こんにちは。今回はリクエストにお応えして、Mrs.GREEN APPLEの『青と夏』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。当ブログでは初の読者のリクエストによる選曲です。


『青と夏』(Mrs.GREEN APPLE)、Ao to Natsu


【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★今日はダラッと過ごしてみよm1D#[う]か(Aメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  

★次のmid2G#[こ]hiA[い]hiB[の]hiC#[く]hiB[え][は][ど][こ][だ](サビ)
mid2G#[う]んめhiA[い][が突][き]hiB[う][ごか]hiC#[さ][れ][て]ゆく(Cメロ)



【裏声最高音】hiE(E5) 

★えhiE裏[い]hiB[が]hiA[じゃ]mid2G#[な]い しゅや[く]はだれ[だ](サビ)
★まだまm2G#[だ]hiA[終]hiB[わ]hiC#[れ]hiD#[な]hiE[い][こ][の][な]A[つ][は](ラストサビ)

【補足】その他hiB,hiA,mid2Gなどの注意点

★私には関係ないと おmid2G[もって居]たんだ(Aメロ)
★夏がmid2G#[は]hiA[じ]hiB[まった あ][い][ず]がし[た](サビ)
★映画じゃない ぼhiA[く]mid2G#[ら]の番だ
★友達のmid2G#[う]そも 転がされhiB[る]hiA[愛][も](Bメロ)
★何から2G#[し]んじてhiB裏[いい]hiA[ん][で]しょう[ね]
hiC#裏[あ]hiB[お][に]飛び[込ん]で居よう
★「繋がり」もG#裏[と]hiA裏[め][る](Cメロ)
★赤いいhiA[と]mid2G#[が]おとを立てる 主mid2G[役はあ]なただ

『青と夏』(Mrs.GREEN APPLE)









 まず、『青と夏』についてです。この楽曲は2018年にMrs.GREEN APPLEによりリリースされたシングル曲です。この楽曲は映画『青夏 きみに恋した30日』のために書き下ろされた作品です。編曲はボーカルギターの大森元貴さんが行っております。個人的に驚いたことは、作詞作曲のみならず、ほとんどの楽曲のアレンジをフロントマンの大森さんが手がけていることです。最近はこうしたミュージシャンが増えているように思えます。
 『青と夏』はMrs.GREEN APPLEのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年6月現在、2400万回もの再生回数を記録しています。昨年リリースの作品ですので、人気の高い楽曲であることを示していると思います。

 『青と夏』のサウンドについてです。以前、何かの特集で「夏を感じさせるアレンジ」というものを拝見したことがあります。その中でスピッツの『スパイダー』やゆずの『夏色』のコード進行《E⇒A⇒C#m⇒B》について論じられていました。『青と夏』は大まかに論じると、《E⇒A⇒B⇒C#m》となり、『夏色』などと近似したコードから始まります。私自身はコードについては現在勉強中なのですが、曲の要所登場する《E,A,B、C#m》の組み合わせが「夏っぽさ」を演出しているのではないかと思います。
 メロディーの構成についてですが、《Aメロ→サビ→Aメロ→Bメロ→サビ→Cメロ→サビ》という構成になっています。私なりの解釈ですが、『青と夏』2番のBメロの部分が、一般的なポップスのCメロのような役割をして、2番以降のサビがドラマティックになるように演出されていると思います。よく考えられた構成とアレンジです。



 
 さて、『君と夏』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC#(C#5) 、【裏声最高音】hiE(E5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりかなり高いです。また、音域も広めです。

 まず、基本的な点についてですが、『君と夏』を原曲キーで歌いこなすのは一般的な男性の場合、かなりしんどいです。最もオーソドックスな方法として、ある程度歌い慣れているという前提で、原曲キーから4~5程度下げるというのが一番無難で確実だと思います。これにより、地声最高音がhiA,mid2G#辺りに設定されます。普段歌い慣れていない人の場合は、まず易しい曲で声を出す練習を方が良いと思います。

 原曲キーで歌唱する場合、地声最高音のhiC#という音階が目を惹きます。このhiC#についてですが、『君と夏』の場合、裏声を用いてもニュアンスが大きく崩れることは無いと思います。ただ、その分、hiB,hiA等の音階は確実に発声する必要があります。例えば、ボーカルの大森さんは2番のサビについてはhiC#をファルセットを用いて歌っております(他の場面では地声)。その辺を参考にしてみても良いかもしれません。ただ、この方法でもhiB,hiA辺りは確実に歌いこなる必要があります。つまり、hiBなどの高音域がある程度歌いこなせる人限定の対処方法だと考えてください。

 裏声が得意な人は裏声でどこまで歌唱できるか、試してみても良いかもしれません。実際にはかなり難しいですが、もし「hiA辺りまで裏声で歌って、mid2G#以下を地声で歌う方法でもハマる」のであれば、かなりハードルは下がると思います。

 しかしながら、一般的には、先に述べたように「ある程度歌い慣れた上で、キーを下げて歌う方法」「hiC#近辺は裏声で、hiB,hiA以下を地声で歌う方法」が一番わかりやすいと思います。