スポンサーリンク
カテゴリー

『グッドバイ』(サカナクション)の音域と感想

こんにちは。今回はサカナクションの『グッドバイ』(2014)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『グッドバイ』(サカナクション),Good Bye(Sakanaction)


【地声最低音】mid1C(C3) ※2番のみ

★ここに立って [す]ぐに変わってしまうだろう


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※ラストサビ

★世界からhiC裏[何]hiA#裏[を]hiA地[歌うん]hiA#[だ][ろう] [yeah]



【裏声最高音】hiC(C5) ※ラストサビで2箇所

★世界からhiC裏[何]hiA#裏[を]hiA[歌うん]mid2G[だ]mid2F[ろう](ラストサビ)


【補足】

hiA[グッ]mid2F[ドバイ] hiA[世]mid2G[界][から知]ることもでき[ない](サビ)
mid2F[不][しかかな][来]へ舵を切る

アウトロでhiFの裏声がロングトーンで登場します。音域には含めていません(後述☆)

『グッドバイ』(サカナクション)









 
 まず、『グッドバイ』についてです。この楽曲は2014年にサカナクションがリリースしたシングル作品です。『ユリイカ』との両A面でリリースされました。ノンタイアップの楽曲です。
 『グッドバイ』はレコード会社およびサカナクションのYouTube公式チャンネルでもそれぞれMVが公開され、合計で約800万回もの再生回数を記録しています。ノンタイアップであることなどを考えると、人気がある作品なのではないかと思います。最近発売されたサカナクションのオリジナルアルバム『834.194』にも収録されております。

 さて、『グッドバイ』のサウンドについてです。サカナクションはエレクトロニカとロックバンドの融合したサウンドが特徴的でありますが、『グッドバイ』ではバンドの側面が強く出ている作品だと思います。テンポはかなり緩やかです。ギターの音色については、私個人がパッと頭に浮かんだのはU2かコールドプレイでした。他にドンピシャで近い音色のミュージシャンが居そうな気もしますが、まず連想したのはその2組です。個人的には大好きなギターサウンドです。キーボードはアウトロで印象的な活躍します。

 歌詞についてですが、別れとまだ見ぬ新しい世界への旅立ちが歌われています。サカナクションのフロントマン山口一郎さんはこの『グッドバイ』を作ったとき、解散を考えたそうです。歌詞の内容を見ると、そういう解釈もできうると思います。
 個人的に好きだと思った歌詞は「世界には見ることもできない 不確かな果実の皮を剥く」という箇所です。同じフレーズで「不確かな未来へ舵を切る」という言葉が出てくるのですが、そのフレーズの対として「不確かな果実」という言葉を選んでいる点が面白いと思いました。絵が思い浮かび、イメージが出来る点も良いです。




 さて、『グッドバイ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3) ~【地声最高音】hiA#(A#4) 、【裏声最高音】hiC(C5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域より高いです。

 サビの中心はhiA(A4)という音階です。このキーをボーカルの山口一郎さんは力強く歌唱しております。故に原曲キーでチャレンジする際は、hiAの音階を地声である程度歌いこなすことが必須になると言えます。私がしばしば紹介する「高音域は裏声で対処する」という方法は、『グッドバイ』の場合はあまり向かないと思います。

 一般的な音域の男性の場合、原曲キーより2程度下げるという方法がオーソドックスな対処方法だと思います。これにより、地声最高音がmid2G#に設定されます。

 ☆余談ですが、この『グッドバイ』はアウトロで、裏声を用いたロングトーンが登場します。音階はhiFです。ただ、歌詞の無い場面であり、歌メロと連続性もないため、『音域』の範囲内には含めておりません。恐らく、カラオケ等で採点されることもないと思いますが、興味を持たれた方は参考にされてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする