カテゴリー

『Promise』 ( Da-iCE ) の音域

 こんにちは。今回はDa-iCEの『Promise』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Promise』(Da-iCE)
『Promise』(Da-iCE)の音域






【地声最低音】mid1E(E3) 

m1E{泣]かない[で 塞]がないで m1E{見]えてるものだ[けが] [し]んじつじゃない【Aメロ】
m1E[名]も無いかんじょ[うが] [うね]り押し寄m2F#[せてく]


【地声最高音】hiD(D5)  ※全体で1回

hiA[か]さねたhiC地[キズ]ナで [い]まを抱[き]hiA#ChiD地[し[め[ら]れ]たら【ラストサビ[転調+1]】


【補足】mid2G#(一部略)hiC#を含むフレーズ一覧

★たとえ悪魔の手をm2G#hiA地[取[ろ][と]も]【Bメロ】

★泣き止んで m2G#m2F#[ほ]こ]りを振り払[って]【2番Aメロ】
★まぶたに焼きhiB裏hiAG#[付]い]て]
★小さい手のひらじゃ 溢れてしm2G#m2F#[ま]う][ら]

hiC#地hiBhiAm2G#[そ]れは]犠牲]なん]かじゃない【2番Bメロ】
★交わした約束をm2G#hiAhiBG#[果[た[す]よ]

★押m2G#[し]つぶされhiBhiAG#[そう]な]と]きも【Dメロ】
★身体中を巡る 燃えhiBhiC#地BA[る[よ]う]な]AB[し[お]
★遺伝子がm2G#hiA[か[た]り]hiC#地[ける]

hiA[I] wanna be your hiC[hero] [どん]なに離れてC[いて] [翔]けるよ【ラストサビ[転調+1]】
★距離も時さえも 超m2GhiAhiA#[え[て[ゆ]く]ちか]らを
★光が降り注ぐみhiAhiA#[ら[い]へと繋がるだ[ろう] [I’m] A#[mis]sing] you
hiAm2G[こ]こ]ろが叫んでいる こんな[にA[も]
★I’ll be with you hiC[I] hiA#A[pro]mise] you 強く強く もっhiC地[と]

 まず、『Promise』(プロミス)についてです。この楽曲は、2021年にボーカル&ダンスグループDa-iCEによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルとしてリリースされ、2022年のEP作品『REVERSi』に初収録されました(厳密にいうと、後述の『仮面ライダー』作品のサウンドトラックが初収録です)。

 さて、『Promise』は映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』の主題歌としてタイアップが付きました。Dai-CEはこれまでに仮面ライダーシリーズと縁があり、主題歌『liveDevil』なども手掛けてきました。今年に入っても、『Dance Dance』が『劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア』の主題歌となっております。作詞は花村想太さん、MEG.MEさん、作曲は花村想太さん、Louisさん(Natural Lag)、福田智樹さん(Natural Lag)、MEG.MEさんによりなされております。アレンジはCHOKKAKUさんが担当されてます。CHOKKAKUさんは、当ブログでも以前に取り上げた『FAKE ME FAKE ME OUT』(過去記事)も担当されてます。


 『Promise』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性曲としてはかなり高いレンジで歌メロが作られております。そのため、通常はキーを下げた方が歌いやすそうです。
 ちなみに、同曲はツインボーカルで歌われております。そのため、ある程度高音域が得意な人が複数人でボーカルを担当するのがおススメです。また、低音域を男性が担当して、高音域を女性が歌うというのも良いかもしれません。スローな作品でボーカルの良さが活きやすいので、歌いこなせると非常に映えそうです。



 最後に『Promise』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域としてはかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1EはAメロで登場します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内です。ただ、女性にとってはかなり低いレンジになります。女性の場合は、キーを上げることを選択肢に入れてください。

 次に、地声最高音hiDはラストサビで1回だけ登場します(大野雄大さんのパート)。私なりの印象ですが、このhiDについては場合によっては裏声を使っても良いのではないかと思います。ただ、このhiDを除いても、hiC#,hiCといった高い音が多く登場します(10回前後)。そのため、一般的な男性はキーを下げた方が歌いやすそうです。


 『Promise』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。ただ、同曲は音域自体が広い作品ですので、もしかしたら歌い慣れた人であっても難しい部分が出てくるかもしれません。キーを調整するにしても、ある程度高音域が得意な人の方が良さそうです。

 『Promise』を原曲キーで歌唱する場合、私なりの目安ですが、hiC#,hiCといった高音域をしっかり地声で歌いこなせる力が求められます。そのため、「高音域が非常に得意な男性」が原曲キーにマッチしやすそうです。また、高音域が得意な方でも通常は複数人で歌うのをおススメします
 女性も原曲キーで歌えなくは無いかもしれせんが、低音のmid1E辺りがハードルになり、難しい人も出てきそうです。


 『Promise』は男性曲としてはキーが高く、1人で歌うのは難易度が高いですが、カラオケ等で歌いこなせると非常に映えると思います。Dai-CEのボーカル2人がTHE FIRST TAKEで披露されたバージョンについて、私自身も印象に残っております。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする