カテゴリー

『いつかオトナになれるといいね。』( ツユ )の音域

こんにちは。今回はツユの『いつかオトナになれるといいね。』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
  なお、今回は、歌詞表記されている【いい子にしてます いい子にしてます】、【超絶ギター】については調査の対象から除外し、最高音などに含めておりません(カラオケなどでも採点対象外だと思います)。その点も踏まえた上で、ご拝読ください。


『いつかオトナになれるといいね。』(ツユ)、Itsuka Otona ni Nareru to Iine.(Tuyu)
『いつかオトナになれるといいね。』(ツユ)の音域






【地声最低音】mid1G#(G#3) 

m1G#[ス]マートm2A#G#[フォン[GE]Tし]【Aメロ】
m1G#m2A#[よう]つ]べ ついったー ついhiA#[きゃす]


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※全体で6回前後

★いhiD#地hiC#[つ]か]hiCC#[オト[ナ]になれるといいね。【サビ】
★推hiChiA#[し]ぴ][か]hiD#地C[ぎっ]ては](あんなことするわけないもんね!)【2番サビ】

※厳密にいうと、【超絶![ギ]ター!】でhiG辺りが登場します(重要度が極めて低いので除外)


【裏声最高音】hiF(F5) ※サビで登場

★ hiF裏hiD#hiC[証]拠は]全]部 押さえhiA#C[ら[れ]て]るのに【サビ】


【補足】hiA#hiD#を含むフレーズ一覧

★キhiChiA#[ラ][ラ]な言葉にm2G#[お]どらされ【サビ】
★推hiChiA#[し]ぴ][が]hiD#裏C[絶]対][そん]なこ[とす]C[る][わ][ない]もんC[ね]
m2G#[わたしの推]hiA#hiC[し[ぴ] [こんな不細]工じゃ[な]A#C[い[よ?]
hiC#hiChiA#[あ、]これ]丸][る]って[ひ]C[じゃん?]
★(アイコンばっか見すぎちゃって) かわhiA#hiC[い[そう]

hiC[情]報弱者のまんま 推しがhiA#C[出[来]ま]した【Aメロ】
★好きだよ 好きだよ 他m2G#hiA#[の[だ]れ]よりも【Bメロ】

 まず、『いつかオトナになれるといいね。』についてです。この楽曲は、2022年に音楽ユニット・ツユによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルであり、2022年7月現在、最も新しいシングル曲です。最新曲であるため、アルバムには未収録です。

 ちなみに、ツユはこれまでは事務所やレーベルに所属せずに独自の活動を行ってきました。ただ、今年の春ごろからメジャーレーベルに所属するようになったそうです。そのため、今後はアニメやドラマなどのタイアップなども増えてくると考えられますし、そうしたチャンスで更に飛躍できる力を持ったバンドだと思います。


 さて、『いつかオトナになれるといいね。』は、ツユのこれまでのシングル曲とは趣の異なる中毒性の強いバンドナンバーとなっております。歌い出しから、【盲目 信者 盲目 信者】などと思わず口ずさみたくなるようなフレーズが登場し、全体的に明るい元気な曲調でラストまで展開されます。

 同曲の歌詞については、いわゆる「『推し』にのめり込んでいる女の子と、その推しを巡るスキャンダル」などがテーマとなっております。昨今はSNSや動画配信などの発達により、タレントやアイドルなどとの距離も非常に近く感じられるようになりました。反面、架空の世界に夢中になり過ぎて私生活などに影響を及ぼし始めると、自身の身も滅ぼしかねません。そうした意味で、現代を象徴するような教訓的な歌詞内容であるとも私は感じました。教訓的側面を和らげる意味合いもあってか、ミュージックビデオについては可愛らしさが強調されております。


 『いつかオトナになれるといいね。』の音域的な特徴についてです。同曲は、女性の音域としては高いレンジで歌メロが作られております。地声最高音ではhiD#が複数回登場し、また、hiC,hiC#といった音階の頻度も高いです。そのため、通常はキーを下げた方が歌いやすいといえます。

 ちなみに、同曲はメロとメロの継ぎ目が短いため、息継ぎなども非常に大変な楽曲です。そのため、「どこで息継ぎをするか」、もしくは「どのメロを歌うか(どこを捨てるか)」といったことも頭の中に入れておくとよいと思います。メロディー自体は非常にポップであり、馴染みやすいです。



 最後に『いつかオトナになれるといいね。』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#についてはサビで登場します。登場回数は5~6回程度です。この辺りは女性の音域としては高く、通常はキーを下げた方が歌いやすいです。一つの目安ですが、原曲キーから2~3つ程度を目安に下げてみてください。

 『いつかオトナになれるといいね。』は低音域に余地があり、キー下げなどは可能です。歌い慣れた人であれば、ある程度自分の得意なレンジに調整ができるといえます。一方、同曲は、息継ぎなどがしにくく、そうした点での難易度が高い楽曲でもあります。歌詞やメロ、息継ぎのポイントなどはしっかり把握しておきたいです。また、場合によっては、「ここのメロは歌わない」となどいった取捨選択も必要になると思います。

 『いつかオトナになれるといいね。』を原曲キーで歌唱する場合、hiD#などをしっかり歌いこなせる力が求められます。この辺りは女性としてはやや高めであります。また、hiCなども多く、息継ぎも大変であるため、スタミナなども不可欠になります。そのため、原曲キーの場合は、「ある程度高音域が得意な女性」などが合いやすいと思います。

 『いつかオトナになれるといいね。』はアップテンポのバンド曲であり、個人的には非常に耳に残った楽曲です。歌詞などはやや過激な部分もありますが、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かたおか より:

    リクエストに応えていただきありがとうございます。
    ツユのボーカルの礼衣さんは特徴的な高音に焦点がいきがちですが、滑舌がめちゃくちゃ良いところも凄いですよね。

    • もりっしー より:

      かたおかさん、コメントありがとうございます。
      言われてはじめて気づきました。
      「滑舌がいい」というのは非常に重要ですね。
      今回の曲はメッセージ性の強い作品ですが、
      かなりテンポが速いにもかかわらず、歌詞がしっかり聞き取れるという点も強みですね。
      ご指摘ありがとうございます。