カテゴリー

『恥ずかしくってしょうがねえ』( 米津玄師 ) の 音域

こんにちは。今回は米津玄師さんの『恥ずかしくってしょうがねえ』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルではミュージックビデオや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても動画の添付は致しません(ストリーミングでは配信中です)。

  当ブログでこれまで取り上げてきた米津さんの作品についてはこちらを参考下さい⇒米津玄師の作品音域一覧

『恥ずかしくってしょうがねえ』(米津玄師)、Hazukashikutte Shouganee(Kenshi Yonezu)
『恥ずかしくってしょうがねえ』(米津玄師)の音域






【地声最低音】lowE(E2) ※全体で3回

★あんたらみたいにゃlowGm1A[な]り]たかねえな 熱意と嘯き誰を蹴る【Aメロ】
m1Am1B{こ]と]が済ん[だ[ら] [す]べ]てわBA[す[れて]
m1A[恥ず]かしくって[しょう]lowGlowE[がね[え]


【地声最高音】mid2F(F4) ※ラストサビを中心に5回

★サングリアm2D[ワイン] [くEm2F地[ち[に]合]わ]ねえな【ラストサビ】
★無謬の民による宴 帰m2Fm2Em2D[ら]せ]て]くん[ね]えか
★サングリアワイン だm2Em2F[れ[も]が]hiA裏G[ユ]ダ]F地[な]ら]
m2Em2F[もっ[かい]ちゃん]と話そうぜ


【裏声最高音】hiC(C5) ※Cメロで1回

★血がなhiA裏m2G[が]れ]hiC裏[て]いく【Cメロ】



【補足】mid2D(一部略)hiAを含むフレーズ一覧

★サングリアワイン 口m2C[に]合わねえな【サビ[Bメロ]】
m1Am1B[こ]ん]B[は]誰が酒の肴 呼んm2C{で]くれ救急車
★サングリアワイン 洒落になm2G裏m2Fm2E[ら]ね]え]
★もっm2D[かい]ちゃんと話そうぜ

m2E[Ah] AhAh Ah いつ[か]hiA裏m2GE地[そ]の]ナイ]フが【Cメロ】
★あなたの胸にも突きm2Dm2E[刺[さ]る]だろう
★誰のもm2Dm2E[の[か][かE[ら]ぬ]まま



 まず、『恥ずかしくってしょうがねえ』についてです。この楽曲は、2022年に男性シンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされたシングル作品『KICK BACK』のカップリング曲としてリリースされました。最新作ですので、アルバムなどには未収録です。
 ちなみに、シングル曲の『KICK BACK』はアニメ『チェンソーマン』の主題歌となり、話題性と楽曲の質が相まって今年を代表するような大きなヒット曲となりました。King Gnuの常田大希さんと共演したミュージックビデオも大きな話題となりました。


 さて、『恥ずかしくってしょうがねえ』はスローなバンド曲です。歌メロはAメロサビCメロといった構成となっており、シンプルな構成となっております。サビでは【サングリアワイン】というフレーズが繰り返され、印象的です。サングリアワインはスペインやポルトガルなどイベリア半島諸国で親しまれるワインのことです。作詞作曲編曲はいずれも米津玄師さん自身が行っております。

 『恥ずかしくってしょうがねえ』の音域的な特徴についてです。同曲の歌メロの高音部は男性の音域の範囲内で作られております。そのため、一般的な男性が原曲キーなどで歌うことも可能そうです。サビでは裏声使われており、器用な発声が要求されます。低音域はlowE、高音はhiCといったレンジが登場し、音域がかなり広いです。
 一方、同曲の特に特徴的な点は低音域にあります。低音はlowG,lowEといった男性域としてはかなり低いレンジが登場します(男声のバスにあたるレンジです)。そのため、この楽曲では低音域をしっかり歌いこなせることが不可欠です。
 ちなみに、女性が同曲を歌う場合、通常はキーを上げた方がよさそうです。ただ、音域自体がかなり広いので、キーを上げても難しい部分が多いです。



 最後に『恥ずかしくってしょうがねえ』の音域についてですが、【地声最低音】lowE(E2)~【地声最高音】mid2F(F4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内ですが、低音がかなり低いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowEはAメロで登場します。登場回数は4回程度です。この辺りは、男性の声域としてはかなり低いです。当ブログで過去に取り上げたシングル曲ではASIAN KUNG-FU GENERATIONの『新世紀のラブソング』(過去記事)がlowE,lowF#などが連続しますが、それと匹敵するような低いレンジだと思います。
 このlowE辺りになると男性でも歌える人は非常に少なくなります。その点で同曲を原曲キーで歌える人が限定されるといえます。

 一方、地声最高音mid2Fはラストサビで登場します。登場回数は同じく5回程度です。この辺りは男性の音域の範囲内ですが、歌い慣れていないとスムーズな発声が損なわれやすいです。ただ、J-POPの男性曲としては比較的取っつきやすく、高音部に関して原曲キーでもチャレンジはしやすいです。


 『恥ずかしくってしょうがねえ』は低音域が低く、キーを下げる余地はほぼありません。よって、同曲でキー調整を行うとしたら「キー上げ」が中心になるのではないかと思います。高音域が得意な男性などはキーを上げた方が歌いやすいと思います。一方で、同曲は音域自体がかなり広いため、キー上げをするにしても、それなりに限度があります。低音~高音まで広く要求されるため、歌える人が限定されそうです。

 『恥ずかしくってしょうがねえ』を原曲キーで歌唱する場合、高音域はmid2E~mid2F辺りがしっかり歌いこなせる力が求められます。この辺りは男性の音域としては比較的克服しやすいです。一方、やはり低音のlowEなどはかなり低く、その点がハードルになりやすそうです。よって、「標準より低めの男性~標準的な音域の男性」などが原曲キーに合いやすいと私は判断しました。ただ、いずれにしても低音をしっかり歌いこなせることが不可欠です。


 『恥ずかしくってしょうがねえ』はカップリング曲ということもあり、カラオケで盛り上がれる類の曲ではないと思います。ただ、低音での歌唱、Cメロの高音など見どころは多く、表現力としても学びは多いと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

  当ブログでこれまで取り上げてきた米津さんの作品についてはこちらを参考下さい⇒米津玄師の作品音域一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ああ より:

    リクエストです!
    工藤静香さんのBlue Velvetお願いします!

    • もりっしー より:

      リストアップしておきます。
      工藤さんはまだ取り上げたことがありませんでしたよね。