こんにちは。今回はゴールデンボンバーの『欲望の歌』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲は、歌詞の一部にセリフの部分があります。そこは音域の調査の対象外とさせていただきます。その点はご了承ください。


『欲望の歌』(ゴールデンボンバー)、Yokubou no Uta(GOLDEN BOMBER)
『欲望の歌』(ゴールデンボンバー)










【地声最低音】mid2A#(A#3)  ※Aメロ

★どうやら僕は中の下のm2A#{よ]うだ(Aメロ)


【地声最高音】hiE(E5)  ※Bメロで登場

★おhiC#[やを恨]hiD#[む]hiE[つ]C#[も]D#[り]E[は]D#[無い]hiC[が]

※曲全体で3回登場


【補足】hiAhiC#の注意点

★実hiA[は]ファンhiA#[で]しかも(Aメロ)
☆お目当ては他のメンhiC[バ]hiC#[ーァァ]

hiC#[面白く]hiB[ねぇ] 想像と違うなぁ (Bメロ)

★こんなm2G#[僕]にhiA[最]G#[高]の歌声と素晴らしい才G#[能を] (サビ)
★そしてとm2G#[な]hiC#[り]hiA[に]G#[最]愛の美しき配偶者G#[を] 

※2つ☆のフレーズは連続しております。


 まず、『欲望の歌』についてです。この楽曲は、2015年に4人組エアーバンド・ゴールデンボンバーによりリリースされたアルバム『ノーミュージック・ノーウェポン』に初収録されております。同アルバムは、インディーズでありながら総合チャートで週間1位を獲得しました。
 『欲望の歌』はMVが制作されており、MALICE MIZER(マリスミゼル)などヴィジュアル系ロックバンドのパロディーになっております。また、同曲のサウンドもV系などをオマージュしたものです。

 『欲望の歌』はアップテンポのシンフォニーメタルです。ボーカルのニュアンスもヴィジュアル系などを想起させます。一方で、歌詞は主人公の劣等感がこれでもかと描かれており、鬼龍院さんっぽさが強く感じられます。2020年初頭に『ヒプノシスマイク』の楽曲として鬼龍院翔さんが提供した『パーティーを止めないで』[伊弉冉一二三(木島隆一)]というものがありますが、どこか対になったような世界観でもあります。

 『欲望の歌』は図にも示すように、キーが高いの曲であります。地声最低音が高めですので、高音域を歌いこなす力と同時に持久力が要求されます。

 ※リクエストの際には、「音域の広い曲」ということで紹介されました。今回はラストサビの前のセリフの部分を調査しておりませんが、セリフ部分まで原曲に忠実に歌唱すると、かなり音域の広い作品になります。



 さて、『欲望の歌』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A#(A#3)~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについては、Bメロで登場します。曲全体で3回登場します。この場面以外にもhiC#等高めの音が登場しますので、一般的な男性の音域よりも高いです。キーを下げた方が一般的には歌いやすいです。
 一方で、Bメロで登場する高音域の部分は、息漏れの少ない裏声で歌唱しても良いかもしれません。原曲のニュアンスとは少し変化しますが、Bメロを裏声で上手く対応できると、地声最高音がhiA#くらいでも形になりえます。地声最高音hiEなどが出なくても、原キーでチャレンジしてみる価値はあると思います。

 『欲望の歌』は高音域寄りで歌メロが作られており、低音部分に余裕があります。よって、キー調整などは可能です。ただ、視聴してみても実感できると思いますが、かなりアクの強い発声がなされております。そうしたことを考えると、キー調整するにしても歌い慣れた人向けの作品であるといえます。