兼ね合いで少し早い順でアップすることにしました。その点は、ご了承ください。


『Slumberland』(King Gnu)


【地声最低音】lowG#(G#2) 

★擦れて溶けたビロード からは露わ傷を披lowG#[露](2番終了後)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※1番サビ

★ It could be the start of something hiA#[new] tonight.

※あまりこだわる必要は無いと思います。


【補足】mid2Emid2F#辺りの注意箇所

m2F[テレ]ビステーションではF[今日]も(Aメロ)
m2E[正]義もヘッタクレもm2F[ない]
m2F[甘]い蜜だけを吸っm2F#[てい]F[たい]
★薄っm2F#[ぺ]m2F[らい]ピエロはあっちへ行きな

m2F#[“Wake] m2E[u-]-p E[peo-]-ple in Tokyo Daydream.(サビコーラス)

m2F[すっ]からかんなセレブm2F#[レー]F[ション]

『Slumberland』(King Gnu)









 まず、『Slumberland』(スランバーランド)についてです。この楽曲は、2019年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『Sympa』に収録されているナンバーです。タイアップなどはありませんが、アルバムのリード曲です。タイトルのSlumberとは「まどろむ,うとうとする」などの意味があります。

 『Slumberland』はミディアムテンポのナンバーです。AメロサビCメロという形で、楽曲全体を通して韻を踏んだリズミカルなメロディーが刻まれております。

 ボーカルについては、作詞作曲を手掛けるフロントマンの常田大希さんがメインボーカルを担当しております。常田さんは『白日』などでは低音パートを担当しております。低音パートの常田さんがメインボーカルを務めているという点で、『Slumberland』は特徴的であります。

 『Slumberland』の音域的な特徴についてです。ボーカルを低音パートの常田さんがメインで担当している点で、おおよそ一般的な男性の音域の範囲内で歌メロディーが展開されております。これは、上述の最高音や図などでは分かりにくい部分ではあります。
 一方で、先にも述べましたように韻を踏んだリズミカルなメロディーですので、音程以上に、リズム感や泥臭さを感じさせるボーカルなどを表現できるかが重要になります。



 さて、『Slumberland』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されています。 一般的な男性の音域よりも少し高く、また音域も広めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は1番のサビで明確に登場します(2番も薄っすらとあります)。ラストのサビなどでは歌われておりません。また、少し音がズレたとしてもほとんど目立たないと思います。最悪歌唱しなくても違和感はほとんどないです。このキーが難しい人は、参考程度に考えても問題ありません。

 『Slumberland』では中高音域として、mid2F,mid2F#などの音階が多く登場します。このあたりの音階は一般的な男性の音域の範囲内ですが、『Slumberland』で歌唱されるように迫力を持ったスムーズな発声を行うにはある程度の努力が要求されます。普段歌い慣れていない人は、少しずつ練習を重ねてください。

 一方で、『Slumberland』は低音域がlowに達する場面があります。楽曲全体を通して一部ですが、2番終了後のCメロは全体として低音が続きます。それゆえに、『Slumberland』は音域が広めでキーを下げて練習するといった融通が利きにくい楽曲でもあります。Aメロサビなどの音階がしんどい人は、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジすることも考えてください。

 先にも述べましたように、音程、音域も重要ですが、リズミカルに黒っぽい泥臭いボーカルが展開できることも一層重要です。こうした声色は低音パートの常田さんの特徴的な一面であります。そうした点から練習を重ねることも重要だと私は考えております。








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぶどう糖 より:

    リクエストに答えてくださってありがとうございます。
    この曲歌うの難しいですよね…

  2. もりっしー(管理人) より:

    >>1
    この曲は、声質も強く影響されると思います。
    声質がクリアだと一層難しいかもしれません。
    メインボーカルが井口さんではなく
    常田さんであるのも意図があってのことだと思います。
    King Gnuはバンドなのだけど、
    ゆずやコブクロのようなデュオとしての側面も持っています。
    70年代末~80年代を中心に活躍したクリスタルキングというバンドがありました。
    彼らも低音パートと高音パートでハッキリ役割分担されていましたが
    King Gnuにもそうした役割分担がされています。
    本当によく考えられています。

  3. solar より:

    シズクノメのワンナイトスタンドお願いします!

  4. もりっしー(管理人) より:

    >>3
    コメントありがとうございます。
    大変申し訳ございませんが、
    現在はリクエスト受付を一時停止しております。
    よって、約束などは出来ないのですが
    今後の選曲には考慮させていただきます。
    時々、ブログを覗いてみてください。
    初めて視聴しましたが、
    シズクノメの『ワンナイトスタンド』すごくいい曲ですね。