こんにちは。今回はL'Arc-en-Cielの『花葬』(1998)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『花葬』(L'Arc-en-Ciel)、Kasou(L'Arc-en-Ciel)
『花葬』(L'Arc-en-Ciel)









【地声最低音】lowG(G2)  ※アウトロで1回だけ

lowG[く]m1E[い][い][よ]るに(アウトロ)

※ここを除くと、mid1Eが多い。カラオケではm1Eになってるところもあるようです


【地声最高音】hiA(A4)  ※Bメロ・Cメロ

★いつものように hiA[Ah] m2F#[Ah]…(Bメロのサビ前)
★やがて閉じた瞳 hiA[Na] m2F#[Ah]…(Cメロ)

※フェイクの部分ですが、歌詞表記もされております


【裏声最高音】hiD(D5) ※各サビ1回ずつ

★永遠のhiD[こ]hiC[い]hiB[を]hiA[う]C[つ]B[ぅ]し(サビ)


【補足】mid2F#hiBの注意点

★ばm2F#[ら][ら][ち][ば]m2G[る]花びら(サビ) 
★しずhiB裏[く]m2G{は][れ]B[な]hiA[い]

★瞳 あけたまま 腐食してゆくm2G[か]m2F#[ら]だ(Aメロ)
 m2G[は]m2F#{る][待][て][ぅ]ぅに

★こm2G[よ]m2F#[は] もう [ゆ][め]うつつ (Cメロ) 
m2G[や]m2F#[て][じ]{ひ]hiB裏[み] hiA[Na] [Ah]


 まず、『花葬』についてです。この楽曲は、1998年に4人組ロックバンドL'Arc-en-Cielによりリリースされたシングル作品です。アルバム『ray』やベストアルバムにも収録されております。リリース当時、『HONEY』、『浸食 〜lose control〜』とのシングル3枚同時リリースとして話題になりました。その中で『花葬』は、『HONEY』とともにミリオンセールスを記録しました。

 『花葬』はミディアムテンポのゴシックロックです。私個人としては、L'Arc-en-Cielのtetsuyaさんは好きなベーシストの一人なのですが、この楽曲でもベースが非常に良いです。
 歌メロについては、AメロサビCメロという形で作られており、比較的シンプルです。また、サビを中心に裏声が多く使われております。裏声の練習にも良いのではないかと思います。




 さて、『花葬』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。地声については、一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowGについてです。ここは、ラストで登場します。大手カラオケチェーンなどではm1Eが最低音ともされておりますので、歌い慣れていない人などはあまり気にしなくても良いと思います。

 一方、地声最高音hiAはサビ前で登場します。回数としては3回で登場します。フェイクの部分ですが、ここは出来れば地声で発声したいところです。一般的には少しキーが高めですので、原曲キーから1~2つ程度下げても良いと思います(歌い慣れた人の場合)
  
 『花葬』はサビやCメロで裏声が多く使われております。【永遠のhiD[こ]hiC[い]hiB[を]hiA[う]C[つ]B[ぅ]し】などはコントロールがやや難しいのですが、裏声の練習には非常に良いのではないかと思います。「ある程度歌に慣れてきた人が、もっと裏声の練習をしたい」といったときに練習曲としてお奨めしたいです。

 ちなみに、花葬は最低音をmid1Eとして歌唱すれば、女性にも歌いやすいのではないかと思います。歌詞やメロは少し暗めなのですが、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。