カテゴリー

『雨と僕の話』(back number)の音域

こんにちは。今回はback numberの『雨と僕の話』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、『雨と僕の話』はアルバム曲ということもあり、アーティストおよびレーベルの公式チャンネルでミュージックビデオや音源が公開されておりません。よって、当ブログでも動画の添付はありません。ストリーミングやダウンロードでは配信されております。

『雨と僕の話』(back number)、Ame to Boku no Hanashi(back number)
『雨と僕の話』(back number)の音域







【地声最低音】mid1D(D3) 

★雨の交差点の奥m1D[に] Dm1E[もう]す][き]E[が]見えなくなる【Aメロ】
★ 傘を叩m2E[く]音で m1Dm1E[届]ぉ]かないだろう
★どうして m1E[ああ ど]うしてだろう【Cメロ】

【地声最高音】hiA(A4)  ※曲全体で7回程度

★終m2Gm2F#[わ]っ]たのさ hiA地[た]だ] 君と[ぼG[く]の]はなhiB裏[しが]【サビ】

※同じメロで裏声hiAになっている場面もあります。

【裏声最高音】hiB(B4) ※サビで登場

★終m2Gm2F#[わ]っ]たのさ hiA地[た]だ] 君と[ぼG[く]の]はなhiB裏[しが]【サビ】


【補足】mid2F#hiAを含むフレーズ一覧

★もm2GhiA裏[とか[ら]m2F#[か]ぁたちを持G地A裏[たない[のに]【Cメロ】
★ああここm2G[ろが] ああ繋がG[りが] こ[われるのは]


 まず、『雨と僕の話』(あめとぼくのはなし)についてです。この楽曲は、2019年に3人組ロックバンドback numberによりリリースされたアルバム『MAGIC』に収められております。同アルバムには、『瞬き』(過去記事)『オールドファッション』(過去記事)『HAPPY BIRTHDAY』(過去記事)『大不正解』(過去記事)といったシングル曲が収められております。『MAGIC』は2022年現在、back numberとしては最も新しいフルアルバムになります。

 『雨と僕の話』はゆったりとしたテンポのバンド曲です。ピアノやストリングスが用いられており、切なさがより強調されます。歌メロについては、AメロサビCメロといった形で作られており、比較的シンプルです。作詞作曲は清水依与吏さん、編曲はback numberと亀田誠治さんによりなされました。清水さんとしても「シングル曲になれそう」な程のお気に入りの楽曲らしく、平凡にならないように、亀田さんとタッグを組んだそうです。

 『雨と僕の話』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、一般的な男性の音域と比べ、やや高めのレンジで歌メロが作られております。低音域に余地があるので、キーを下げることは可能です。
 ちなみに、同曲は低音域がやや低めであるため、女性が原曲キーで歌唱するのは大変です。女性の場合、一般的には少しキーを上げた方が合いやすそうです。


 最後に『雨と僕の話』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)〜【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1DについてはAメロで登場します。この辺りは、mid1Eとのコンボとなっており、低音感があります。低音域が苦手な男性は少し歌いにくいかもしれません。また、女性にとってはかなり低いため、通常はキーを上げた方が歌唱しやすいです。

 次に、地声最高音hiAについてはサビで登場します。曲全体では7回程度です。このhiAは、同じメロで裏声になっているところもあります。そのため、裏声などが得意な方は「hiAを裏声で統一」して歌うのもよいと私としては感じました。ただ、原曲に則って歌うのであれば、キーを下げたほうが良さそうです。一つの目安ですが、原曲キーから2つ程度下げてみてください。


 『雨と僕の話』は低音域に若干の余地があり、キーを下げることが可能です。ある程度歌い慣れた人であれば自分の得意なレンジに調整することができると言えます。 一方で、音域自体はやや広めであるため、ビギナーの練習曲には少し向きにくいのではないかと感じました。

 『雨と僕の話』を原曲キーで歌唱する場合、mid2GやhiAといった音階を地声でしっかりと歌いこなせる力が求められます。同曲は、Aメロは低く、サビは高めです。そのため、低音域から高音域まで過不足なく求められます。よって、「標準よりやや高め~ある程度高音域が得意な男性」などが合いやすいです(高音域が非常に得意な男性などは、原キーだと少し歌いにくいかも)。
 また、先述のように、裏声と地声で登場するhiAを「裏声」に統一すれば、「標準的な音域の男性」などもアプローチしやすくなると私は分析しました。

 『雨と僕の話』はゆったりめのバンド曲であり、カラオケで盛り上がる類の曲とは言い難いかもしれません。ただ、リズムなども難しくなく、メロディアスな作品ですので、音域が合う方には練習曲としておススメです。ボーカルの清水さんとしても「シングルになれそうな楽曲」だと位置づけられる良曲です。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする