こんにちは。今回はLiSAさんの『ADAMAS』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。LiSAさんは以前に『紅蓮華』を取り上げて以来、2回目の登場になります。

 なお、『ADAMAS』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。替わりの動画として、桿子 Drumstickさんのドラムカバー動画を添付いたします。こちらであれば、LiSAさんのボーカルが確認できます。


『ADAMAS』(LiSA)


【地声最低音】mid2A(A3)  ※Bメロ

★にやついm2A[た]ぁしhiA[に]hiB[がみ]A[呼]A[こ]えがする


【地声最高音】hiE(E5)  ※サビで頻出、Cメロで登場

hiB[そ]hiC#[れ]hiD#[ぞ]hiE[れ]D#[のひ]C#[か]B[りを]目指していく
★何度だって立hiC#[ち]hiD#[上]hiE[がっ]D#[て]C#[僕]
★さぁかhiB[が]hiE[や]hiD#[け]

hiC#[とき]hiD#[め]hiE[く]D#[ほ]C#[ど]眩しい奇跡を(2番)
hiD#[僕]hiE[た]hD#[ち]hiB[の]“core”掲げB[て](Cメロ)


【補足】hiAhiC#の注意箇所

★期待m2G#[外]れ 風向きかきまhiB[わ]G#[せ]
hiC#[加速]hiB[し]m2G#[て]いくマグマG#[の]鼓動 確かめてすG#[す]hiA[め]
★僕ははhiB[じ]hiA[ま]m2G[っ]た栄光のゴールを見たいhiB[のさ]A[ぁ]

hiC#[SHi-]hiB[-NY] SWORD MY C#[Di-]B[-A-]MOND(サビ)
★悲しみと願いの結晶体hiB[に]

★世界が待っm2G#[て]hiB[る]

★No hiB[way] to [prove], just follow [through]! (DON’T B[BLOCK MY WAY]!!)
★守りたいもの 守りhiB[抜く]hiA[だ]

『ADAMAS』(LiSA)









 まず、『ADAMAS』(アダマス)についてです。この楽曲は、2018年に女性歌手のLiSAさんによりリリースされたシングル作品です。両A面シングルの1曲であります。『ADAMAS』はテレビアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション アリシゼーション・ビギニング編』のオープニングテーマになっており、非常に人気の高い楽曲の一つです。
 ちなみに、『ADAMAS』とはギリシャ語で、「征服されない」といった意味があります。アダマントやダイヤモンドの語源になっており、ダイヤモンドは同曲のサビの歌詞としても登場します。

 『ADAMAS』は疾走感のあるロックナンバーです。作詞はLiSAさん、作曲はカヨコさん、編曲は堀江晶太さんによりなされております。作曲のカヨコさんは当ブログでも以前取り上げた『鬼滅の刃』主題歌の『紅蓮華』でも作曲を担当しております。歌メロについては、Cメロが大部分が英語詞になっており、歌い慣れていない人にとってはハードルになるかもしれません。

 『ADAMAS』の音域的な特徴についてです。一般的な女性の音域よりも高いのですが、低音部に余裕がありますので、キーを下げる余地はあります。ただ、先にも述べましたが、英語詞があり、最高音がサビで多く登場する等、キーを下げたとしてもハードルが高い部分も多いです。



 さて、最後に『ADAMAS』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについてですが、サビを中心に頻出し、BメロやCメロでも登場します。「最高音が楽曲の中で1~2か所登場する」ような作品ではなく、「各サビで頻出」しますので、非常にしんどいです。
 この辺りは一般的な女性にとっては高い音階ですので、キーを下げて歌唱するのがオーソドックスな選択肢なのではないかと思います。目安として、原曲キーから3~4つ下げてhiC(#)辺りにするとかなり歌いやすくなるのではないかと思います。

 『ADAMAS』は高音域が高い楽曲ですが、低音部に余裕があります。よって、キーを下げる余地もあります。キーを調整する余地があるいう点では、以前取り上げた『紅蓮華』よりも融通が利きやすいといえます。ただ、普段歌い慣れていない人が歌いこなせるほど低くキーを下げることは難しいと思います。キーを下げ過ぎると逆に低音部が辛くなる可能性もあります。キーを下げても辛い場合は、別の曲で練習した上でチャレンジすることも考えてください。

 『ADAMAS』はCメロが英語詞になっており、この辺りも一つのハードルになります。しっかり歌詞を覚えておきたいところです。この楽曲はアニメのオープニング主題歌ということもあり、上手く歌えるとカラオケなどでも盛り上がりやすいと思います。