スポンサーリンク
カテゴリー

『POP STAR』(平井堅)の音域

こんにちは。今回は平井堅さんの『POP STAR』(2005)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、平井堅さんの公式チャンネルでは、MVが6月末までの期間限定の公開となっております。その点についてはご了承ください。

『POP STAR』(平井堅)、POP STAR(Ken Hirai)

『POP STAR』(平井堅)










【地声最低音】mid1C(C3) 

m1C[君に]出会えた喜びとC[君に]会えない淋しさの(Aメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  

★使命はきm2F[み]m2G地[だ]F[け]のヒーロー(Bメロサビ前)
m2F[羽根を広]m2G地[げ] (サビ)

★誰もが誰m2F[か]m2G[の]pop G[sta--r]F(ラストサビ前)
m2F[神]さまが 僕に下しm2G地[た] [使命はきみだけのヒーロー]


【裏声最高音】hiA#(A#4) ※サビで登場

★魔法をかhiA裏[け]hiA#[て]A[あ]G地[よ]F[う](サビ)


【補足】mid2E(一部のみ)mid2G辺りの注意点

m2F[I wanna be a pop] star (冒頭サビ)
m2F[夢中にさ]せてあげるからF[ね]
★キラキラのpop m2F[star] 羽根を広F[げ] 
m2F[魔法をか]けてあF[げ]m2G裏[よう] m2F[君][け][ぃ]

★初めて君を抱きしめm2E[た しゅ]m2F[ん][か][に]ぃ(Bメロ)

※一部しか記述してませんが、mid2Eも多く登場します。



 まず、『POP STAR』(ポップ・スター)についてです。この楽曲は、2005年に平井堅さんによりリリースされたシングル作品です。ドラマ『危険なアネキ』主題歌の主題歌としてタイアップが付きました。この楽曲は着うた配信でミリオンを記録する等、リリース当初から非常に話題呼びました。

 『POP STAR』はアイドル松田聖子さんの『夏の扉』をイメージして作られた作品だそうです。そうしたこともあってか、同曲は女性を中心にカバーされています。
 私自身はキラキラ感やポップ感も耳に残ったのですが、編曲が亀田誠治さんということもあり、ベースギターの音色も非常に印象的でした。

 『POP STAR』の音域的な特徴についてです。同曲は、一般的な男性の音域の範囲内で歌メロディーが作られております。低音部分にも余裕がありますので、キーの調整は少しであれば可能です。一方で、裏声も使われているので、音域はやや広いです。歌い慣れていない人は、キーを調整してもスムーズにいかない部分が出てくるかもしれません。
 


 最後に、『POP STAR』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3) ~【地声最高音】mid2G(G4) 、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2GはサビおよびBメロなどで登場します。ラストサビ近辺では登場回数が増えます。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内であります。ただ、上述のようにmid2F,mid2Eなども多く登場するため、意外と余裕がないと思います。歌メロも切れ目が少ないですので、「地声最高音mid2Gの楽曲」としては難しめだと考えてください。
 私自身で歌唱してみての印象ですが、一般的な男性の場合、少しキーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います

 『POP STAR』は低音部分に余裕があり、キー調整は可能です。ただ、歌い慣れていない人の場合、キー調整しても難しい部分が出てくるかもしれません。その点は留意しておいてください。キー調整しても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習すると良いと思います。ポップな良曲ですが、難易度は低くないです。

 『POP STAR』は一般男性の音域の範囲内であり、最高音自体は高くないです。よって、『瞳をとじて』のように歌い慣れた人が表現を磨くのに良い曲ではないかと私は分析しております。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. pawapuro より:

    UVERworldのSHOUT LOVEの音域知りたいです