スポンサーリンク
カテゴリー

『Song for…』(HY)の音域【清水翔太ver.についても言及しております】

こんにちは。今回はHYの『Song for…』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 今回は清水翔太さんのカバーバージョンにリクエストを頂きました。ただ、公式で音源が公開されているものが、原曲のHYバージョンのみでしたので、HYの方をメインに取り上げたいと思います。音域については、清水翔太さんバージョンの方も作成しております。


『Song for…』(HY)
『Song for…』(HY)










【地声最低音】mid1E(E3) ※AメロとBメロ

★ふたりが出会った事にm1E[も]しも意味が[あ]るとするなら
★胸の傷みがアナタをどm1E[れ]だけ好きか伝えているよ

※厳密にいうと、2番の【アナタと私の恋は[む]ずかしい事が】の部分がmid1C#になります

【地声最高音】hiC#(C#5) ※ラストサビで1回登場

★抱きしめてぇhiC#[え]hiB[え]ぇぇ


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※サビ等で登場

★時計m2G#[の]hiC#裏[様]hiB[に]G#[ホ]ラッ(サビ)
★強くならhiC#[な]hiB[きゃ] (Cメロ)
★今m2G#[ア]ナタに[逢い]hiC#裏[た]hiB[ぁぁい](ラスト)


【補足】mid2G#hiB辺りの注意点

m2G#[抑えきれ]ない気持G#[ちは] (サビ)
★ドコhiA[ヘ]hiB地[行]A[く]事もなく(サビ)
★戻る事なm2G#[ん]hiA[て]G#[出来]ない
★わたm2G#[し]は恋を[し]ている

★アナタのもm2G#[と]hiA[に][き]hiA[た]G#[い]のに 
hiB地[強くならな]hiA[きゃ]ぁぁぁ


『Song for…』(清水翔太カバー) ※キーは原曲ー4です
『Song for…』(清水翔太カバー)









【地声最低音】mid1C(C3) ※AメロとBメロ

★ふたりが出会った事にm1C[も]しも意味が[あ]るとするなら
★胸の傷みがアナタをどm1C[れ]だけ好きか伝えているよ


【地声最高音】hiA(A4)      ※ラストサビで1回登場

★会って強く抱きしめてぇhiA[え]m2G[え]ぇぇ


【裏声最高音】hiA(A4)

★時計m2E[の]hiA裏[様]m2G[に]E[ホ]ラッ(サビ)
★強くならhiA[な]m2G[きゃ] (Cメロ)
★今m2E[ア]ナタにE[逢い]hiA裏[た]m2G[ぁぁい](ラスト)


【補足】mid2Emid2G辺りの注意点

m2E[抑えきれ]ない気持m2E[ちは] (サビ)
★ドコm2F[ヘ]m2G地[行]F [く]事もなく(サビ)
★戻る事なm2E[ん]m2F[て]m2E[出来]ない
★わたm2E[し]は恋をE[し]ている

★アナタのもm2E[と]m2F[に]E[き]F[た]E[い]のに
m2G地[強くならな]m2F[きゃ]ぁぁぁ(Cメロ)


 まず、『Song for…』についてです。この楽曲は、2004年にロックバンドHYによりリリースされたアルバム『TRUNK』に収録されております。メインボーカルをキーボードの仲宗根泉さんが担当されております。仲宗根さんは、人気曲『366日』(過去記事)などでも作詞作曲歌を担当しています。『366日』については、当ブログでは上白石萌歌さんのカバーバージョンを取り上げたことがあります⇒366日』(過去記事)

 さて、『Song for…』はピアノやストリングスを基調としたゆったりとしたナンバーです。仲宗根泉さんのボーカルが非常に活きたアレンジになっております。カラオケでも人気の高い作品であります。『Song for…』は男性シンガーソングライターの清水翔太さんによりカバーもされております(HYのトリビュートアルバムに収録されております)。
 



 さて、『Song for…』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりもやや広いです。以下、見ていきます。

 まず、高音部分についてです。『Song for…』の地声最高音はhiC#ですが、楽曲の核となる高音階はhiBになります。よって、図に示すほど、最高音は高いわけではないです。高音域が得意な人、ある程度歌い慣れた人であれば手を付けやすいのではないかと思います。少しずつ練習を重ねてください。

 『Song for…』は地声最低音がmid1Eであり、女性の作品としてはやや低めです。声が非常に高い女性などは、キーを上げても良いかもしれません。その辺りは各々調整してください。

 『Song for…』は音域自体は広めであり、低音側へのキー調整の融通は利きにくいです。「声が高い人がキーを上げる」ことは可能ですが、キーを下げて歌唱するのは少し難しいのではないかと思います。親しみやすいメロディーの作品ですが、ある程度歌い慣れた人向けの楽曲だと私は分析しております。ただ、サビについては比較的歌いやすいと思いますので、そこから攻略していくというのもよいと思います(女性の場合のみ)。

 この点については、清水翔太さんバージョンでも言えます。清水さんバージョンでは低音を少し下げても良いかもしれませんが、基本的には歌い慣れた人向けの作品です。「歌い慣れているけど、高音は得意ではない」といった人にはお奨めできる楽曲です。

 





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする