スポンサーリンク
カテゴリー

『たぶん』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『たぶん』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。自選曲です。

 リリース直後の楽曲ですので、とりわけラストの地声最高音の部分の分析がやや甘いと思います。その点も踏まえて、参考にしてください。

 

『たぶん』(YOASOBI)、Tabun(YOASOBI)
『たぶん』(YOASOBI)










【地声最低音】mid1D(D3) 

★悪いのは誰m1F[だ] m1D[分か]んないよ

★さよならm1F[だ]
m1F[鳴]F[ひ]F[く]F[れ]F[の]

mid1Fの登場回数が多いです。


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※ラストの転調サビ[+1]

☆思hiC#[わ]hiD#[ず]C#[こ]hiA#[ぼ]C#[れ]た言葉は 違うな

※転調サビのhiD#は地声と裏声の境界が分かりにくいです。目安と考えてください。

【裏声最高音】hiE(E5) ※Cメロで1回

★戻れないhiD地[か]hiC#[ら]D[ぁ]hiE裏[ぁ](Cメロ)


【補足】hiBhiD#辺りの注意点

★これも大衆的恋愛でhiA[しょ](2番Bメロ)
★それhiA#[も]hiC[た]だ よくある聴き慣れhiA#[た]ストーリーだ

★分かり合えないことなんてhiD裏[さ] 幾らでもあhiC[るん]だきっと(Cメロ)
★全てを許し合えるわhiC[け]hiA#[じゃ]C[な]A#[い]から
★辛hiD裏[い]日々と感じhiC[てし]hiD裏[ま っ]C[た]のなら

★僕らはhiA#[何]hiD#[だっ]A#[てきっ]と そう何年hiC#[だっ]てきっと(ラストサビ)
★さよならと共に終わhiC#-hiB[る][け]なん]hiA#[だ]
★始まりに戻ることhiC#-hiB[[が][来][な]
★なんて、おhiD#裏[もっ]hiB[てし]まうよ 

__

 まず、『たぶん』についてです。この楽曲は、2020年に2人組音楽ユニットYOASOBIによりリリースされました。原作⼩説をコンテストで募集し、大賞に選ばれた『たぶん』(しなの著)が原作となっております。

 『たぶん』はミディアムテンポのエレクトロな楽曲です。歌詞は別れの朝が歌われております。これまでYOASOBIはアップテンポの作品が多かったですが、今回は少しゆったり目の作品です。

 同曲は、2番では、1番では無かったBメロが登場します。以前、「最近の曲は『AメロBメロサビ』」という形を繰り返さなくなっている」という話をしましたが、この『たぶん』もそのようなAメロBメロサビという形が少し変形しています。

 歌メロについては、ラストのサビで転調が行われ、キーが通常のサビよりもキーが1つ上がります。歌唱する際は、その辺りも気を付けてください。



 さて、『たぶん』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、同曲は、低音部分が非常に低いです。地声最低音はmid1Dです。また、mid1F辺りも多く登場します。高音域が得意な女性は、逆に低音部分がしんどいかもしれません

 一方、地声最高音hiD#は転調したラストのサビで登場します。通常のサビではhiDが最高音です。この辺りは私は地声と裏声の区別が非常に難しかったです。ミディアムテンポの落ち着いた楽曲ですので、皆さんが実際に歌唱する際は、各々の状況を考えて、地声か裏声か選択してよいと思います。
 例えば、地声でhiDを出すとき、声が尖るような場合は、裏声で柔らかく歌唱してもよいです。逆に、hiD辺りを地声で比較的柔らかく発声できるのであれば、地声でもよいと思います。

 『たぶん』は音域自体が広めであり、キーの調整は利きにくいです。歌い慣れた人向けの作品といえます。
 一方で、最高音自体は、hiD#なのでYOASOBIの作品ではやや控えめであります。その点では少し手を付けやすくなっていると思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. つー より:

    気になってた曲なので、凄く有難いです!
    これからも応援するので、頑張って下さい!

  2. もりっしー(管理人) より:

    >>1
    『たぶん』の高音域については
    歌いやすいように裏声を使ったりしても良いと思います。
    コメントありがとうございます。
    励みになります。

  3. つー より:

    >>2
    わざわざアドバイスまでして下さりありがとうございます!