こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『記念撮影』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『記念撮影』(BUMP OF CHICKEN)、Kinen Satsuei

『記念撮影』(BUMP OF CHICKEN)










【地声最低音】mid1C#(C#3)  ※全体で瞬間的な1箇所

mid1C#[ポ]ケットには鍵と 丸めたレシートと


【地声最高音】mid2F#(F#4)  ※サビ

★僕mid2E[ら]2F#[は][ど][こ][へ]でもいけると思う


【補足】サビの冒頭部分mid2E

★迷mid2E[子ー]のままでも大丈夫




 まず、『記念撮影』についてです。この楽曲は2017年にBUMP OF CHICKENにより配信限定でリリースされたシングル曲です。タイアップとしては日清カップヌードルのCMが付きました。『魔女の宅急便』、『アルプスの少女ハイジ』、『サザエさん』といった有名作品のパラレルワールドの世界が描かれた作品として非常に話題になりました。

 BUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでは、2019年3月現在、リリックビデオが1400万回以上、ミュージックビデオが600万回以上、合計で2000万回以上再生されております。最近の作品では非常に人気のある楽曲の一つだと思います。

 『記念撮影』のサウンドについては、楽曲全体で流れ続けるエレキギターのアルペジオが印象的です。近年のBUMP OF CHICKENは、エレクトロニカのサウンドも見られるようになっておりますが、この楽曲においてもそうしたアレンジが加わっていきます。メロディーの構成が大まかにAメロ、Bメロ、サビが3回繰り返される構造になっておりますが、曲が進むにつれて、楽器が加わり、また音の数が増えていきます。そうした点が一つの聴きどころでもあると思います。

 歌詞については、いわゆる「モラトリアム」な状況で葛藤する若者が描かれていると思います。「モラトリアム」とは、「社会的責任を一時的に免除あるいは猶予されている青年期」のことを意味します。具体的には高校、大学時代、フリーターの頃などの期間などがそういわれることが多い気がします。こうした「大人とも子どもとも言えない時期」に、生きがいや働きがい、自分のアイデンティティなどを見出していきます。

 主人公の「僕」は自分のやりたいことなどが曖昧なまま、昔の写真(記念撮影)を手に取って、どこか苦々しい思いを抱いております。そうした葛藤の中で、「僕」も自分のやりたいことを見出していくような内容になっていると思います。

 『記念撮影』についても藤原基央さんの描写が活きた楽曲だと思います。自分の置かれた状況、それでも進んでいく様を不安定な「紙飛行機」に喩えている部分が非常に好きです。




 さて、『記念撮影』の音域についてですが、地声最低音mid1C#(C#3) ~地声最高音mid2F#(F#4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内です。

 この楽曲の注意点の一つは歌詞だと思います。楽曲の印象は暗めなのですが、メロディーのテンポは遅いわけではないので、歌詞をしっかり覚えておいてください。

 また、最高音のmid2F#については、決して高い音階ではありませんが、歌い慣れていないとぎこちない発声になります。余裕を持った発声を心がけたいです。『記念撮影』は全体として、努力が結果に繋がりやすい楽曲だと思います。

 『記念撮影』カラオケなどで盛り上がるタイプの楽曲ではないですが、非常に良い曲です。音域的にも男性にとって練習しやすい楽曲です。原曲キーでも歌えるという人は多いかもしれませんが、安定的な発声を練習したい場合、原曲より1~2つ下げてみるのもよいかもしれません。

 『記念撮影』については、女性が歌っても違和感が無い楽曲だと思います。地声最低音のmid1C#はほとんど登場しませんので、体感的にはもっと音域は狭いと思います。カラオケでは原曲キーよりも4~5程度上げると歌いやすいと思います。