こんにちは。今回はNissy(西島隆弘)さんの『まだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRL』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。当ブログでは、Nissy(西島隆弘)さんは以前に『トリコ』を取り上げて以来、2回目の登場です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がほぼフル公開されているのですが、アウトロ部分が省略されています。当ブログにおいても、公式チャンネルの動画を添付いたします。その点については、ご了承ください。


『まだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRL』(Nissy(西島隆弘))、Mada Kimi ha Shiranai


【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★ソワソワしながm1F#[ら] 現れた君は


【地声最高音】hiA(A4)  楽曲の要所要所で登場

★「m2F#[あ]の子は誰な[の?]hiA[って] F#[oh] no(Aメロ)
m2F#[そ]の笑[顔以外] [欲]しく[なん]hiA[か][ない](サビ)
m2F#[き]hiA地[み]hiB裏[が][お]もうより
m2F#[あ]りの[ままの] [き]みで[いいん]hiA地[だ]F#[よ](Cメロ)


【裏声最高音】hiD(D5) ※ラストサビで2回

m2F#[き]hiA[み]hiB[の]hiD裏[み]hiC#[りょ]hiB[くに]A[~] 





【補足】mid2F#hiB辺りの注意箇所

★まだ君は知m2F#[ら]ない [My] prettiest girl(冒頭・サビ)
★Pretty pretty, prettiest m2F#[girl] 
★みんなが話m2F#[し][た]噂のGirl(Aメロ)
☆何も恥じるものなんてm2F#[ない] hiB[oh] hiA[oh] m2F#[oh] oh

★顔m2F#[上]げて Don't be m2F#[shy](m2F#[シャ][アイ])(サビ)
m2F#[ずっ]hiA裏[と]hiB[す][て]きなのに

★俺のことでm2F#[いっぱい][ろう?] m2G[oh] [oh] oh(Cメロ)
★俺の目を見てよm2F#[ ba-]-by から[かっ]てるつ[も]りなんてない
★受m2F#[け]止めて こ[の]全て
★うまm2F#裏[く]hiA[いえない]hiB[け]A[ど][き]みに むF#[ちゅ]うなだけ

※☆の部分のhiBは歌詞に無い部分ですが、重要なので表記してます。
※アウトロの「Pretty pretty, prettiest girl」の部分にもhiBが登場しますが、重要度は低いと考え記載しておりません。アウトロも音源に忠実に歌唱すれば、地声最高音はhiBになります。
『まだ君は知らない  MY PRETTIEST GIRL』(Nissy(西島隆弘))









 まず、『まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL』についてです。この楽曲は、2016年に歌手のNissy(西島隆弘)さんによりリリースされたシングル作品です。2017年にリリースされたアルバム『HOCUS POCUS 2』(ホーカス ポーカス ツー)に収録されています。また、ベストアルバムにも収録されました。レコード会社のYoutube公式チャンネルではMVが公開されており、2019年11月現在、3300万回以上の再生回数を記録しています。非常に高い人気を誇っております。

 『まだ君は知らない』の音域的な特徴についてですが、以前『トリコ』でも取り上げたように、mid2F#という音階が非常に多く登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内なのですが、そうした音階を確実に歌いこなせるかが試されます。
 
 『まだ君は知らない』の楽曲の特徴としては軽快なテンポのポップソングで、ドゥーワップ (doo-wop)のようなアレンジがなされております。
 ドゥーワップはゴスペルなど黒人音楽にルーツを持つか合唱スタイルです。日本のミュージシャンで言えば、ラッツ&スターや山下達郎さんなどがそうしたものを取り入れているイメージが強いです。『まだ君は知らない』では、西島さんの声質を活かした爽やかな形でドゥーワップが取り入れられています。カラオケなどでも歌いやすいのではないかと思います。



 さて、『まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiA(A4) 、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。また、楽曲のニュアンスに重要なフェイクなどを加えると地声最高音はhiBになります。一般的な男性の音域よりも高いです。 以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAについてですが、楽曲全体の要所要所で登場します。場合によっては裏声でも良い場面もありますので、高音が苦手な人は上手く調整してください。例えば、【m2F#[き]hiA地[み]hiB裏[が][お]もうより】というサビのフレーズは無理して地声hiAで歌わなくても良いと思います。その他の場面については、出来れば地声で歌唱した方が原曲のニュアンスが残りやすいと思います。

 原曲キーで歌唱すると、高音域が出にくい男性も多いと思いますので、キーを下げて歌唱するのも選択肢の一つです。原曲キーから1つか2つ程度下げると、mid2G(#)辺りが最高音に設定されるため、歌いやすくなります。

 『まだ君は知らない』は先にも述べましたように、mid2F#という音階が非常に多く登場します。この辺りの音階は一般的な男性の音域の範囲内ですが、普段歌い慣れていない男性はスムーズな発声が損なわれやすいです。歌に慣れていない人は、キーを下げて練習しても良いと思います。

 
 ちなみに、少し前に取り上げた『トリコ』(【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiD(D5))もそうですが、『君は知らない』は音域的には女性が歌唱することも可能だと思います。声質に個人差があり、一概には言えないのですが、原曲キー、もしくは少しキーを上げると歌いやすいのではないかと思います。