スポンサーリンク
カテゴリー

『花束のかわりにメロディーを』(清水翔太)の音域

こんにちは。今回は清水翔太の『花束のかわりにメロディーを』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲は、アーティストおよびレーベルの公式チャンネルで音源やMVがフル公開されていません。よって、添付される動画はショートバージョンになります。その点はご了承ください。


『花束のかわりにメロディーを』(清水翔太)、Hanataba no Kawari ni Melody wo(Shota Shimizu)

『花束のかわりにメロディーを』(清水翔太)









【地声最低音】mid1D#(D#3) 

m1D#[e]very day, [e]very night (Aメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※ラストサビ前で1回

★君に愛される為に 僕は生m2F[まれて]m2G#地[き]F[たよ]ぉ

※曲全体で1回


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※Cメロで1回だけ

★他になm2F[にもいら]ない hiC[アイ]hiC#[ラ]C[ァブユ]ー 

※「I love you」は便宜上カタカナ表記にしています


【補足】mid2Fmid2G辺りの注意点

★君を想ってばかりで m2F[ど]うにかなりそうなんだ(Aメロ)
★今、時をm2F[止]めるのさ 僕にしかできないこF[と]がある(Bメロ)

★花束のかわりにm2F[メ]ロディーを (サビ)
★抱きしめるm2F[かわりにこ]m2G[の]声を
★いつもとm2F[お]くから 君をm2E[見]ていた

m2F[Ohh] Ohh Ba-[-by]F m1D#[き]みを(2番Aメロ)
★君を愛m2F[す]る為に 僕は生F[まれてき]たよ(Cメロ)
★もう誰にも、僕をかm2F[たらせは]しない



 まず、清水翔太(しみずしょうた)さんについて少し説明します。清水翔太さんは2007年より活動する男性シンガーソングライターです。ジャンルとしては、ポップ、ソウル、R&Bなどに当てはまると思います。2008年にリリースしたデビューシングル『HOME』が大きくヒットし、広く知られるようになりました。代表的な作品としては、『HOME』、『「アイシテル」』、加藤ミリヤさんとコラボした『FOREVER LOVE』、『My Boo』、『DREAM』などが挙げられると思います。他のアーティストとのコラボも盛んに行っております。

___

 さて、『花束のかわりにメロディーを』についてです。この楽曲は、2015年に清水翔太さんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『PROUD』に収録されています。同曲は、NHKドラマ『デザイナーベイビー』の主題歌に起用されました。

 この楽曲は、先に挙げた楽曲と比べて、セールスが際立っているわけではありません。ただ、リリースから5年経過しながら、未だにカラオケや配信でも特に人気のある作品の1つです。その点で、清水さんの代表的な作品の1つといえます。
 
 『花束のかわりにメロディーを』は片思いの男性の心を歌ったラブバラードです。ピアノやストリングスを用いており、ボーカルが活きたアレンジとなっております。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られており、馴染みやすいと思います。



 さて、『花束のかわりにメロディーを』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な男性の音域の範囲内か少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#は楽曲全体で1回だけ登場します。また、mid2Gも各サビで1回ずつとそこまで多く登場しません。
 同曲は、mid2Fという音階が多く登場します。mid2Fは男性の声域の範囲内ですが、歌い慣れていないとスムーズな発声が損なわれやすいです。少しずつ慣れていってください。原曲キーで歌唱して高音域が辛いと感じたら、キーを少し下げても良いと思います。

 『花束のかわりにメロディーを』は低音部分に余裕があり、比較的キーの調整もしやすいです。歌い慣れていない人が練習曲として使うことも可能だと思います(裏声の場面などは難しいかもしれません)。一方で、地声最高音もそこまで高いわけではないので、歌い慣れた人が表現を磨くことにも向いていると思います。

 『花束のかわりにメロディーを』は音域の点から見ると、難易度がそこまで高いわけではありません。ただ、その分表現力が試される楽曲だと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。






スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする