スポンサーリンク
カテゴリー

『グッバイ宣言』(flower[Chinozo])の音域

こんにちは。今回はfボカロP・Chinozoさんの『グッバイ宣言』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。
 なお、今回は、地声最高音と裏声最高音区別なく、地声最高音で統一しております。各々の状況に応じて、地声裏声使い分けてください。また、男性の場合はオク下げの方が歌いやすいと思いますので、hiF⇒mid2F,hiG⇒mid2G,hihiA⇒hiAといった形で、変換してください。


『グッバイ宣言』(flower[Chinozo])、Good-bye Sengen
『グッバイ宣言』(flower[Chinozo])の音域







【地声最低音】mid2C(C4) 

★ゴロゴロと 堕落の夜に かm2C[ら]みついた【Aメロ】


【地声最高音】hihiC(C5)  ※ラストサビで転調し、キーが1つ上がる

★(俺の)hiE[わ]hihiC[た]hihiB[し]hiG[だ][け][の]【ラストサビ[転調+1]】
★wow hiG[wow] hihiA[wo]w [エ]G[ゴ][は]hihiC[な]hihiB[て]


【補足】hiD#hihiAを含むフレーズ一覧

★ルルル 放つ言葉は ルhiF[ル]ル 腐っていた【Bメロ】
★止まぬNervousに とhiD#[ら]hiF[わ]hiG[れ]F[な]D#[い]【Cメロ】

★引きhiE[籠り 絶]hiF[対] E[ジャ]ァスティス【ラストサビ[転調+1]】
★おhiG[れ]hiE[のわた]hihiA[しiE[だ]けの 折の中で
hiE[き]hiG[み]hiF-hiE[に][ま]る]まで
★おhiE[り]hiF[の]hiG[な]E[か]ぁで
hiG[は]hiE[じ]hihiA[を]E[捨]A[ら]G[れ][る] 
hiE[こ]のばしょに狂い咲hihiA[け]


 まず、Chinozo(ちのぞー)さんについて少し説明します。Chinozoさんは、2019年より活動を開始したボカロPであります。Chinozoさんの知名度上昇に大きく貢献したのが、今回取り上げる『グッバイ宣言』です。この楽曲のヒットにより、その名が大きく知られるようになりました。
 『グッバイ宣言』以外では、昨年リリースした『シェーマ』なども人気のようです。活動期間もまだ長くないですので、今後の更なる活躍が期待されるボカロPの1人であります。


 さて、『グッバイ宣言』についてです。この楽曲は、2020年にChinozoさんによりリリースされたボカロ作品です。歌唱しているボーカロイドはflowerです。同曲は、ニコニコ動画で殿堂入りし、またYouTubeでも2000万回以上再生されるなど、昨年リリースされたボカロ曲では大きなヒットを記録しました。また、Tik Tokなどでも人気があり、ストリーミングチャートにも上位にランクインしております。更に、同曲は楽曲だけでなく、イラストのポーズも非常に話題となっております。

 『グッバイ宣言』はアップテンポのポップナンバーです。演奏時間は3分弱と短めで、密度が濃いす。同曲は、1番はAメロBメロサビといった形で作られておりますが、2番ではサビが省略されており、間奏Cメロラストサビへと展開します
 最近は、2番サビを省略して、終盤に向かっていくスタイルが増えているような気がします。昨年大ヒットしたYOASOBIの『夜に駆ける』(過去記事)も2番サビが省略されていたと記憶しております。この『グッバイ宣言』においても、2番サビが無く、ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ上がります。

 『グッバイ宣言』の音域的な特徴についてです。ボカロ曲の多くに言えるのですが、キーがかなり高く、男女ともに原曲キーは相当しんどいのではないかと思います。男性の場合はオク下げの方が歌いやすいと思います(Chinozoさん自身もオク下げキーでセルフカバーしております。)。女性の場合は、目安として原曲キーから6つ程度下げるとよいと思います。
 上述のように音域が広いですので、キーを調整するにしても歌い慣れた人向けの楽曲といえます。裏声も使いこなせた方が攻略しやすいです(個人的には裏声は必須だと考えております)。




 さて、『グッバイ宣言』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C4)~【地声最高音】hhiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも極めて高いです。以下、見ていきます。

 まず、最高音hihiCはラストのサビで登場します。同曲はラストのサビで転調するので、通常のサビではhihiBが最高音になります。一般的に、歌メロでこのキーが出ることは少ないですので、男女と共にキーを下げた方が歌唱しやすいです。
 男性の場合は、原曲キーのオク下げをお勧めします。女性の場合は、目安ですが、原曲キーから6つ程度下げると良いです。hihiCなどの高音部分は「裏声」で対応した方が歌いやすいと思います(Chinozoさんのセルフカバーなども参考になります)。

 『グッバイ宣言』は音域自体も相当広めであります。歌い慣れた人であれば、キー調整により合いやすい部分が見つかると思いますが、ビギナーにはややハードルが高いです。ボカロ曲の多くに言えるのですが、音域が広くない人や声が高くない人とっては厳しいものが多いです。

 最近は、ボカロP経由でヒットする曲も増えており、ネットのみならずテレビなどの旧メディアでも注目が集まっております。『グッバイ宣言』も広く知られ始めている作品です。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    hihiCがhhiCになってるのと、音域の図のhihi域がピンク色ではなく黄色になってます!間違ってたらすみません!
    リズム感があっていい曲ですね!踊りもあるので、カラオケで盛り上がりますよね!

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      該当箇所確かにミスでした。後ほど修正いたします。
      ご指摘感謝です。

  2. せと より:

    よろしければ、”神はサイコロを振らない”の「泡沫花火」について音域を調べて下さると助かります。