スポンサーリンク
カテゴリー

『CITRUS』(Da-iCE)の音域

 こんにちは。今回はDa-iCEの『CITRUS』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『CITRUS』(Da-iCE)
『CITRUS』(Da-iCE)









【地声最低音】mid1F(F3) ※Aメロ

★熱をうm2G#裏[ばっ]ていく 路地裏の香りm1F[が]【Aメロ】


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※Cメロで1回

hiA#[変]hiA[わ]A#[ら]hiC地[ない]hiC#地[ま]A#[ま]C[で]

※サビ]ではラストがhiB、通常サビがhiA#が最高音


【裏声最高音】hiD(D5) ※ラストサビ[転調+1]で登場

hiD[は]hiC#[な]hiA[さない]ってhiB地[決]A[め]B[か]A[ら]
★きhiD裏[み]といれば

※通常サビではhiC#が最高音


【補足】hiAhiC#(裏声)を含むフレーズ一覧

★昨日までの僕 わm2F[す]m2F#[れ]F[さ]せたんだ【Aメロ】
★迷ったなら 真っ直ぐにm2F#[飛]m2F{べ]【Bメロ】

★優hiA地[し]hiC裏[さ]hiC#裏[が]【Cメロ】 
★溢れm2G#[な]hiA#[い]ようにずっと
★なhiC裏[に]hiC#裏[が]m2G#[起き]G#{う]hiA#[と]

★それぞれの未来が咲きほm2G[こ]hiA[る]【ラストサビ[転調+1]】


 まず、『CITRUS』(シトラス)についてです。この楽曲は、2020年に男性ダンス&ボーカルユニットDa-iCE(ダイス)によりリリースされたシングル作品です。同曲は、同名漫画を原作としたドラマ『極主夫道』(ごくしゅふどう)のために書き下ろされました。

 『CITRUS』はロック調のナンバーです。私自身はダンス系などの楽曲には疎いのですが、ダンス&ボーカルグループのロックナンバーは少し新鮮に感じました。また、タイアップのドラマが任侠ものである点も意識されていると思います。
 歌メロの音域的な特徴についてです。男性としては高めのキーで歌われておりサビやCメロでは裏声と地声の行き来が激しいです。一般的にはキーを下げて歌唱した方が歌いやすいと思います。



 さて、『CITRUS』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiC#はCメロで1回だけ登場します。回数としては少ないですが、このhiC#場面はhiCとのコンボになります。楽曲の見せ場でもありますので、しっかり歌いこなしたいところです。
 この辺りは、一般的な男性にとってはキーが高いですので、キーを下げて歌唱するのが良いと思います。私なりのイメージですが、このhiC#の部分は「少し苦しい」位の高さで歌った方がいいのではないかと思います。原曲キーから3~4つ程度を目安に下げてみてください。

 『CITRUS』は音域が高めですが、低音部分に余裕があり、キー調整は可能であります。ただ、図にも示すように、高音部分は男声としては高いです。キー調整をするにしても歌い慣れた人向けの楽曲であると私は分析しました。可能であれば、オリジナルと同様に2人で歌唱しても良いと思います。
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする