J-POPの音域を調べる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『アゲハ蝶』(ポルノグラフィティ)の音域

 こんにちは。今回はポルノグラフィティの『アゲハ蝶』(2001)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、同曲は公式チャンネルではライブ版が公開されております。よって、ライブ版の動画を添付いたします。


『アゲハ蝶』(ポルノグラフィティ),Agehachou(Porno Graffitti)

『アゲハ蝶』(ポルノグラフィティ)










【地声最低音】mid1G(G3)  

★いつになれば終えるm1G[の]m2F[かと]m2E[ぉ](Aメロ)
★終わらせることはできm1G[る]G[ど]


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※ラストサビで登場

★ちm2G#[かづ]m2F[ことは]m2F#[で]F[き]ないF[オ]アシス
★できたら愛してくm2G#[だ]さい
★ぼm2G#[くの]m2F[では]m2F#[ね]F[を][め]ておくれ

※同曲はラストサビで転調します。通常サビではmid2Gが最高音


【補足】mid2Emid2F#辺りの注意箇所

★旅人m2E[に尋ね]m2F[て][み]た どこまで行くE[の]かと(Aメロ)
m2E{そう]…じゃあ お気をつけm2F[て]E[と ](Bメロ)
m2E[見]m2F[送ったの]E[は]ずっと[ま]F[え]E[で]
★かm2F[れが僕自]身だと気付いたのは 今更になってだっm2E[た]

m2F[こう]やに[咲]いた[アゲハ]m2F#[ちょ]F[う](転調サビ)



 まず、『アゲハ蝶』についてです。この楽曲は、2001年にポルノグラフィティによりリリースされたシングル作品です。アルバム『雲をも摑む民』を始め、ベストアルバムなどにも収録されております。同曲は、資生堂のCMソングとしてタイアップが付き、メンバーも出演しているそうです。

 『アゲハ蝶』はラテン調のバンドナンバーです。作詞をギターのハルイチさん、作編曲を本間昭光さん(ak.homma)が行っております。同曲は、ラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。カラオケなどでは注意したいところです。

 同曲の音域的な特徴についてです。上図では全ては記述していませんが、楽曲全体を通してmid2E~mid2G#辺りが登場し続けます。よって原曲キーの場合は、中高音域を1曲丸々歌い切る持久力が必要になります。音域自体は広くないので、キーの調整は行いやすいです。一般的な男性の音域の範囲内ですが、多くの男性はキーを下げた方が歌唱しやすいのではないかと思います。



 最後に、『アゲハ蝶』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】mid2G#(G#4) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内か、少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はラストのサビで登場します。同曲はラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。よって、通常サビではmid2Gが最高音になります。先にも述べましたが、この楽曲は楽曲全体で中高音域が断続的に登場するため、最高音がmid2Gであってもかなりしんどいです。一般的な男性の場合は、キーを少し下げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。

 『アゲハ蝶』は音域自体は広くないため、キーの調整は行いやすいです。普段歌い慣れていない人が、自分の歌いやすいキーに合わせて練習することにも、ある程度向いているのではないかと考えております。個人的にはお奨めしたいです。
 一方で、楽曲のテンポや歌メロディーが少し独特であり、テンポも速めですので、メロディーや歌詞をしっかり覚えておく必要があります。その点は留意しておいてください。

 同曲は、以前にKing Gnuのボーカル井口理さんがラジオで歌唱しておりました。また、キー調整がしやすいということもあり、今回取り上げました。カラオケなどでも歌いやすいと思いますので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

『お勉強しといてよ』(ずっと真夜中でいいのに。)の音域

 こんにちは。今回はずっと真夜中でいいのに。の『お勉強しといてよ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『お勉強しといてよ』(ずっと真夜中でいいのに。)、Obenkyou Shitoiteyo(Zutto Mayonaka de Iinoni.)

『お勉強しといてよ』(ずっと真夜中でいいのに。)










【地声最低音】mid1G(G3)  

m1G[相]変わらず  乾かないや

※落としても目立ちません。ここを除くと、mid2A#です


【地声最高音】hiF(F5)  ※ラストサビ

hiC[お互]hiD#[いに]hiF[とっ]D#[て]C[も 素][な]C[と]D#[な]F[の?]
★集めhihiA#[ちゃっ]hiG[た]hiF地[感]hiD#[情参考]hiF地[書]D#[です。]


【裏声最高音】hihiA#(A#5) 

★ hiD#[変]hihiA#裏[わっ]hiG[てゆく]hiF[な]D#[ら]

※ラストサビで2回登場します


【補足】hiC(一部略)hiG辺りの注意箇所

★質hiC[の]hiD#[い]い病み感情が 溢れたhiA#[時]の(Aメロ冒頭)

hiC[ファンキーな]hiD#裏[直感]hiD[で] (サビ)
★今日のうhiG裏[た]hiF[だっ]hiD#[て] hiD[変]D#地[わっ]D[てゆく]hiC[な]
hiC[そん]hiA#[な]理由で 飛び込んでみA#[たい]C[け]A#[ど]

★それhiC[す]C[も] hiC[しょうが]hiD#[ないってお]hiF[もえ]D#[る]C[ほ]ど(Cメロ)

※今回は、いつもより抽出するフレーズを少なくしてみました



 まず、『お勉強しといてよ』についてです。この楽曲は、2020年に音楽ユニットずっと真夜中でいいのに。によりリリースされた作品です。2020年8月にリリース予定のミニアルバム『朗らかな皮膚とて不服』に収録される見込みです。

 
 『お勉強しといてよ』の歌メロの特徴的な点はキーの高さです。ラストのサビでは、裏声の最高音がhihiA#に達します。私自身は"ずとまよ"の楽曲を全て調査したわけではありませんが、ずとまよ作品の中でも歌メロのキーが特に高い作品の1つではないかと思います(ちなみに地声では『脳裏上のクラッカー』[最高音hiG#]辺りが非常に高いです)。
 同曲は、音域自体も広めであります。キーを下げる余地はありますが、基本的に高音域が得意な人向けの作品であり、歌い慣れておく必要があります。歌い慣れていない人は、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います(難易度はかなり高いです)。

 サウンド面については、とりわけベースギターが非常に心地よいです。編曲は、ずとまよではお馴染みの100回嘔吐さんに加え、矢野達也さん、ZTMYさんによりなされております。



 最後に『お勉強しといてよ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hiF(F5)、【裏声最高音】hihiA#(A#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiFはラストのサビで登場します。通常のサビではhiD#が最高音です。通常サビの辺りはともかく、ラストのサビ辺りになると、地声で発声するのは非常に難しいと思います。一般的にはキーを下げた方が歌唱しやすいのではないかと思います。
 一方、同曲では裏声が多用されております。器用に裏声が出せる方は、地声hiF辺りは裏声気味に歌唱しても良いかもしれません。ただ、その際は一般的なイメージの「息漏れの多い裏声」ではなく、「地声のニュアンスが乗った息漏れの少ない裏声」を使った方が良いです。

 さて、同曲は、裏声の最高音としてhihiA#という音階が2回登場します。この辺りは、女性の裏声音域としてもかなり高めであり、ポップスでは通常はフェイクなど歌詞の無い部分で使われます。
 hihiA辺りの音階を歌いこなすのは大変ですが、【Uh~】【Ah~】などから少しずつ練習してみても良いのではないかと思います。hihiAではなく、少し低めの音階から練習してみてみるのも良いです。

 今回のhihiA#より半音低いのですが、英国人ソプラノ歌手のサラ・ブライトマン(Sarah Brightman)の代表曲『Time To Say Goodbye』ではhihiAがラストにロングトーンなどで登場します。興味を持たれた方は視聴してみてください。

サラ・ブライトマンの『Time To Say Goodbye』(hihiAは3:18辺りから)


『風たちの声』(RADWIMPS)の音域 / アニメ映画『天気の子』挿入歌

こんにちは。今回はRADWIMPSの『風たちの声』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、左斜め前後ろさんのギターカバー動画を添付いたします。


『風たちの声』(RADWIMPS)、Kazetachi no Koe

『風たちの声』(RADWIMPS)










【地声最低音】mid1D(D3)  

m1D[気]がしたんだ D[本]気でしたんだ(Aメロ)


【地声最高音】mid2G(G4)  

m2E[笑われない]m2G[く]E[ら] いの愛で (サビ)

★ m2E[「仕方ない」のない]m2G[み]m2F#[ら]E[いと](Cメロ)
m2G[ぼ]m2F#く]m2E[ら]の 持て余したこF#[の]m2E[い]E[を]


【裏声最高音】hiB(B4) ※Cメロで登場

★鍵hiB-hiA裏[の]ない[ド]ア]だらけのこm2E[こ]ろで(Cメロ)
★まだhiB-hiA裏[ぼ][ら]にゃ[や]る]ことがm2E[ある]から


【補足】mid2E(一部略)mid2F#辺りの注意箇所

★はじめm2E[から]m2F[よ]m2E[う]などない(サビ)
★「さよなら」のないm2F#[ハ]m2E[ロ]ーと(Cメロ)



 まず、『風たちの声』についてです。この楽曲は、2019年にRADWIMPSによりリリースされたサウンドトラックアルバム『天気の子』に収録されております。同曲は、新海誠監督のアニメ映画『天気の子』のために書き下ろされた作品で、作中の挿入歌として使用されております。
 『風たちの声』は映画向けに編集された【Movie edit】と、フルバージョンの2種類があります。ただ、今回の調査では、2つの違いに関しては、そこまで影響はありません。

 『風たちの声』はアップテンポの軽快なポップナンバーです。この手のRADWIMPSの作品では珍しくアコースティックギターも使われております。歌メロはAメロBメロサビという分かりやすい形で作られております。私なりのイメージですが、「『天気の子』で使用されている楽曲の中で、この曲が一番好き」という人は結構多いのではないかと考えております。




 最後に『風たちの声』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Gについては、サビやCメロで登場します。回数としては多い方だと思います。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内です。ただ、人によっては高い声が出にくいという方もいると思いますので、場合によってはキーを少し下げてもよいです。歌い慣れていない人も同様です。
 mid2F~mid2G辺りが一般的な男性の最高音になりますが、この辺りは歌い慣れていない人の場合はスムーズな発声が損なわれやすいです。

 『風たちの声』は地声音域自体は、滅茶苦茶広いわけではなく、低音部分に余裕があります。よって、キーの調整などはある程度は可能です。ある程度歌い慣れた人であれば、原曲キーもしくはキー調整を行えば、歌うことができるのではないかと思います。
 反面、普段歌い慣れていない人の場合、キー調整しても少しスムーズに行かない点が出てくるかもしれません。その点は留意しておいてください。同曲は、裏声で歌唱する部分があり、歌い慣れていない人にとってはそこも少し難しい部分になります。

 『風たちの声』は難易度自体は「難曲」というわけではないと思います。歌い慣れていない人には少し難しい部分もありますが、比較的努力が報われやすい作品なのではないかと私は考えております。カラオケなどでも歌いやすいですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。