カテゴリー

『Stardom』( King Gnu ) の 音域

こんにちは。今回はKing Gnuの『Stardom』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。新曲で私も聴き込めていないので、終盤などはミスなどがあるかもしれませんが、宜しくお願い致します。


『Stardom』(King Gnu)
『Stardom』(King Gnu)の音域






【地声最低音】mid1E(E3) 

★何m2D[度]泪をながm1Fm1E[し[ぃた?]【Aメロ】


【地声最高音】hiA(A4) ※全体で6回程度

★ココロが 草臥れた足をはm2F#m2G-hiA地[し[ら[せ][る]【サビ】
★スポットライトに何度F#GhiA地[で[も[手を]hiB裏hiC[伸[ば]し]


【裏声最高音】hiE(E5) ※サビで登場

hiA地[手を]hiB裏hiC[伸[ば]し] BhiD[つ[づ][る]か]hiE[ら]【サビ】


【補足】mid2E(一部略)hiCを含むフレーズ一覧

★夢で誤m2D[魔]化したえD[が]おの裏で【Aメロ】
m2E[く][を] Em2F[切り裂いて大気圏[ま]で]【Bメロ】
★It’s time to get m2E[fly] m2F[with] [m]e
m2Gm2F#E[あ]と]一][歩]F# ここから[あ]と一歩 【サビ】

★あなたにいm2E[ま]m2G[こ[た]え]F#[た]いん]【2番Aメロ】
m2E[しょ]E-m2F[りの女神よ気分は[どう]だい]【2番Bメロ】
★tune m2E[そ]Em2G裏[そろこっちを向いて[頂]だ]ぁい
★一つの未m2GhiA地-[来[をし]hiBhiC[ん[じ][い]て]【2番サビ】

m2Dm2E[生に涯があっ[たっ]て] m2G[名前に涯など[無い]ね]m2E【アウトロ】
m2E-m2F[終わりを怖が[ら]ない]
m2F#m2G[人事を尽くし[切っ]てい]

 まず、『Stardom』(スターダム)についてです。この楽曲は、2022年に4人組ロックバンドKing Gnuによりリリースされたシングル作品です。現在は配信限定のシングルですが、11月末にはCDシングルとしてのリリースが予定されております。ちなみに、同CDシングルには以前当ブログでも取り上げた『雨燦々』(過去記事)も収録される見込みです。

 さて、『Stardom』はNHKの放送する2022年サッカーW杯およびサッカー中継のテーマソングとして書き下ろされました。今年はカタールでW杯が開催されますが、作詞作曲を担当した常田大希さんは、いわゆる「ドーハの悲劇」などのエピソードなども考慮して歌詞などを書いたそうです。日本代表が勝ち上がるにつれ、同曲の注目度も一層増していくのではないかと思います。

 『Stardom』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性の音域としては高めのレンジで歌メロが作られております。一般的な男性は少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。
 同曲はスポーツのテーマ曲ということもあり、ボーカルの声域もやや高音寄りとなっております。そのため、キー下げはしやすいですが、原キーだとmid2D~mid2G辺りの中高音域の頻度が高くなります。それに加え、ツインボーカルということもあり、体力的にもしんどくなりやすそうです(高音域が得意な人は歌いやすいかもですが)。場合によっては、複数人で歌唱するのもよいかもしれません。
 ちなみに、女性が同曲を歌唱する場合、キーを上げた方が歌いやすいと思います。「標準より低めの音域」で低音域が非常に得意な女性などは原曲キーも合う可能性がありますが、女性全体でみると例外的だと思います。



 最後に『Stardom』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、「高め」です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1EはAメロで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内です。ただ、mid1Eとmid1Fとのコンボになっているため、低音域が苦手な方は若干低く感じるかもしれません。また、女性にとってはかなり低いレンジになります。女性の得意レンジなどを考えても、通常はキーを上げた方が良いのではないかと思います。ただ、「標準より低めの音域の女性(低音域が得意)」の中には、もしかしたら原曲キーがマッチしやすい人もいるかもしれません。

 次に、地声最高音hiAはサビで登場します。登場回数は6回程度です(重要度が高いのは3回)。同曲はmid2E~mid2F#などの中高音も比較的多く、息継ぎなども大変な作品です。そのため、一般的な男性はキーを下げた方が歌いやすいと思います。一つの目安ですが、原曲キーから2つ程度下げてみてください(♭2程度)。


 『Stardom』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。同曲は、どちらかといえば中高音寄りの曲であり、キーを下げる余地はある方です。ビギナー向けには難しいかもしれませんが、歌い慣れた人であれば、ある程度自分が得意な声域に調整することが可能であると私は分析しました。ただ、言うまでもなく、弛まぬ練習が不可欠となります。

 『Stardom』を原曲キーで歌唱する場合、mid2E~hiAといった音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。同曲はmid2D~mid2F#辺りの頻度も比較的高く、人によっては全体を通して高音を感じやすいです。そのため、「標準より高め~ある程度高音域が得意な男性」などが原曲キーにマッチしやすいと私は分析しました。
 ちなみに、同曲はKing Gnuの作品らしく、サビで非常に高い裏声が登場します。そのため、器用な裏声発声は必要不可欠です。この辺りは、King Gnu井口理さんの真骨頂ともいえると思います。


 『Stardom』はミドルテンポのバンド曲であり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。ただ、目とメロの間隔が短く、息継ぎなどが難しい部分もあります。一人で歌うのは大変かもしれませんが、メロディーだけでみるとKing Gnu作品としては取っつきやすそうです(力量は必要)。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする