スポンサーリンク
カテゴリー

『HAPPY BIRTHDAY』(back number)の音域と感想

(2019/03/18)最低音域の該当箇所がズレていたので訂正しました
(2020/10/14)MVがフル尺で公開されましたので、添付しました

 こんにちは。今回はback numberの『HAPPY BIRTHDAY』(2019)を取り上げたいと思います。back numberは当ブログでは初登場です。よろしくお願いします。


『HAPPY BIRTHDAY』(back number)

『HAPPY BIRTHDAY』(back number)









【地声最低音】lowF#(F#2)

★着(ちゃく)信の音で飛び起きたけど損したな lowG#[]かと思ったのに


【地声最高音】mid2G#(G#4)

★君を[抱き締めて]いい理由だけが見付からない(サビ)
★ああそ[うか] m2G#裏声[そう]だよな(サビ)
★もっと単純な名前(な[][え)で呼んであげられるよ(Cメロ)


【裏声最高音】hiB(B4) サビ部分

★くだら[]い話は思hiB裏[い付]hiA#裏[]の[]mid2F#


 
まず、『HAPPY BIRTHDAY』についてです。この楽曲は2019年初頭に3人組ロックバンドback numberによってリリースされた楽曲です。この楽曲はTBS系火曜ドラマの『初めて恋をした日に読む話』の主題歌として書き下ろされた作品です。『初めて恋をした日に読む話』は持田あきさんによる漫画作品がドラマ化されたものです。

 back numberは近年、秋冬のドラマや映画のタイアップが目立ち、名曲を連発している印象があります。『HAPPY BIRTHDAY』はback numberとともに小林武史さんが編曲に携わっております。小林武史さんはMr.Childrenやレミオロメンなどのプロデュースで知られております。back numberについては『ヒロイン』、『クリスマスソング』、『ハッピーエンド』、『瞬き』といった作品のプロデュースが知られております。日本を代表する音楽プロデューサーの一人です。

 
 『HAPPY BIRTHDAY』のサウンドについては、バンドサウンドを基調としながらも、ピアノやストリングのサウンドも楽曲をドラマティックに盛り上げております。小林武史さんの特徴の一つだと思います。
 面白いと思ったのは、楽曲の構成です。よくあるパターンとしては[Aメロ、Bメロ、サビ、Aメロ、Bメロ、サビ、Cメロ,大サビ]のパターンです。一方、この『HAPPY BIRTHDAY』は[Aメロ、Bメロ、サビ、Aメロ、Cメロ、大サビ]という構成です。サビの回数が少なくなっているのですが、その分、楽曲全体が非常にまとまっていると思います。演奏で耳に残ったのは、Cメロです。Aメロの静けさから、バンドの演奏も一気に盛り上がっていきます。ベース、ドラムの演奏が光ります。

 
 歌詞については、いい意味で、非常に女々しい内容になっております。全体としてネガティブなフレーズがあふれております。back numberっぽい歌詞だと思います。そうした人間の弱さが濃縮されている部分が、多くのファンを惹き付ける要素になっているのではないでしょうか。

 個人的に好きだと思ったフレーズは「愛が何かは知らないけれど 好きと言う名前の痛みになら詳しいかも」という箇所です。恋の痛みばかり増えて、それが実を結ぶことが少なかった「俺」の姿が映し出されます。
 全く関連性は無いのですが、長渕剛さんの『巡恋歌』(1978)のフレーズ「だから私の恋はいつも巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢はあなたの胸には ささらない」を思い出しました。40年以上前の作品ですが、長渕剛さんを代表する楽曲の一つだと思います。




 さて、『HAPPY BIRTHDAY』の音域についてですが、地声最低音lowF#(F#2)~地声最高音  mid2G#(G#4)  、裏声最高音   hiB(B4)でメロディーが構成されております。back numberの作品の中でも非常に低音域が広い楽曲だと思います。そうした点で、女性がこの楽曲を歌うのは大きな障害になっていると思います。

 男性が歌う場合は、低音部はそこまで問題にはならないと思います。高音部分については裏声のhiB(B4)に怯んでしまいますが、mid2Gやmid2Fといった音階がハッキリ歌える人だと、選択肢に入って来ると思います。

 以前より申しておりますが、一般的な音域の歌い慣れていない男性ではmid2Gやmid2Fといった音階は苦労します。しかし、ある程度努力を重ねると到達できる範囲でもあります。
 
 最高音部に目が奪われがちですが、努力が報われる類の作品だと思います。元々声が低い人、歌い慣れていない人はキーを少し下げても良いと思います。





 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする