こんにちは。今回はゴールデンボンバーの『女々しくて』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『女々しくて』(ゴールデンボンバー)、Memeshikute(GOLDEN BOMBER)

『女々しくて』(ゴールデンボンバー)









【地声最低音】mid1C#(C#3)  

m1C#[ぼ]くの事をC#[か]らかったの?(Aメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※曲全体で4か所

★きhiB[みと居]hiA[た]m2G#[い]A[から]G#[ぁ]G#[ぁ]ぁぁ(サビ)
★きhiB[みと居]hiA[れ]m2G#[る]A[なら]G#[ぁ]A[ぁ]B[ぁ](ラストサビ)


【補足】mid2FhiA辺りの注意点

m2F#[女々しくて×3](冒頭サビ)
★つF#[ら]hiA[い]m2G#[よ]A[ぉ]G#[ぉ]F#[ぉ]

★きm2F#[み]m2F[笑顔]だけがかF[が]F#[や]m2G#[いて](Bメロ)

m2F#[愛]されたいF#[ね]hiA[きっと]m2G#[見]A[過]G#[ご]F#[し]た (サビ)
★こhiA[い]m2G#[の歌]m2F#[う]G#[たっ]F#[て]


 まず、『女々しくて』についてです。この楽曲は、2009年に4人組ヴィジュアル系エアーバンドのゴールデンボンバーによりリリースされたシングル作品です。ゴールデンボンバーの代表的な楽曲の1つです。
 2011年頃に、栄養ドリンクのCMソングとして、替え歌バージョンの『眠たくて』が起用され、楽曲の知名度が爆発的に上昇しました。この曲のブレイクをきっかけとして、バンドの知名度も上昇し、NHKの紅白歌合戦などへの出場にも繋がっていきます。

 『女々しくて』はアップテンポのバンド曲です。アレンジにブラスバンドが重要な役割を果たしております。作詞作曲はボーカルの鬼龍院翔さん、アレンジは鬼龍院さんと、ロックバンドeversetのtatuoさんの共同名義になっております。
 歌詞については、「異性に捨てられて[or振り向いてもらえずに]、それでも忘れられずにいる僕」が描かれております。タイトルはそうした自身の心情を『女々しくて』と歌っております。
 鬼龍院さんの歌詞の1つの側面として、「自分自身の弱さ」、「相手への妬み」などが色濃く描かれているように感じます。どことなく、中島みゆきさんの歌詞のような世界観です。
 
 


 さて、『女々しくて』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiBについては、各サビで1回ずつ登場します。また、サビではhiAの登場回数が多いです。一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいのではないかと思います。原曲キーから3つ程度を一つの目安にするとよいです。
 原曲キーで歌唱する場合、高音域がある程度得意である必要があると思います。以前、フェスでスピッツが同曲をカバーして話題になりました。そうした高めのボーカルレンジの作品だと思います。
 
 『女々しくて』は音域全体でみると、低音部分に余裕があります。よって、キー調整はある程度は可能です。ただ、歌い慣れていない人向けの調整は難しいのではないかと思います。私なりのイメージですが、ゴールデンボンバーは意外とキーが高い曲が多い印象です。

 一方で、バンドのカラーや、楽曲の親しまれ方などを考えると、「楽しく歌う」という側面も大切なのではないかと思います。難易度的には難しい作品でもありますが、そうした側面も忘れないようにしたいです。歌が苦手な人にも楽しんでほしいと私自身は考えております。
 歌い慣れない人が歌唱する場合は、先ほども述べましたが、キーを下げた方が歌いやすいと思います。