カテゴリー

『未来図』( マルシィ ) の音域

 こんにちは。今回はマルシィの『未来図』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『未来図』(マルシィ)、Miraizu(Marcy)
『未来図』(マルシィ)の音域






【地声最低音】mid1D#(D#3) ※Aメロで多い

m1D#[出]会ってから長[く]なってき[て] [お][が][の][と][分]かってき[て]【Aメロ】


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※ラストサビで1回だけ

m2G#m2G[何]年]先もきhiA#地[み][が]好き【ラストサビ】


【裏声最高音】hiC(C5) ※サビで登場

m2Gm2G#[し[あわ]せを]m2F[ふ]たり[だ][で]hiC裏[くっ]G[てい][こ]【サビ】
★めm2F[ん][く]hiC裏hiA#[い]時も]G-F[許][て]ね)


【補足】mid2Fmid2G#を含むフレーズ一覧

★酸いも甘いm2G裏[も] Gm2G#地[抱[き]し]m2F[め]【Bメロ】

★僕m2F[た]ちだけm2G[のあ][いの][た]G[と]【サビ】
★心の奥にひm2Gm2F[そ]む]G[い][じゅう]m2G#G[僕]に]任]せて[よ]
★もうm2Fm2G[好[き][あ][れ]す]m2G#G[ぎ]て]
★長い目で見てくれることm2Gm2F[を]ね]がい
m2G#Gm2F[きょ]う]も]G#G[み]が][好き]

※通常サビではmid2F~mid2G#辺りが頻出

 まず、『未来図』(みらいず)についてです。この楽曲は、2022年に3人組ロックバンド・マルシィによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルです。アルバムとしては、同じ年にリリースされた初のメジャーアルバム『Memory』に収録されました。

 マルシィは、2018年より活動する3人組のロックバンドであり、共感的な恋愛の歌詞や、フロントマン吉田右京さんのボーカルなどが魅力的です。全体的にポップでメロディアスな作品が多く、王道感があります。私自身は、インディーズ時代に注目を集めた『絵空』という作品が特に印象に残りました(ギターサウンドが素晴らしかったです)。まだ、デビューから間もない若いバンドですが、既に大きな注目を集めており、益々の活躍が期待されます。


 さて、『未来図』はゆったりめの穏やかなラブソングです。アルバム『Memory』では失恋系の楽曲も多い中で、同曲はかなり幸福感のあるナンバーになっております。マルシィのYouTubeチャンネルで公開されているミュージックビデオは230万回を超える再生回数を記録しております。マルシィの作品の中でも人気の高い作品の1つです。作詞作曲は吉田右京さん、編曲は百田留衣さんによりなされております。百田さんは、flumpoolやYUKIさん、中島美嘉さんのアレンジなどで知られております。


 『未来図』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性の音域としてはやや高め(もしくは「高め」)のレンジで歌メロが作られております。一般的な男性が歌う場合は、少しキーを下げてもよいと思います。
 一方で、同曲は低音域も比較的低めであり、キーを下げる余地は多くありません。音域自体が広めであるため、歌い慣れてない人などはもしかしたら歌いにくい部分が出てくるかもしれません。
 ちなみに、同曲を女性が歌う場合、通常はキーを上げた方が歌いやすいと思います。「『未来図』は原曲キーで歌うのが最もしっくり来る」という女性は、低音域が相当得意な人だと思います。



 最後に『未来図』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりやや高め(もしくは「高め」)です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#はAメロで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内ですが、登場回数が多く、低音域が苦手な方は少し歌いにくく感じられるかもしれません。また、女性の音域としては相当低いです。女性の場合は、通常キーを上げた方が歌いやすそうです。

 一方、地声最高音hiA#はラストサビで1回だけ登場します。このhiA#は男性としては高い音階になります。また、同曲はサビを中心にmid2F~mid2G#辺りの頻度が高いです。そのため、見た目以上に高音が歌いにくいのではないかと推測されます。一般的な男性はキーを下げた方が歌いやすそうです。一つの目安ですが、原曲キーから1~2つ程度下げてみてください。


 『未来図』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。ただ、同曲は音域自体が広く、低音域も比較的低いため、大きなキー下げには向きません。私なりの印象ですが、ある程度歌い慣れた人はともかく、ビギナーなどは歌いにくい部分が出てくるのではないかと思います。

 『未来図』を原曲キーで歌唱する場合、mid2F~mid2G#辺りが安定して歌いこなせると形になりやすいです。今回については、Bメロサビで中高音域の頻度が高く、意外とスタミナが要求されるのではないかと思います。そのため、「標準より高め~ある程度高音域が得意な男性」などが原曲キーにマッチしやすそうです。

 『未来図』は穏やかなラブソングであり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。歌詞内容に関していうと、音域が合えば女性が歌ってもマッチしやすいと感じました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする