カテゴリー

『絶対零度』(なとり)の音域/アニメ『WIND BREAKER』OP曲

こんにちは。今回はなとりさんの『絶対零度』(2024)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『絶対零度』(なとり)
『絶対零度』(なとり)の音域






【地声最低音】mid1A#(A#2) ※全体で1回のみ

★そんm2C[な]僕らの[未]来を強く[ね]がうm1D#[う]【イントロ】
★夜明m1D#[け]前m2C[に]か[き]消[さ]れていく1D#[ネ]【Aメロ】
m1D#[ネ]ガエゴ嫉[妬] [く]だら[な]い悪[意]
☆それすらも飲み込m1Cm1A#[ん[だ]スー]パーヒーロー
★声にならない声が 確かに聞こえm1D#[てい]たん[だ]【Bメロ】


【地声最高音】mid2F(F4) ※全体で8回(6場面)

m2D#[き]m2F[と]ぼ]くら 不安定な延長線上【サビ】
★確かm2D#[に] m2FD#[い][も])ずっと鳴り止まないで【Dメロ】
★そう、何m1D#[度]も何度も何m2D#m2F地[度[も]
★そm2Fm2D#[の][にう]つった 全部を2C#[か]かえて【ラスト】


【裏声最高音】mid2G#(G#4) ※終盤で登場

m2G#裏G^-F[消]せな[い]過]去]の痛みも【Dメロ】
★生きていくんだ まm2G#裏G[ち][い]ないさ【ラスト】


【補足】mid2C(一部のみ)mid2D#を含むフレーズ一覧

m2D#[泣]き声 遠く 息m1D#[を合][せて] もう一度【イントロ】
m2C[革命前夜][た]ちの声[は]【Aメロ】
★ギリギリな僕らm1D#[は] 目と目合わせm2D#[て]合図して【Bメロ】
★燃やし尽くして絶対m2C[零]度 理[由も体]裁もm2D#[関]係]ない【サビ】
m2C[何度だっ]て 繰り返し[てよ]ベイm1D#[ベー] 地獄[の][る]方へ
★被m2D#m2C#[害]者]づら[する]善悪にとどめ[を]m1D#[して]くれ【2番Aメロ】
★しm2C[ろ黒つけ]ようぜm2D#裏[延]長]【ラストサビ[落ちサビ]】

 まず、『絶対零度』についてです。この楽曲は、2024年に男性シンガーソングライターのなとりさんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルとして発表されました。この記事を執筆時点では最も新しいシングル曲であり、アルバムには未収録です。
 ちなみに、なとりさんは、2023年末にソニーレーベルからメジャーデビューしました。この時にインディーズ時代に発表された作品を収めたアルバム『劇場』を発表しております。同アルバムには、『Overdose』(過去記事)『フライデー・ナイト』(過去記事)などの人気曲が収録されております。

 さて、『絶対零度』は、にいさとるさんの同名漫画を原作としたテレビアニメ『WIND BREAKER』の主題歌として書き下ろされました。同作品は、ここ数年で特に人気が上昇している漫画作品です。楽曲の質も相まって、『絶対零度』は既に多くの再生委回数を記録しており、ストリーミングランキングでも上位にランクインしています。


 『絶対零度』はアップテンポのバンド曲です。全体的に疾走感があり、その分歌メロ等なども濃い密度で作られております。近年のJ-POPの1つの特徴でもありますが、全体的に歌メロが速く、息継ぎなども大変そうです。歌詞などはしっかり覚えておいた方が良さそうです。作詞作曲はなとりさん、編曲はなとりさんとじんさんの共同でなされました。じんさんは『チルドレンレコード 』、『カゲロウデイズ』などで知られる人気のボカロPであり、楽曲提供なども盛んに行っております。


 『絶対零度』の音域的な特徴についてです。同曲は、大よそ一般的な男性の音域の範囲内で歌メロが作られております。歌い慣れた人であれば、原曲キーでの歌唱も可能そうです。
 同曲は中高音としてmid2C~mid2D#等が中心となっており、最近のJ-POP男性曲としては高音が少し控えめです。一方低音域としては、mid1D#~mid1Fが頻出します。mid1A#等が登場する場面は限られますが、mid1D#などの登場回数を考慮するとそれなりに低音感があります。高音域が得意な男性などはキーを上げた方が歌いやすい可能性があります。

 女性が同曲を歌唱する場合、通常はキーを上げた方が歌いやすいです。同曲は低音域としてはmid1D#-mid1F等がかなり多く、女性にとってはかなり低音寄りです。大ざっぱ目安ですが、原曲キーから4~6つ程度上げてみてください。




 最後に『絶対零度』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A#(A#2)~【地声最高音】mid2F(F4)、【裏声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内(J-POPの男性曲としては高音が控えめ)です。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1A#は1番Aメロで登場します。登場回数は1回程度です。今回は低音域としてはmid1D#~mid1F辺りがかなり多く、この辺りが安定して歌えることが重要になります。「高音域が得意な男性」などはキーを上げることを選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

 次に、地声最高音mid2Fはサビで登場します。登場回数は8回程度です。最高音mid2Fは男性の音域の範囲内とされますが、歌い慣れてない男性だとスムーズな発声が損なわれる可能性があります。ただ、今回は中高音としてはmid2C~mid2D#等が多く、一般的な男性でも比較的取っつきやすそうですので、少しずつ練習を重ねてください。場合によっては少しキーを下げるのもよいと思います。


 『絶対零度』は低音域に若干の余地があり、キー下げは可能です。歌い慣れた人であれば、ある程度自分の得意なレンジに調整することができるといえそうです。一方、今回の楽曲は音域がそれなりに広く、また低音域がの登場頻度が高いです。歌メロもかなり速いため、ビギナーなどの練習曲には少し使いにくいかもしれません。慣れないうちは、メロのテンポを落として練習するのもよさそうです。
 同曲はメロディー自体は比較的わかりやすいです。ただ、先述するように歌メロがかなり速く、息継ぎなどもしにくそうです。歌詞を覚えた上で原曲をしっかり聴き込んでおきたいです。また、「どこで息継ぎを入れるか」なども整理しておきたいです。全体的に疾走感があるので、歌いこなせると楽しそうな楽曲です。

 『絶対零度』を原曲キーで歌唱する場合、mid2C~mid2F(裏声はmid2G#)といった中高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。今回は全体でみるとmid2C~mid2D#辺りが多いです。息継ぎがしにくいため、見た目の音域より高く感じるかもしれません。一方、低音域ではmid1D#~mid1F辺りが多いため、「高音域が得意な男性」などは少し歌いにくい可能性があります。低音域も安定して歌いこなしたいです。
 こうした点を考慮すると、「標準よりやや低め~標準より高めの音域の男性」などが原曲キーに合いやすいと私は判断しました。


【まとめ】

①全体的にノリの良い曲。J-POPの男性曲としては高音が控えめ
②原キーだと「標準よりやや低め~標準より高めの音域の男性」などに合いそう
③「高音域が得意な男性」や「女性」はキーを上げるのもよい
④メロは分かりやすいが、テンポがかなり速いので注意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする