カテゴリー

『あなたがいることで』(Uru)の音域 / テレビドラマ『テセウスの船』主題歌

こんにちは。今回はUruさんの『あなたがいることで』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です(リクエスト曲をアップする予定でしたが、明日に回します)。


『あなたがいることで』(Uru)、Anata ga Iru Koto de


【地声最低音】mid1E(E3) ※2番Aメロで登場

m1E[共]に過ごしたまいにhiA[ち]m2G[は] 
★かけがえのE[な]いものだった

【地声最高音】hiD(D5)  ※サビで登場

★会えhiA[ない日々が続]hiD[た]hiC[と]hiB[し]A[ても]


【裏声最高音】hiD(D5) ※Cメロで登場

★よhiA[わ]hiD裏[を見せ]hiC[ぇ]hiB[な]A[いあな]B[た]が 



【補足】hiAhiCの注意箇所

★どんな言葉で 今あm2G[な]たG[に 伝]hiA[え]らG[れ]るだろう
★不器用な僕だhiA[け]m2G[ど] ちゃんとあなたに届くように

★去を悔やんでhiA[は]責めたりhiB[も]hiC[し]B[た][け]A[ど]
hiB[ぼ]くを愛し続けてくhiB[れ]hiC[た]B[ひと]hiA[ぉ]

hiB[も]hiC[し]B[も]hiA[し]B[た せか]C[い]B[が]C[終][わっ]A[も]
★僕はずっとあなたhiB[を]B[うよ]hiA[ぉ]

★きhiB[ず]つくことかB[ら]hiA[逃]B[げ]A[て]いた (Cメロ)
★こhiA[の][こ]hiB[ろう]hiC[ご]B[か]A[す]B[の]A[は]
★初めhiA[て] hiB[見][せ]たなみA[だ]
『あなたがいることで』(Uru)









 まず、『あなたがいることで』についてです。この楽曲は、2020年にシンガーソングライターのUruさんによりリリースされたシングル作品です。この楽曲は、TBS系日曜ドラマ『テセウスの船』の主題歌として書き下ろされた作品です。私自身は、東元俊哉さんによる原作の漫画を拝読しております。

 『あなたがいることで』は書き下ろしということもあり、絆を描いたバラードになっております。原作漫画ではヒューマンミステリーの要素が強いですが、ドラマでは「家族の絆」など泣ける要素も強く盛り込まれているように伝え聞いております。作詞作曲はUruさん自身が行っており、編曲は小林武史さんが行っております。小林武史さんはback number、Mr.Children等のアレンジに携わっており、日本を代表するアレンジャーの一人です。
 当ブログでは以前、Uruさんの『プロローグ』を取り上げましたが、そちらのアレンジはトオミヨウさんが行っております。トオミヨウさんも近年多くのミュージシャンのアレンジに携わっており、名前を多く聞くようになりました。小林武史さん、トオミヨウさんと名だたるアレンジャーがUruさんの楽曲を盛り上げております

  『あなたがいることで』の音域的な特徴についてです。全体として広めの音域で歌メロディーが構成されております。その点でキーの調整は難しいといえます。ただ、最低音mid1Eは別の高い音に置き換えることが可能ですので、その点の工夫をすれば、キーの調整も可能であると思います(後述)。 




 さて、『あなたがいることで』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Eについてです。これは2番のAメロで登場します。mid1Eは女性には低めの音階です。ただ、ここはmid1G辺りで代用しても違和感が少ないです。低音が苦手な方はこうした工夫を行っても良いと思います。

 地声最高音hiDはサビで登場します。ここは大よそ一般的な女性の音域ですが、高音域が苦手な方もおられます。このhiD場面ですが、楽曲のニュアンスを考えると裏声気味に歌唱しても違和感が少ないと思います。場合によっては、裏声での歌唱も選択肢に入れてみてください。また、キーを少し下げるというのもありえます

 『あなたがいることで』は音域が広めの作品であり、キーの調整は行いにくいです。ただ、先にも述べましたが、最低音mid1Eをmid1Gに置き換えれば、少しのキー調整は可能であります。高音部分をhiC辺りに設定してするというのも良いのではないかと思います。
 一方で、普段歌い慣れていない人で高音域も苦手という方の場合、キーの調整は難しいかもしれません。キー調整をしても歌いにくい場合は、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。『あなたがいることで』は「工夫すればキー調整もある程度可能であるが、歌い慣れていない人向けへの調整は少し難しい」といったところだと、私は考えております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする