カテゴリー

『CHE.R.RY』(YUI)の音域

こんにちは。今回はYUIさんの『CHE.R.RY』(2007)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲となります。


『CHE.R.RY』(YUI)
『CHE.R.RY』(YUI)の音域








【地声最低音】mid1G(G3) 

m1G[手のひら]で震[え] G[それが]小さな勇気になっていたんだ【Aメロ】


【地声最高音】hiD(D5)  

★星hiA[の]hiC[夜] A[ね]C[が]A[い込]hiD[め][て] A[CHE].R.RY【サビ】

※hiC,hiDは場合によっては裏声でもよい


【補足】mid2G(一部略)hiCを含むフレーズ一覧

hiA[好]m2G[き]なG[のよ][ぉ] [a]h [a]h ah [ah]【Bメロ】

hiA[恋し]m2G[ちゃった]んだ たぶん【サビ】 
★気hiA#[づいて]A[な]m2G[いで]A[しょう]
★ゆm2G[びさ]G[で送]G[キミへの]hiA[メッ]セージ

hiA#[甘]hiA[く]m2G[な]る果実がG[いい]A[の]【Cメロ】 
★(何気ない会話から)hiA[育]hiC[て]hiB[た]


 まず、YUI(ユイ)さんについて少し説明します。YUIさんは、2004年にデビューした女性シンガーソングライターです。2006年に、自身が主演する映画『タイヨウのうた』の主題歌『Good-bye days』が大きなヒットを記録します。アニメや映画のタイアップでのヒットの多く、00年代後半以降で特に人気を博した女性シンガーソングライターの1人であります。
 YUIさんのヒット曲としては、先に挙げた『Good-bye days』、今回取り上げる『CHE.R.RY』、『Rolling star』などが挙げられます。カラオケでは、『HELLO 〜Paradise Kiss〜』、『again』といった曲も人気のようです。2010年代はバンドFLOWER FLOWERのボーカルとしても活動されていましたが、2020年末からYUIとしての活動を再開しております。


 さて、『CHE.R.RY』(チェリー)についてです。この楽曲は、2007年に女性シンガーソングライターのYUIさんによりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては、『CAN’T BUY MY LOVE』に初収録されました。同アルバムは75万回近くヒットしております。
 同曲は、携帯電話のCMソングとしてタイアップが付き、大きなヒットを記録しました。配信ではミリオンヒットを記録しております(CDとしては別の曲が最大のヒットになっております)。YUI さんを代表するシングル曲の1つであります。

 『CHE.R.RY』は春らしいポップナンバーです。KDDIのCMソングということもあり、携帯電話でのやり取りが歌詞のモチーフとなっております。YUIさんの作品としては可愛らしいナンバーなのではないかと思います。作詞作曲はYUIさん、アレンジは鈴木Daichi秀行さんによりなされております。Daichiさんは、YUIさんはじめ多くのミュージシャン、アイドルのアレンジに携わっております。

 『CHE.R.RY』の音域的な特徴についてです。おおよそ、一般的な女性歌手の音域の範囲内(もしくは少し高め)といえますが、各サビで1回ずつhiDを含んだ高めのフレーズが登場します。難易度が高いわけではないですが、高音が苦手な女性は少しキーを下げてもよいと思います(後述)。



 さて、『CHE.R.RY』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内、もしくは少し高めといったところです。以下、見ていきます。

 まず、『CHE.R.RY』は曲全体でみると、hiC以上の高めの音が登場する場面はそこまで多くないです。楽曲のニュアンス的にも、hiC以上を裏声で発声しても違和感は少ないのではないかと思います。
 
 さて、地声最高音hiDは各サビで1回ずつ、曲全体で4回登場します。この辺りは一般的な女性の音域の範囲内でありますが、hiCとのコンボとなっており、少ししんどいかもです。少しキーを下げてもよいと思います。
 私なりのイメージですが、このhiD,hiCについては「裏声」で発声しても違和感が少ないのではないかと思います(今回、音域調査するまでは私は裏声だと思っていました)。高音域が出にくい方は、この部分は裏声でもよいと思います。

 『CHE.R.RY』は音域自体がやや広めで、キーを下げる余地がそこまで多くないです。キー調整は可能ですが、低音が苦手な女性はAメロなどが意外としんどいかもです。私なりには、「練習曲として悪くはないが、もっと使いやすい曲もある」と分析しました。もし、キー調整をしても同曲が難しいと感じた場合は、別の易しめの曲から練習を始めてみてもよいと思います。

 『CHE.R.RY』は春らしいポップナンバーであり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする