カテゴリー

『決戦は金曜日』(DREAMS COME TRUE)の音域

 こんにちは。今回はDREAMS COME TRUEの『決戦は金曜日』(1992)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログでドリカムの作品を取り上げるのは『未来予想図Ⅱ』(過去記事)以来、2回目です。
 なお、『決戦は金曜日』はDREAMS COME TRUEのYouTubeチャンネルではライブの映像が公開されております。よって、当ブログではその動画を添付いたします。


『決戦は金曜日』(DREAMS COME TRUE)、Kessen ha Kinyoubi(DREAMS COME TRUE)
『決戦は金曜日』(DREAMS COME TRUE)の音域







【地声最低音】mid1G(G3) 

★ふくれた地下鉄m2A#[が] 核心A#m1G[へ乗[り]込む【Bメロ】


【地声最高音】hiF#(F#5) ※ラストサビで1回

★押hiC[し]hiF#hiFhiD#[出]さ]れ][る] D#D[oh] oh [oh] [oh]【ラストサビ】


【補足】hiAhiD#を含むフレーズ一覧

★この夜がm2G#hiA#[だんだん待[ち]遠しくなる【Aメロ】
★戦闘の準hiA#[備]は ぬかりない 退がらない hiA[その]手をAA#[離さ[ない]【Bメロ】
★少hiA#[し]hiChiB[気が多い]わた[しなり]m2G#A#[泣[い]た]り笑ったり【サビ】

hiC[ここ]ChiD#地[は[や]る] hiB[この不[思議な]夜の【ラストサビ】
hiC[けっ][ん][き]んようび


 まず、『決戦は金曜日』についてです。この楽曲は、1992年に当時3人組だった音楽ユニットDREAMS COME TRUEによりリリースされたシングル作品です。アルバムとしては、同じ年の『The Swinging Star』(ザ・スウィンギング・スター)に初収録されました。同アルバムには、発売1週目で120万枚を売上げ、最終的に300万枚を超える記録的な作品となりました。当時から既に人気バンドとしては知名度が上昇していたドリカムですが、このヒットでその地位を確固たるものにしていきます。

 さて、『決戦は金曜日』はミドルテンポのR&B曲です。同曲は、ラジオ番組で、「アメリカ人歌手のシェリル・リンの『Got to be rea』をベースに楽曲を作る」という企画をきっかけに完成しました。歌メロはAメロBメロサビと展開しますが、サビのみならず楽曲全体に存在感があります。ヒット曲の多いドリカムですが、同曲は今もなおカラオケランキングなどで上位に位置しており、バンドの代表曲の一つといえそうです。


 『決戦は金曜日』の音域的な特徴についてです。同曲は、女性曲としてはやや高めのレンジで歌メロが作られております(一部「かなり高い」)。同曲は、サビを中心にhiCが登場しますが、このhiCの頻度が多いです。また、終盤ではhiD#やhiF#辺りが登場し、かなり高くなります。高音域が苦手な方は、ラストサビのhiD#などは省略してもよいかもしれません。体感的にはAメロ~サビは比較的取っつきやすく、ラストサビの一部がかなり高いので「やや高め」としております。
 ちなみに、同曲は、過去に三浦大知さん、NICO Touches the Walls、UNCHAINなどの男性アーティストがカバーしております。三浦さんは原曲キーより7つ(♭7)、ニコは4つ、UNCHAINは3つ低いレンジでカバーしております。男性がカバーする場合は、この辺りが参考になりそうです。



 最後に『決戦は金曜日』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比べ、やや高め(一部「かなり高い」)のレンジで歌メロが作られております。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiF#はラストサビで登場します。登場回数は1回のみですが、この辺りは女性としてはかなり高いです。私なりの印象ですが、キー調整をする際は、最高音hiF#ではなく、「サビで多くみられるhiC」や「終盤で3回程度登場するhiD#」辺りを目安に調整をした方が良いのではないかと感じました。原曲キーで歌唱してみて難しいようであれば、キーを下げてみてください。


 『決戦は金曜日』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。ただ、同曲は音域自体がかなり広いので、大きなキー下げには向きにくいです。同曲の高音hiD#,hiF#は終盤に限られますので、キー調整をするだけでなく、「最後のサビで無理をしない」というやり方で対応するのもよいのではないかと思います。最後のサビで無理をしなければ、標準的な音域の女性でも、ある程度形になるのではないかと私は分析しました。

 『決戦は金曜日』は終盤のサビまでしっかり歌おうとすれば、「ある程度高音域が得意」である必要がありますが、全体でみるとhiCまでが多く、比較的取っつきやすいです。リズミカルでノリが良く、カラオケなどでも向きやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする