こんにちは。今回はツユの『くらべられっ子』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 ツユについては、以前に『やっぱり雨は降るんだね』(過去記事)を取り上げて以来、2回目の登場となります。


『くらべられっ子』(ツユ)、Kuraberarekko(Tsuyu)
『くらべられっ子』(ツユ)









【地声最低音】mid2A(A3)  ※Aメロで登場

★何とm2A[な][差][か]んじて


【地声最高音】hiD(D5)  ※Bメロで1回ずつ

★トドメ刺hiD地[せ]hiC#[た]らどhiB[れ]だけ楽だろう


【裏声最高音】hiG#(G#5) ※ラストサビで登場

★息を止めてhiC#[い]hiD#[た]hiF#[き]hiG#[みを]F#[ぉ]


【補足】hiBhiF#の注意点

hiA[くらべられっ]子 くらべられっ子(冒頭サビ)
★あの子よりおhiB[とっ]hiD裏[てる]B[のは]
★私をhiB[ほっ]hiD裏[とい]B[て] 左側が痛hiA[い]hiB[から]A[ぁ]

★生きてたけど背伸hiD裏[びし]hiC#[てい]た(Aメロ)
★A B C D hiA[E] hiB[F] [G] どの選択肢を選ぼう[と]
★失敗のほhiB[うが]hiA[多]くって m2A[ま][怪]我しちゃった

hiD[く]hiC#[だ]hiB[し]て いつの間にか(Bメロ)
hiD[泣き]hiF[だ]hiE[し]D[て]

hiC#[くらべられっ]子 くらべられっ子【ラストサビ[転調+4]】
hiC#[最期の日ま]hiD#[でむ]hiF[くわ][れそ]C#[うに]ない
★話しかhiC#[けん]な わたhiC#[しを]hiD#[ほっ]hiF#[とい]D#[て]
★最初から知りたhiC#[かっ]D#[たな]C#[ぁ] 
hiD#[ふ]たりはD#[手]hiF[を]D#[つ]F[いで]hiF#[ぇ]

※同曲は、サビの転調が複数回行われます。冒頭サビを基準とすると、1番・2番のサビは+1(#1)、ラストのサビは+4キーが上がります。


 まず、『くらべられっ子』についてです。この楽曲は、2019年に音楽ユニットのツユによりサブスクなどでリリースされました。フィジカルとしては、2020年にリリースされたフルアルバム『やっぱり雨は降るんだね』にも収録されております。2019年にツユのYouTube公式チャンネルで公開されたMVは、2020年10月現在、1500万回以上の再生回数を記録しております。ツユの作品の中でも、非常に人気の高い作品の1つといえます。
 ちなみに、2020年には『くらべられっ子 (TUYU Remix)』というバージョンがリリースされました。こちらは、オリジナルと比べて、エレクトロ、EDM色が強くなっており、ボーカルにもエフェクトがかけられております。

 『くらべられっ子』はバンド色の強いポップナンバーです。この楽曲は、サビごとに転調が行われる点が特徴的です。冒頭のサビを基準として、1番・2番のサビでは+1(#1)、ラストのサビでは+4キーが上がります。2番までのサビと比べると、ラストのサビではキーが3つ上がるので、カラオケなどでは注意が必要です。これだけキーが劇的に変化する曲は、ポップスでは少ないです。




 さて、『くらべられっ子』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiG#(G#5)で歌メロディーが構成されております。地声については、一般的な女性の範囲内(もしくは少し高め)といったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについては、Bメロで登場します。回数としては2回程度ですし、裏声が多い作品ですので、ここは裏声にしてもよいのではないかと思います。当然、原曲通り地声で歌唱しても良いです。
 この場面を除くと、ラストのサビで登場するhiC#が地声の高音になります。【hiC#[くらべられっ]子 くらべられっ子 とっくに知ってるよ】などの部分です。このhiC#については出来れば、地声で発声した方が良いと思います。原曲キーで歌唱する際は、このhiC#のフレーズを地声で使いこなせることを目標とすると良いと思います。
 
 一方、『くらべられっ子』では、hiG#等の高い裏声がラストのサビで多く登場します。「裏声がスムーズに歌いこなせること」がこの楽曲のカギとなります。歌い慣れていない人などは、非常にしんどい場面です。ただ、裏声は地声に比べて、練習で広がりやすいです。少しずつ努力を重ねてください。

 『くらべられっ子』は高音域がかなり高いですが、低音部分には少し余裕がありますので、キー調整は可能です。ただ、先にも述べましたように裏声が非常に広いですので、歌い慣れていない人はキー調整をしても少し難しいかもしれません。キーを調整しても歌いにくいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。
 同曲は、ラストのサビ以外は比較的手を付けやすいです。歌い慣れていないうちは、「ラストのサビ以外の部分を練習する」というのもよい選択肢だと思います。