カテゴリー

『ヒトリセカイ』(10-FEET)の音域 [ 2017年の作品 ]

 こんにちは。今回は10-FEETの『ヒトリセカイ』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログで10-FEETの楽曲を取り上げるのは、『その向こうへ』(過去記事)以来、2回目となります。


『ヒトリセカイ』(10-FEET)、Hitori Sekai(10-FEET)
『ヒトリセカイ』(10-FEET)の音域






【地声最低音】mid1D#(D#3) 

★嗚呼 寄m1D#[り]添うだけでやm2G#m2G[さしさもこ]と]m2F[ば]【Aメロ】
m1F[そ]んな時あ[るで]しょう

【地声最高音】hiA#(A#4)  ※曲全体で10回程度

m2G#m2Gm2F[あり]が]と]うとG#hiA#[さよな[ら][を]【Bメロ】
★(明日には) もhiA#[う]m2G#G[そこ][は]【サビ】


【補足】mid2F(一部略)hiB

m2G#m2Gm2F[何もない]ま]ま][た]だ居[て]欲しい【Aメロ】
m2G[ひと]つにしたm2F[よ]うな【Bメロ】
★えm2G#m2F[がおで]ぇ] [な]しみ[も]理由に変[えて]

★m2F-m2G[そし[て]m2G#G[あ][た][は]【サビ】
★(もうそこには…)m2G[Ah] Ah
★(もうこのセカイは…) m2Gm2G#[Ah [Ah]
★分かり合えたかな Ah Ah Ah hiA#[Ah] hiB[Ah] A#[Ah] Ah Ah Ah【ラストAメロ】

 まず、『ヒトリセカイ』についてです。この楽曲は、2017年に3人組ロックバンド10-FEET(テンフィート)によりリリースされたシングル作品です。『火とリズム』との両A面シングルであり、アルバムとしては、同じ年の『Fin』(フィン)に収められました。同アルバムには、先に挙げたシングルに加え、『月 〜sound jammer せやな〜』、『アンテナラスト』などが収められております。また、東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ曲『HONE SKA』も収録されております。

 さて、『ヒトリセカイ』はテレビドラマ『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』のオープニング曲に起用され話題を呼びました。ドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズはこれまで3シリーズが制作され、いずれも10-FEETの作品が主題歌を務めております(ED曲はいずれも竹原ピストルさん)。「バイプレイヤーズ」は映画やドラマを支える名脇役6人を主役に据えたシリーズです。こうしたドラマの主題歌に10-FEETや竹原ピストルさんが起用されるのは私自身も納得させられれます。


 さて、『ヒトリセカイ』の音域的な特徴についてです。同曲は、地声最高音hiA#がサビやBメロで登場し、一般的な男性の音域として高いといえます。このhiA#以外にも曲全体を通して、mid2F~mid2G#辺りの頻度がかなり高く、ボーカルも力強い歌唱をしております。そのため、スタミナなどは必要不可欠になります。一般的な男性の場合はキーを下げた方が歌いやすいです。
 同曲は、一部低い場面はありますが、音域的には女性の方が合いやすいかもしれません。女性の声質的に原曲のような野太いボーカルを再現するのは大変ですが、とりわけ声質の低い女性にはお奨めしたいです。


 最後に『ヒトリセカイ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#はAメロで登場します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、低音域が苦手な方は少し歌いにくく感じられるかもしれません。また、女性にとってはかなり低いレンジになります。最近は女声曲でもmid1D辺りが登場する曲がありますので、歌唱不可能と言わけではないですが、女性の場合は少しキーを上げてもよいと思います。

 一方、地声最高音hiA#はBメロやサビで登場します。登場回数は10回と多いです。同曲はhiA#のみならず、mid2F~mid2G#辺りの中高音域が相当多いです。そのため、一般的な男性の場合はキーを下げた方が歌いやすいです。一つの目安ですが、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください(♭2~3)。

 『ヒトリセカイ』は低音域に余地があり、キー下げなどは可能です。歌い慣れた人であれば、自分の得意なレンジに調整することができます。一方で、同曲は低音域も意外と低い場面があり、音域が広めです。そのため、たとえキー調整などを行ってもビギナーには歌いにくい部分が出てくるかもしれません。その辺りは留意しておいてください。

 『ヒトリセカイ』を原曲キーで歌唱する場合、mid2F~hiA#辺りを地声でしっかり歌いこなせる力が求められます。そのため、先述のようにmid2F以上の頻度が高く、スタミナも不可欠です。よって、「ある程度高音域が得意な男性」、「高音域が得意な男性」などが合いやすいです。
 同曲はボーカル&ギターのTAKUMAさんの力強いボーカルが魅力的な楽曲です。そのため、音域もそうですが、男性性の強い声質の方の方が原曲に近い表現がしやすいかもしれません。また、女性が歌唱する場合、「低音域が魅力的なやや低めのレンジの女性」などが合いやすそうです。

 『ヒトリセカイ』はアップテンポのメロディックハードコアナンバーであり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。原曲のような表現をするのは大変かもですが、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    聞いてる分にはもっと高く聞こえる(最高音hiCくらいでhiAあたり超頻出くらい)のですが、歌ってみるとそこまで高くない感じがしました、TAKUMA氏の声はミドルではあると思うんですが聞いてる分には純粋な地声に聞こえるので、かなり張っているように感じるのかもしれません

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます、ぴたっくまさん。
      確かに体感より少し低く感じられますね。
      サビはm2F,m2G,m2G#が連発して、hiA#に達するので
      スピッツの『楓』とサビと同じの高さを繰り返してる感じですね。
      TAKUMAさんの声が滅茶苦茶カッコいいので
      原曲のように歌いこなすのが大変そうに感じます。