カテゴリー

『CHAINSAW BLOOD』(Vaundy) の音域

こんにちは。今回はVaundyの『CHAINSAW BLOOD』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、今回は2番Aメロの一部【CHAINSAW is使える愛の手 「あ?なんだって?」】辺りを音域調査から除外してます。もし、ここまで厳密に含めるとmid1E辺りまで低音が登場すると思います。


『CHAINSAW BLOOD』(Vaundy)
『CHAINSAW BLOOD』(Vaundy)の音域






【地声最低音】mid2B(B3) 

m2Gm2F#[全てを]かき]消してエンジンm2B[音]【Bメロ】


【地声最高音】hiA(A4)  ※全体で10回程度

★Tell m2G[me why cry ] Tell hiA地[me why] G-F#[CHAIN]SAW] BLOOD【サビ】
★Tell m2G[me why cry]Tell hiA[me why you] grinning?


【裏声最高音】hiB(B4) ※サビなどで登場

m2G[血が][ぎって]もう[煮だって]もう [やめhiAhiB裏[ら[れない]【サビ】
hiBhiA地m2Gm2F#[HU] HU] HU] HU]

m2G-m2F#[轟]い]た G[bad] hiA裏hiB[ne[ws]【Dメロ】
m2G[平和も]く論[むあ]hiA地hiB裏G[くまの[par]ty]


【補足】mid2E(一部のみ)hiAを含むフレーズ一覧

m2E[急][雑踏][軽][crackな視点]【Aメロ】
m2B{舌鳴らし]いま m2G[錆び付け黒く] Gm2F#[CHAIN]SAW] BLOOD【Bメロ】

m2E[妄想に][かさ][た] [右脳操作][能][能]【2番Aメロ】
m2Em2G[笑かした[ba]dなschemeを[食っ]てしまう紳]
★須くエンジンm2G裏hiA[かき[鳴]らした【Dメロ】

 まず、『CHAINSAW BLOOD』(チェーンソー・ブラッド)についてです。この楽曲は、2022年に男性シンガーソングライターのVaundyによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルです。
 『CHAINSAW BLOOD』は藤本タツキさんの同名漫画を原作としたテレビアニメ『チェンソーマン』のエンディングテーマとして書き下ろされました。同アニメは、1話ごとに異なるエンディングテーマを使用しており、これまでにVaundyとずっと真夜中でいいのに。の楽曲が作中で流れました。


 さて、『CHAINSAW BLOOD』はアップテンポのロックナンバーです。イントロのギターリフなどが印象的であり、クラシカルなロックが好きな中高年などにも好まれるのではないかと私自身は感じました。ちなみに、VaundyがAdoさんに提供した『逆光(ウタ from ONE PIECE FILM RED)』(過去記事)でも趣向が近いと私は考えております。作詞作曲アレンジはVaundyによりなされております。


 『CHAINSAW BLOOD』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、男性としては高めのレンジで歌メロが作られております。低音域には余地が多いため、キー調整はしやすいです。
 また、同曲は、最低音がmid2Bと男性曲としてはかなり高く、その分中高音域の登場頻度が非常に高いです。音域は広くないため、キー調整はしやすいですが、原キーだとある程度スタミナが不可欠になる楽曲ではないかと思います。
 ちなみに、同曲は最低音がmid2Bと高い分、女性が原曲キーで歌唱することも可能です。一般的な女性の得意レンジなどを考えるとキーを少し上げるのもよいです。ただ、「標準より低め音域の女性」などは原曲キーでもしっくり来るのではないかと私は推測しました。



 最後に『CHAINSAW BLOOD』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、高めです(もしくは明確に「高い」)。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid2Bについては、Bメロで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内ですが、男性曲としては最低音が高いです。mid2Bが最低音となる楽曲は、ほぼ「一般的にはキーが高い男性曲(スタミナも要)」となります。今回の『CHAINSAW BLOOD』についてもそうした傾向が顕著に当てはまりそうです。
 一方、最低音が高い分、女性が原曲キーで歌唱することも可能です。とりわけ、「標準より低めの音域の女性」などは原曲キーにマッチしやすそうです。今回の『CHAINSAW BLOOD』は声域的には女性レンジと近似します(高音域がやや低いですが)。また、高音域が非常に得意な男性なども楽しめそうです。

 次に、地声最高音hiAについてはサビを中心に登場します。登場回数は全体で10回程度です。また、今回の作品については、mid2E~mid2G辺りの中高音域が超頻出です。そのため、標準的な音域の男性は高音感を感じやすいかもしれません。通常はキーを下げた方が歌いやすいと思います。一つの目安ですが、原曲キーから2つ程度下げてみてください。


 『CHAINSAW BLOOD』は低音域に余地があり、キー下げはしやすいです。同曲は楽曲の基本的なメロディーがほぼ1オクターブで作られております。そのため、キー調整はしやすく、大きなキー調整が許容できるのであれば、ビギナー向けの調整も可能だと私は分析しました。
 一方で、同曲はロック色が強い作品であり、同じメロでも1番と2番で歌い方が変わっているなど、テクニカルな部分も多いです。「キー調整をすれば誰でもVaundyのように歌いこなせる」というわけではなく、練習が不可欠です。その点は留意しておいてください。

 『CHAINSAW BLOOD』を原曲キーで歌唱する場合、mid2E~hiA辺りの高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。とりわけ、mid2E~mid2G辺りは登場頻度が非常に高く、中高音域の安定が不可欠です。人によっては、かなりスタミナが消耗させられそうです。そのため、「(ある程度)高音域が得意な男性」が原曲キーにマッチしやすそうです。また、「標準より低め~やや低めの女性」なども原曲キーでのチャレンジがしやすいのではないかと思います。


 『CHAINSAW BLOOD』はアッパーなロック曲であり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。ただ、個人的には英語と日本語が混ざったような歌詞は、しっかりメロと歌詞を覚えておく必要があると感じました。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする