カテゴリー

『ブルーアンビエンス (feat. asmi)』(Mrs. GREEN APPLE)の音域

 こんにちは。今回はMrs. GREEN APPLEの『ブルーアンビエンス (feat. asmi)』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、同曲はMrs. GREEN APPLEの大森元貴さんと女性歌手asmiさんとのデュエット曲になっております。そのため、ハモリのパートなどもあり、調査内容自体がかなり膨大になりました。そのため、基本的には主旋律を中心に記事を書いており、一部ハモリの部分についても触れております。ハモリの音程などを分析されているYouTubeチャンネル様もありますので、詳しいハモリの部分が知りたい人などはそちらも参考にされるとよいと思います。

 ※当ブログがこれまでに取り上げたミセスの作品については、以下をご参照ください。

『ブルーアンビエンス (feat. asmi)』(Mrs. GREEN APPLE)、Blue Ambience(feat. asmi),(Mrs. GREEN APPLE)
『ブルーアンビエンス (feat. asmi)』(Mrs. GREEN APPLE)の音域







【地声最低音】mid1F(F3) 

★故に憧れみm1F[たいな]好奇心 愛し方は様々あるでしょう?【Aメロ[男性]】
★「m1F[誰か]の言う通り[は恥]ずかしい」 自信だけは一応あるんでしょう?【2番Aメロ[女性]】

※厳密にいえばmid1D辺りが登場する場面もあるが重要性は低い


【地声最高音】hiD(D5)  ※各サビで1回ずつ

★(気触れた恋でも) あこhiA#hiChiD[が[れ[損]で]も]【サビ[男性]】
★Fe(気触れた恋でも) あこhiA#hiChiD[が[れ[損]で]も]【2番サビ[女性]】


【裏声最高音】hiF(F5) ※サビとCメロ

★FeこのみhiD#裏DhiC[ちを歩い]て]い]たいんhiF裏[だ]【サビ[女性]】
★MaダhiD#DhiC[ルさとたた]か]い]たいんhiF裏[だ]【サビ[男性]】
★Fe空いた穴を見hiChiD[せ[合いたい] DC[ぎり]無い[青]さ]DD#hiF[で[ぇ[ぇ]【Cメロ[女性]】

※女性のハモリでhiGが登場(ハモリなので最高音に含めませんでした)。


【補足】mid2F(一部略)hiDを含むフレーズ一覧

★きm2F[みが本当][う][やま]m2G[し][い] 僕に無い全てを持ってる【Aメロ[男性]】
★溢れてしまm2F[わ]hiA#裏hiA[ぬ]よう[に] 照れてみる【Aメロ[女性]】
m2F[愛された]ぁい?愛されたい![馴れ合いたく]ない掛け合い【Aメロ】

★馬鹿m2Fm2GhiA#[に[し[ない]で]よ] FG[もう[僕]ら]【1番サビ】
hiA#hiA[このみちを歩い]て]いたいんhiA#[だ]【サビ[男性]ハモリ】
hiA#m2G[甘]美]な経[験]も 目の前の承認欲求も
★(恋がしたい 思い出したい) hiA#m2F[掴めるか]は僕ら次第]【サビ[女性]】
★一歩ずつおm2F[と]hiA#hiA[な][な]ってみる【サビ[男性]】
★一歩ずつおhiA#[と]hiDhiC[な][な]ってみる【サビ[女性ハモリ]】

★「好き」と「m1F[気にな]る」のm2Fm2G[違い[は]何?【Cメロ[女性]】
★空いた穴を見hiAhiA#[せ[合いたい] かA#[ぎり]無い青さで【Cメロ[男性]】
★あm2F[な]たじゃな[きゃ]ダメなm2G[よ]うに]【Cメロ[女性]】

 まず、『ブルーアンビエンス (feat. asmi)』についてです。この楽曲は、2022年にロックバンドMrs. GREEN APPLEによりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては、今月上旬にリリース予定のミニアルバム『Unity』(ユニティー)への収録が決定しております。同アルバムには当ブログでも取り上げた『ニュー・マイ・ノーマル』(過去記事)『ダンスホール』(過去記事)収録が予定されております。

 さて、『ブルーアンビエンス (feat. asmi)』はタイトルにもあるように、女性歌手のasmiさんがゲストボーカルとして参加されております。asmiさんはmeiyoさん、Rin音さんなど様々なアーティストとコラボレーションしておりますが、昨年の和ぬかさんとのコラボ曲『ヨワネハキ』(過去記事)で知名度が大きく上昇しました。最近は、人気アニメのエンディング曲などでもゲストボーカルで参加しており、活躍の場が大きく広がっております。


 『ブルーアンビエンス』はアップテンポのバンド曲です。Mrs. GREEN APPLEの一つの特徴でもありますが、『ロマンチシズム』『CHEERS』『Attitude』などのように、本作でも短い時間で楽曲が目まぐるしく展開します。そうした点も素晴らしいのですが、私個人としては、間奏に登場するキーボードやギターのソロなどが意外と耳に残りました。

 『ブルーアンビエンス』の音域的な特徴についてです。同曲は、ミセスの大森元貴さんとasmiさんの男女混成ボーカルにより歌メロが成り立っております。男女のパートはハモリの旋律で違いがありますが、主旋律についてはほぼ同じメロを分担されております。
 そうした経緯もあって、男性パートは地声のhiDが登場するなど、「標準よりも高い音域」となっております。逆に、女性については、高音域については標準的(orちょっと高め)ですが、mid1Fが多く登場するなど低音域が低いです。
 私なりの印象ですが、原曲キーで歌う場合、男性は「高音域が非常に得意な人」、女性は「標準~やや高めの人(広い音域を歌いこなせる必要あり)」などが合いやすそうです。



 最後に『ブルーアンビエンス (feat. asmi)』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。男性については、一般的なレンジよりも高い(orかなり高い)です。女性については、「標準的orやや高め」といったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1FはAメロなどで登場します。この辺りは、女性にとっては低めのレンジであります。そのため、高音域が非常に得意な女性などは逆に歌いにくく感じられるかもしれません。高音域が得意な女性は、場合によってはキーを上げてもよいと思います。

 一方、地声最高音hiDについては各サビで1回ずつ登場します。登場回数は3回なので、そこまで多くはありません。この場面以外では、地声の高音はhiA#が多く登場します。そのため、一般的な男性は通常はキーを下げた方が歌いやすいです。
 逆に女性については、hiDは標準的、もしくはやや高めのレンジです。登場回数も少ないので、一般的な音域にある女性であれば頑張って原キーで歌ってみるのも選択肢です。


 『ブルーアンビエンス』は男女混成のポップであり、男子も女子もほぼ同じレンジで歌唱されております。そのため、男女混成という前提で行くのであれば、キー調整には向きにくいです。逆に男子二人、もしくは女性二人といったコンビで歌うのであれば、キー調整は可能になります。各々の状況を見て、調整をしてください。

 『ブルーアンビエンス』はボーカルが2人で構成される楽曲であり、それを前提に歌メロが作られております。そのため、メロとメロの切れ目が短く、息継ぎがしにくいです。そのため、一人で歌うとかなり大変な楽曲ではないかと私は分析しました。カラオケなどで歌う際は、複数人で歌唱することを選択肢に入れてください。

 『ブルーアンビエンス』は一人で歌うと非常に大変な楽曲であり、原キーでの難易度も高いです。ただ、全体的に展開が早く、非常に楽しい曲です。歌いこなせると気持ちがいいのではないかとも感じました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。


 ※当ブログがこれまでに取り上げたミセスの作品については、以下をご参照ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    リクエストに応えていただきありがとうございます。地声高いですね。なんか大森さん、活動休止中に音域さらに伸びてる気がします笑

    • もりっしー より:

      そうですね。ソロ活動などを通じて掴んだものがあったのかもしれません。
      この曲に関しては、複数人で歌うことをお奨めします。

  2. 柴犬の神 より:

    Galileo Galileiさんの「恋の寿命」という楽曲の音域調査をお願いしでもよろしいでしょうか?

    • もりっしー より:

      リストアップしております。
      なるべく早く記事に出来るように努めます。

  3. ぴたっくま より:

    レイメイの記事で男女が同じキーで歌うコラボが増えていくかもしれないと仰っていましたが本当になってきてますね。
    ちなみにマイファスとEGOISTのミリオンタイムズはむしろHiroは原キーでセルフカバーして、EGOISTセルフカバーはキー下げてて逆転現象起きてるようですね

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます(今日の記事まだ書けてないですが)。
      ミセスは元々女性とのコラボが多かったのですが、女性パートの方が地声高音が高かったのです。
      ただ、今回はついにほぼ同じになりました。

      Hiroさんは滅茶苦茶高いですね。ミリオンタイムズのような状況は希と思いますが
      今後も女性とのコラボが増えると思います。