スポンサーリンク
カテゴリー

『青空』(aiko)の音域

 こんにちは。今回はaikoさんの『青空』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。今回は高音部分の地声裏声の区別が微妙です(最高音については大丈夫です)。その辺りについて後々修正が入るかもしれません。その点はご了承ください。


『青空』(aiko)、Aozora


【地声最低音】mid1F#(F#3) 

★あぁ知ってm1G[し]m1F#[まっ]たんだ(冒頭)

【地声最高音】hiC(C5)  ※サビおよびCメロ

★いm2G[ま思い]hiA#[か]hiC[え][すと]ぉ(サビ)
★ゆm2G[がんだ]hiA#[あ]hiC[お][い]

m2G[か]hiA#[みの]hiC[毛]A#[と][か][ごい] [気]にしていA#[た]G[に]


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビおよびラストサビ

m2G[馬鹿み]hiD#裏[た]hiD[い][な](サビ) 
m2G{馬鹿み]hiD#裏[た]hiD[い]hiC[だな]A#[ぁ](ラストサビ)
★ほhiD#裏[ん]hiD[と]hiC[う]hiA#[は]涙で

※地声にも聞こえるのですが、今のところ裏声としておきます


【補足】mid2G(一部のみ)~hiBの注意箇所

★触れてはいけない手を かhiA[さねてはいけ]ない唇を(冒頭)
★脱いでしhiA#[まい]m2G[たいほ]どくG[るしくてか]A#[しい](Aメロ)
★自分に戻m2G#[れ]hiA#[る]わけが
m2G[だ]hiA#[け]hiB[ど]G[無]G[に] G[出来]ないよ(Bメロ)
★ずっとm2G#[そ]hiA#[む]けてた

★ちょっとくm2G[ちびるに]力入れて(サビ)
★にでm2G[も] G[うな]m2G#[ず]hiA#[い]G[てっ]
m2G[な]hiA#[ん]G[だよ]あんなに好A#[き]だったのに(Cメロ)

『青空』(aiko)









 まず、『青空』についてです。この楽曲は、2020年にシンガーソングライターのaikoさんによりリリースされたシングル作品です。タイアップなどは確認されませんが、現在aikoさんの一番新しいシングル作品です。
 余談ですが、aikoさんは最近、Spotifyなどサブスクリプションでの音源が解禁され、またYouTubeでもこれまで制作されたMVがフル効されました。今後、多く取り上げていけたらと考えております。

 さて、『青空』はaikoさんらしいポップな作品です。サウンドとしては、シティポップ風のアレンジになっています。私はどことなくチャイナチックなものも感じました。作詞作曲はaikoさんによりなされていますが、編曲はTomi Yo(トオミヨウ)さんによりなされています。Tomi Yoさんはこれまで多くのアーティストの編曲に携わっており、菅田将暉さんの『まちがいさがし』編曲でも知られています。
 
 『青空』の音域的な特徴についてです。大よそ女性の音域の範囲内でありますが、サビでやや高めの音階が連続する部分があり、苦しいと感じられる場面もあるかもしれません。地声最低音はmid1F#ですが、冒頭で1回のみの登場であり、その他の場面ではmid2A#辺りが最低音になります。




 さて、『青空』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内であるといえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1F#についてです。これは冒頭で1回登場します。冒頭のメロディーは最初だけの登場になります。この場面を除くと、mid2A#辺りが最低音になります。

 地声最高音hiCについてですが、サビやCメロで登場します。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内であります。原曲キーで歌える人も多くいるのではないでしょうか。一方で、hiC辺りが苦しい人もいるかもしれません。そうした人の場合は、キーを少し下げても良いと思います。また、普段歌い慣れていない人は、このhiCやhiB辺りが1つのボーダーラインになりやすいです。

 裏声最高音のhiD#についてですが、ここは地声のようにも聞こえて判別に苦労しました。後々修正が入るかもしれませんが、カラオケなどで歌唱する場合は、裏声気味に歌っても大丈夫です。ただ、原曲のニュアンスを考えると、息漏れの多い裏声よりも、息漏れが少ない地声に近い裏声の方が良いと思います。

 『青空』は音域的には一般的な女性の声域を一杯一杯使うような形の歌メロになっています。ただ、先にも述べましたが、mid1F#は冒頭の1回のみですので、キーを下げる余地は少しはあるのではないかと思います。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする