スポンサーリンク
カテゴリー

『逢いたくていま』(MISIA)の音域

こんにちは。今回はMISIAさんの『逢いたくていま』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。MISIAさんについては、以前に、『Everything』(過去記事)を取り上げました。

 なお、『逢いたくていま』は、MISIAさんのYouTubeチャンネルでは2番を省いた形でMVが公開されております(1番⇒Cメロ⇒ラストサビ)。その点についてはご了承ください。


『逢いたくていま』(MISIA)
『逢いたくていま』(MISIA)









【地声最低音】mid1F#(F#3) ※Aメロ

★初めて出会ったm1F#[日]のこと 覚えてますか【Aメロ】
★過ぎ行く日の思い出m1F#[を] F#[わ]すれずにいて


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで頻出

hiC#[今 逢]hiB[い]hiA#[た][ぃ] あhiA#[な]B[た]【サビ】
hiC#[ねえ 逢]hiB[い]C#裏[た]hiA#[い]
★どこにhiA#[い]hiB{る][の]ぉ 抱[き]B[し]hiC#[め]A#[て]


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※ラストサビで1回

★まhiA#[だ]hiB[泣]hiC#地[い]hiD#裏[て]A#[る]【ラストサビ】


【補足】hiA#(一部略)hiBを含むフレーズ一覧

★空を見上げた いhiA#[ま]hiB[は]A#[そ]こで【Aメロ】 
★わたhiA#[し]を見ま[も]っていA#[る]hiB[の?]
hiB[お]hiA#[し]B[え]A#[て]

★伝えたい事が たくさhiA#[ん]hiB[あ]【サビ】
★わhiB[た]しは こhiA#[こ]B[に]A#[い]るよ

★時は いたずらに過hiB[ぎた]hiA#[ぁ]【2番Aメロ】

★叶うのなら なhiB[に]hiA#[も]A#[らな]【Cメロ】


 まず、『逢いたくていま』についてです。この楽曲は、2009年に女性歌手のMISIAさんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『JUST BALLADE』や、ベストアルバムなどにも収録されております。
 『逢いたくていま』は、村上ともかさんの同名漫画を原作としたドラマ『JIN-仁-』のために書き下ろされました。ドラマの大ヒットに伴い、同曲もロングヒットを記録します。配信シングルとして、2019年にはミリオン認定されました。また、MISIAさんのYouTubeチャンネルで公開されたMVもフル配信でないにも関わらず、6500万回もの再生回数を記録しています。MISIAさんの代表的な楽曲の1つといっても良いと思います。

 さて、『逢いたくていま』についてですが、ピアノやストリングスが用いられたソウルバラードです。歌唱力に定評のあるMISIAさんですが、その歌声が堪能できる作品であります。

 歌メロの音域については、大よそ女性の音域の範囲内(もしくはやや高い)で歌唱されており、表現を学ぶ上でも参考になる部分が多いのではないかと思います。サビではhiC#が多く登場しますので、場合によってはキーを少し下げてもよいかもしれません。



 さて、『逢いたくていま』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内(もしくはやや高い)です。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiC#はサビで頻出します。この辺りは女性の音域の範囲内といえますが、登場回数が多く、またMISIAさんの表現力も非常に高いため、キーを少し下げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。原曲キーから1~2つ程度下げてみてください。

 『逢いたくていま』は一般的な女性の声域いっぱいを使って歌メロが作られております。そのため、大きなキー調整には向きにくいです。キーを下げるときは、1~2つ程度の調整にとどめた方がよいのではないかと思います。
 同曲は、MISIAさんのの表現力が高いため、原曲に近い表現をするのは難しいかもしれません。ある程度歌い慣れた人向けの作品といえます。ただ、音域自体はでたらめに高いわけではないので、表現を学ぶ上で参考になりやすいです。とりわけ、R&Bやソウルに興味がある方などは、チャレンジしてみてください。

 ちなみに、『逢いたくていま』は声の高い男性にもチャレンジ可能だと思います。ただ、難易度自体はやはり高いですので、その点は留意しておいてください。私なりのイメージですが、MISIAさんやSuperflyなどソウル色のある力強い女性曲は、男性でも合いやすいです(歌いやすいわけではない)。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする