J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『Teenager Forever』(King Gnu)の音域

 こんにちは。今回はKing Gnuの『Teenager Forever』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Teenager Forever』(King Gnu)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★伝えm1C#[か]たがわからなくて 今でも言葉を探しているんだ


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※楽曲全体で多く登場

☆他のだれm2F[か]F[なん]m2F[なれ]F[し]hiA#[ない]hiA[よ](冒頭)
m2F#[Teen-]m2G#[-a-][-ger For-]hiA#[-e-]F#[-ver](転調後[3回目])
m2F#[愛せな]m2F[かっ]m2G#{た]hiA#地[とし][て]F#[も]G#[ぉ]A#[ぉ](ラスト)

☆これと同じフレーズが多く登場します

【裏声最高音】hiB(B4) ※ラストサビ(アコギの部分)

★他の誰m2F#[か]m2F[に][なん]F#[なれ]F[や]F#[し]hiB裏[ない]hiA#[よ]




【補足】mid2FhiAの注意箇所

m2F[そんな]F[わ]m2G[かっ]hiA[て]G[るん]F[だ]

☆伝えm2F[たい]想いは溢れているのに
☆貴方の煌めきに m2F[気づけた]m2G[いいん]F[だ]

※☆の部分は転調後にキーが1つ上がります。

『Teenager Forever』(King Gnu)









 まず、『Teenager Forever』についてです。この楽曲は、2020年に4人組バンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されているナンバーです。これまでライブなどで演奏されていた楽曲ですが、ソニーのワイヤレスイヤホン、ウォークマンのCMソングとして起用されました。アルバムに先立ち、配信も開始され、King GnuのYoutube公式チャンネルでMVも公開されました。アルバムのリード曲といってよいのではないかと思います。

 『Teenager Forever』はアップテンポの軽快なナンバーです。バンドサウンドが中心ですが、要所要所でアコースティックギターなども用いられております。King Gnuの作品の中ではかなりポップ寄りの楽曲なのではないかと思います。リード曲らしい趣きがあります。

 『Teenager Forever』の音域的な特徴についてです。この楽曲の一つの特徴としては、途中で転調が行われ、歌メロのキーが1つ上がる点であると思います。King Gnuはこれまでも転調が行われる楽曲が多くありましたが、今回もそうした楽曲であります。ただ、一般的に多くの人がイメージする転調と比べて、少し分かりにくいのではないかと私は感じました。「気が付いたらキーが上がっていて、歌いにくくなっている」ように感じる人もいると思います。歌唱する際は、その辺りに注意を払ってください。



 さて、『Teenager Forever』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は楽曲全体で多く登場します。【他のだれm2F[か]F[なん]て m2F[なれ]F[し]hiA#[ない]hiA[よ]】というフレーズに代表されます。また、転調後も登場します。ちなみに、歌メロの転調は【煌めきを探せよ】という常田さんのフレーズ部分で行われます。
 この辺りの音階は、高音域が出やすい歌が得意な人は比較的克服可能なキーでありますが、一般的には高めです。よって、一つの選択肢としてキーを下げることも考えてください。例えば、原曲キーから2~3程度下げると最高音がmid2G辺りに設定され、歌いやすくなります。

 『Teenager Forever』は音域はやや広めですが、キーの調整は可能です。ツインボーカルのKing Gnuはこの辺りの融通が利きにくい楽曲も多いのですが、今回は大丈夫です。
 ただ、それでも音域自体はやや広めですので、普段歌い慣れていない人が歌いやすいキーに合わせて歌唱できるほどの融通は利きません。キーを下げるにしてもある程度歌い慣れていることが前提になると思います。その点については留意しておいてください。歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジすると良いです。

 私なりの認識ですが、『Teenager Forever』はKing Gnu作品の中では比較的歌いやすい部類に当たると思います(原キーで歌唱する場合は、ある程度難しめです)。アップテンポでカラオケなどでも歌いやすいと思いますので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。個人的にはお奨めのKing Gnu作品です。

『I LOVE...』(Official髭男dism)の音域/『恋はつづくよどこまでも』主題歌

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『I LOVE...』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。

 なお、今回の『I LOVE...』はCDシングルでのリリースが2020年2月12日ということもあり、現状カラオケなどでは配信されていないようです。その点については留意しておいてください。


『I LOVE...』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid1E(E3)  

m1E[君が]入ってから 変わり果m2F#[て]たF#[世]界は
★m2F#[I] Love なんて 言いかけてはm1E[やめ]


【地声最高音】hiD(D5)  ※ラストサビ前で1回

hiA[み]hiB[と]hiC[め]hiD[合]C[えた]B{なら]

※ここ以外ではhiC#が多く登場します。【補足】参照。

【裏声最高音】hiC#(C#5) ※サビと2番

★こhiB[ん]hiC#裏[な]に鮮B[や]C#[か]なしきB[さ]hiC#[いに]
★うm2G#[つ]hiA[く]hiB[し]hiC#裏[す]ぎて(2番)




【補足】mid2G#(一部略)hiC#の注意箇所

★いm2G#[つ]も卒なくこなした日々の真ん中
★高まるhiB[愛]hiA[の][か] 変わる心A[情]m2G#[の]

★燦然と輝くm2G#[すが]hiA#[たは]
★絵の具hiB裏[み]hiA[た]いな イhiC#地[レ]hiB[ギュラー]
hiA[独]m2G#[り]A[じゃ]hiB[な][に][とつ]気付けなA[かっ]G#[た]だろう
★普通の事だhiA[と] とぼける君に言いかけhiA{た] 
m2G#[I] hiA[Love] そのG#[つ]A[づきを 贈]G#[ら]A[せて]

hiC裏[目]hiB[が]hiA[く]B[ら]んでしA[まう]
★I Love m2G#[Your] hiA[Love]hiB[ど]A[いて]

★喜びhiA[も]悲しみ[も]句読点hiC#地[の]hiB[な]A[い]B[もい]A[も]
★完m2G#[全]hiA[に]分かちA[合]うより 
hiA[曖]hiB[昧]hiC#地[に]悩みA[な]がらG#[も]

hiA[重]m2G#[な]A[る愛]G#[の]

『I LOVE...』(Official髭男dism)









 まず、『I LOVE...』についてです。この楽曲は、2020年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたシングル作品です。現在(2020年1月17日)は配信のみのリリースですが、2月12日にCDシングルのリリースが予定されています。『I LOVE...』は、円城寺マキさんの漫画原作によるTVドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌として書き下ろされた作品です。
 
 『I LOVE...』はヒゲダンらしい爽やかなラブソングです。インディーズ時代のポップなヒゲダンの要素と、ファンクなどの要素を強めた近作とが融合されたような作品です。個人的には、1980年代に隆盛したシティポップのようなニュアンスも感じます。シティポップは最近の一つの流行にもなっています。
 歌メロディーに関しては、AメロBメロサビをベースにしてあるのですが、やや複雑であり、構造が少し分かりにくいかもしれません。カラオケなどではしっかり歌詞とメロディーを覚えておく必要があると思います。

 『I LOVE...』の音域的な特徴についてです。男性にとっては非常に高い音域で歌唱されています。恐らく、ほとんどの男性はキーを下げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。



 さて、『I LOVE...』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べて、非常に高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDについてはラストのサビ直前に1回だけ登場します【hiA[み]hiB[と]hiC[め]hiD[合]C[えた]B{なら]】。楽曲の見どころの一つでもあります。また、要所要所でhiC#という音階が登場します。【イhiC#地[レ]hiB[ギュラー]】というフレーズが印象的です。楽曲の美味しい部分で高いキーが登場する形です。

 これらは一般的な男性に比べて、キーが非常に高いです。よって、キーを下げるのがオーソドックスな方法になるのではないかと思います。原曲キーから5つ程度下げると、楽曲全体で多く登場するhiC#がmid2G#辺りに設定されます。この辺りが一つの目安になるのではないかと思います。

 『I LOVE...』は音域が広いですが、低音部分に少し余裕があります。よって、ある程度キーを調整することは可能です。ある程度歌い慣れた人であれば、キーを調整してチャレンジすることも可能なのではないかと思います。
 一方で、普段歌い慣れていない人が練習できるほどの余地はあまりありません。楽曲の難易度も高いですので、普段歌い慣れていない人は別の曲で歌い慣れた上でチャレンジしてください。

 『I LOVE...』は音域的には女性の声域に近いです。例えば、『I LOVE...』は、以前当ブログで取り上げたあいみょんさんの空の青さを知る人よ(地声最低音mid1E~地声最高音hiD)と音域的には一致します(男性の曲と女性の曲が同じ音域の場合、大体女性の曲の方が難しいです)。よって、女性の方が原曲に近いキーで歌唱しやすいかもしれません。音域的には広いですが、歌詞内容的にも性差を問わないものであると思いますので、女性にもお奨めしたい楽曲です。ただし、キーの高さなどを考えると、やはり歌い慣れておく必要があると思います。

『Light & Shadow』(XIIX)の音域/ユニゾン斉藤宏介の新バンド

 こんにちは。今回はXIIX(テントゥエンティ)の『Light & Shadow』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。また、今回初めて2020年リリースの曲を取り上げます。


『Light & Shadow』(XIIX)


【地声最低音】lowG(G2)  

lowG[微]かな光もlowG[微]かな時も lowG[そ]の裏表に委ね
lowG[そ]の裏表にm2G[ゆ]だね

【地声最高音】hiC(C5)  

★このhiC地[ま]hiA#[ま]m2G[を]m2G#[お]G[よ]いで
★それhiC[で]hiA#[も]hiD#裏[い]hiD[っ]A#地[しゅ]G#[ん]G[の]


【裏声最高音】hiF(F5) ※楽曲全体で3か所

★誰一人教m2G[え]m2G#[く]G[れ]hiC裏[な]hiA#[い]hiF[か]hiD#[ら]




【補足】mid2GhiD#辺りの注意箇所

★青と赤に 飛びm2F[交う]鳥の群れ
m2G[だ]m2G#[れ]G[の  ゆ]G#[く]hiA#[さ]きも 愛すべき結末G#[も]G[ぉ]

★まm2G[ば]m2G#[た]G[き]の後に
★気m2G[付]m2G#[か]hiA#[ず]におやすみ

★おhiD#裏[や]hiD[ゆ]hiC[び]hiA#[で]
★はhiA#地[じ]m2G#[か]m2G[れ]た物語A#[な]G#[ら]G[ば]
★高くまで舞い上m2G#[が]m2G[る]のさ 

『Light & Shadow』(XIIX)









 まず、XIIX(テントゥエンティ)について説明します。XIIXはUNISON SQUARE GARDENのギター&ボーカルの斉藤宏介さんとベーシストの須藤優さんにより結成されたバンドであります。UNISON SQUARE GARDENはこれまで当ブログで4曲取り上げてまいりました。一方、須藤優さんはARDBECK(アードベック)のベース&ボーカルとして活躍しいます。また、ベーシストとして多くのミュージシャンを支えております。ARDBECKは米津玄師さんのサポートバンドとしても非常に有名であります。

 さて、『Light & Shadow』についてです。この楽曲は、2020年1月22日にリリース予定のXIIXのアルバム『White White』に収録されているナンバーであります。アルバムの発売に先立ち、元旦にMVが公開されました。
 『Light & Shadow』はエレクトロなイントロなどひんやりとした空気感を持ったバンド曲です。ざっくりした言い方かもしれませんが、今っぽい曲だと私は感じました。UNISON SQUARE GARDENの生き生きとしたバンド曲とはかなり世界観が異なります。カラオケやライブなどで盛り上がる類の楽曲では無いですが、とてもよい曲です。米津玄師さんの『orion』などが好きな方は合いやすいかもしれません。
 ギタリストとベーシストによるバンドということもあり、とりわけその2つの楽器のアレンジも非常に耳に残りました。ベースギターのソロパートなどもありますが、ギターソロのような趣があり、非常に面白いです。
 
 『Light & Shadow』の音域的な特徴についてです。上図にあるように非常に音域が広く、低音部についてはlowGがハッキリと登場します。通常このlow近辺のキーは瞬間的に登場することが多く、カットしたり曖昧であってもニュアンスが崩れることは少ないです。ただ今回はそれらとは異なり、かなりしっかりとした形で登場します。この辺についての私なりの対策は後述しますが、ニュアンスはかなり変わってしましますので、その辺りは配慮いただければと思います。



 さて、『Light & Shadow』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高く、広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowGについてです。先にも述べましたように、この辺りの音階は少し曖昧になってもほとんど目立ちません。これまで当ブログもそうした説明をすることが多かったと思います。ただ、今回の『Light & Shadow』はかなり明確な形で登場します。余談ですが、当ブログでは以前に、BUMP OF CHICKENの『angel fall』という曲を取り上げました(動画はありません)。その曲も非常に際低音部分が低いです。

 『Light & Shadow』の最低音部分については別の音に置き換えるのも選択肢だと思います。ただ、私なりに今回は納得できそうな音が見つからりませんでした。その他の方法としては、1オクターブ上を歌唱して、lowGを避けるというのもあり得ると思います。裏声なども交える必要がありますが、今回の楽曲で高音域が歌いこなせるのであれば、選択肢としてあり得ます。例えば、声の高い男性や、女性がこの楽曲を歌唱する際などは選択肢として考えてみても良いと思います。

 さて、地声最高音hiCについてですが、楽曲の終盤に登場します。この場面は斉藤さんはしっかり地声で発声されています。ただ、ゆったりとした楽曲で、メロディーもひんやりしていますので、場合によっては裏声でも良いと思います。楽曲全体を通して言えば、hiA#くらいの音が地声で発声できると余裕を持った歌唱が出来るのではないかと思います。

 『Light & Shadow』は音域がかなり広く、キーの調整などは行いにくいです。普段歌い慣れていない人向けの曲ではありません。歌い慣れていない人は別の曲でしっかり練習した上でチャレンジするのが吉だと思います。

 一方で、しっかり歌い慣れ、高音域(hiA#辺り)が出る方であれば楽しめる楽曲なのではないかと思います。その点で、ハードルは高い楽曲ですが、個人的にはオシャレで非常に好きな楽曲です。