J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『Night Diver』(三浦春馬)の音域

 こんにちは。今回は三浦春馬さんの『Night Diver』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Night Diver』(三浦春馬)、Night Diver(Haruma Miura)
『Night Diver』(三浦春馬)









【地声最低音】mid1C(C3)  ※Aメロで登場

★m2E[ま]ぶた閉じて映る世m1C[界] 

※女性が歌唱する場合は、mid1G辺りに置き換えても良いです


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで登場

hiA地[My] m2G[heart] beats faster(サビ)


【裏声最高音】hiC(C5) ※サビとCメロ

m2G[渦を巻]いてずっとhiC[ルー]G[プ ルー]プ (サビ)
★多hiA裏[分]何も変わhiC裏[ら]hiB[な]A[く]て(2番Aメロ)
hiC裏[よ]hiB[る]C[に]G地[落]ぉちhiA[た]G[ぁ](Cメロ)


【補足】mid2FhiA辺りの注意点

★もうhiA裏[いっ]m2G[そ]このままでいいや(Aメロ)
★いつまでも忘れm2E[ら]m2F[れ]m2G[な]くて

★結局こんな夜過m2F[ごし]m2E[て](Bメロ)
m2E[そ]m2G[れ]E[も]嫌な感E[じ]m2F[じゃ]E[なく]

m2G[きっとだ]れも知らない言葉が今僕のなm2E[か]で(サビ)

m2G[数え]切れG[ないほ]どのG[言いわ]けを(Cメロ)
★流m2G[れた]なみG[だは] 

 歌手としての三浦春馬さんについて少し説明します。俳優として活躍する三浦春馬さんは2019年にドラマの主題歌にもなった『Fight for your heart』で歌手デビューします。その後、2020年に今回取り上げる『Night Diver』のリリースが予定されていましたが、7月に30歳という若さで夭折(ようせつ)されました。2曲とも楽曲の質が非常に高く、歌手としても今後が期待されておりました。
 歌手としての三浦さんについてですが、表現が多様であり、音域も、楽曲によってはかなりキーが高めです。今回取り上げる『Night Diver』については、比較的手を付けやすい方だと思います。
___

 『Night Diver』(ナイトダイバー)についてです。この楽曲は、2020年に俳優としても活躍されていた三浦春馬さんによりリリースされた楽曲です。2020年8月末にシングル化が予定されております。先月に三浦さんが急逝されたこともあり、楽曲に注目が集まり、再生回数は現在2000万回を超えております。

 『Night Diver』は夏に合いそうなEDMナンバーであります。全体としてひんやりとしたサウンドアレンジになっており、非常に心地よいです。作詞・作曲・プロデュースを辻村有記さんが担当されております。辻村さんはロックバンドHaKU(2016年解散)としても活躍されておりました。
 歌メロについては、AメロBメロサビという形ではありますが、それぞれのパートに特色があり、三浦春馬さんの表現が豊かです。演奏時間が3分半程度の作品ですが、それを感じさせない程、展開が濃密です。
  


 さて、『Night Diver』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビで登場します。サビの終わりの目立つ部分です。この辺りは男性の声域としては少し高めです。場合によっては、キーを少し(1~2程度)下げて歌唱した方が歌いやすいかもしれません。

 『Night Diver』は音域自体が広めですが、低音部分にキーを下げる余地があます。最低音のmid1Cは登場回数が少なめでありますので、図で示すほど低音は辛くないです。地声最低音にこだわらなければ、歌い慣れた人向けの調整も可能なのではないかと私は分析しております。
 ただ、裏声が多用されており、楽曲もテンポが取りにくい部分があるなど、歌い慣れていない人には難しい部分もあります。その点は留意しておいてください。逆にある程度歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすいです。
 
 『Night Diver』は個人的には非常に耳に残る作品でした。パートごとに特色があり、非常に心地よいです。興味を持たれた方は、視聴し、カラオケなどでチャレンジしてみてください。

 ※余談になりますが、三浦春馬さんのデビュー曲『Fight for your heart』は音域が地声最低音mid1F#~地声最高音hiC#と非常に高いです。歌唱される方は注意してください

『SPARK-AGAIN』(Aimer)の音域 / アニメ『炎炎ノ消防隊』のOP曲

こんにちは。今回はAimerさんの『SPARK-AGAIN』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVがフル公開されておりません。代わりの動画として、Kerlosさんのドラムカバー動画を添付します。ご了承ください。


『SPARK-AGAIN』(Aimer)
『SPARK-AGAIN』(Aimer)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※Bメロで登場

m1F#[ど]うかしてる」って言うけど(Bメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで頻出

hiB[火花散っ]hiC#[て] B[火蓋切っ]C#[て] (サビ)


【補足】mid2G#hiB辺りの注意点

★踏み出すようhiA[に]なれたら(Aメロ)
★疑うものなんて何m2G#[も][く]hiA[なる]G#[から](Bメロ)

hiA[白か]黒の灰に変えるhiB[ま]A[で](サビ)
m2G#~hiA[と[び][り]のク[ラ]ウン] なら
hiA[は]いも焦がすよな A[あ]いをみせるから

★無m2G#[く]hiA[してき][た]A[も][の]なら数しれず(Cメロ)


 まず、『SPARK-AGAIN』(スパークアゲイン)についてです。この楽曲は、2020年に女性歌手のAimer(エメ)さんによりリリースされたシングル作品です。現在は、配信のみのリリースですが、2020年9月にフィジカルでのリリースが予定されております。
 『SPARK-AGAIN』は大久保篤さんの同名漫画を原作としたアニメ『炎炎ノ消防隊』のオープニング曲としてタイアップが付きました。アニメを視聴している方にはお馴染みだと思います。

 さて、『SPARK-AGAIN』についてですが、疾走感の溢れるロックナンバーとなっております。作詞はAimerさん、作曲は飛内将大さん、編曲は、飛内将大さんと玉井健二さんの共同で行われております。アニメのオープニング曲ということもあり、AメロBメロサビと楽曲が盛り上がっていきます。
 



 さて、『SPARK-AGAIN』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。大よそ、一般的な女性の音域の範囲内(もしくはやや高い)であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiC#はサビで多く登場します。【hiB[火花散っ]hiC#[て] B[火蓋切っ]C#[て] 】の場面です。一般的な女性の音域の範囲内でありますが、人によっては発声し辛くなる辺りでもあります。場合によっては、少しキーを下げても良いと思います。『SPARK-AGAIN』は低音部分もやや低めなので原曲キーから1~2程度を目安にすると良いと思います。

 『SPARK-AGAIN』は音域自体はやや広めであり、キー調整の余地が少ないです。先にも述べましたように、1~2程度動かす程度のキー調整が目安となります。ただ、これだけの調整で比較的歌いやすくなるのではないかと思います。
 キーを調整しても歌いにくい場合は、別の易しめの曲と並行して練習すると良いです。

 『SPARK-AGAIN』はAimerさんのボーカルが特徴的であり、その点はニュアンスを表現しにくい部分であります。一方で、音域自体は歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすいです。アニメの主題歌ということもあり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。



 

『In the morning』(Mrs. GREEN APPLE)の音域

 こんにちは。今回はMrs. GREEN APPLEの『In the morning』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『In the morning』(Mrs. GREEN APPLE)
『In the morning』(Mrs. GREEN APPLE)









【地声最低音】mid1D(D3)  ※2番Aメロで1回

★晴れていることがm1D[ぁ]ほとんどだ


【地声最高音】hiC(C5)  ※ラストの転調(+1)サビで登場

★頑張ってつhiC地[く]hiA#[り]m2G#[続]けてみよう(ラスサビ)
hiA#[わ][え]hiC地[る]A#[あ][さ]hiD[ぁ]hiD#[を]

※転調前の通常サビではhiBが最高音


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※ラストのサビ

hiA#[こ]hiD[ん]hiD#[な]A#[と]m2G#[こ]ろで(ラスサビ)
hiA#[わ][え]hiC地[る]A#[あ][さ]hiD[ぁ]hiD#[を]

※転調前の通常サビではhiDが最高音


【補足】mid2GhiC#辺りの注意点

★m2F#[あ]さF#[をむ]かえに行こう(イントロ)
★ hiA[きょ]うを生A[き]てゆこう
hiA[そ]m2F#[ん]なやF#[つ]らとは離れなよ(Aメロ)
hiA[持っている]m2G[ぅだ]G[の]A[愛]なら(Bメロ)

★ひどく深m2G#[い]m2F#[よ]るなら(Cメロ)
★ "hiB裏[キ]m2F#[ミ]''だけを見ていたい
★ただくhiB地[ら]い くhiC#裏[ら]hiB[あ]m2G#地[あ]あい

hiA[でも]ぉぉぉ hiA#[で]m2G[も]ぉぉぉ(転調[+1]サビ)
★むm2G#[か]m2G[え]に行G#[こ]G[う]

 まず、『In the morning』についてです。この楽曲は、2016年にロックバンドMrs. GREEN APPLEによりリリースされたシングル作品です。その後、リリースされたアルバム『Mrs. GREEN APPLE』をはじめ、ベストアルバムにも収録されております。
 
 『In the morning』はアップテンポのバンドナンバーで、イントロから歌メロが入ります。また、同曲はラストのサビで転調が行われ、歌メロのキーも1つ上がります。カラオケなどで歌う際は注意したいところです。



 さて、『In the morning』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Dは2番のAメロのみで登場します。ここ以外ではmid1F#が低音になりますのが、こちらの方が登場回数としては多いです。mid1Dが辛い方(女性など)は、そこまで意識しなくても良いかもしれません。

 一方、地声最高音hiCについてはラストのサビで登場します。同曲は、ラストのサビで転調しますので、通常のサビではhiBが最高音になります。この辺りは、男性の音域としては高めになります。よって、一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいです。一つの目安ですが、原曲キーから3~4つ程度下げると良いと思います(個人差はあります)。

 『In the morning』は音域が広めの楽曲ですが、低音部分に余裕があり、キーを下げることが可能であります。ただ、歌い慣れていない人向けにキー調整するのは難しいと思いますので、ある程度歌い慣れた人向けの作品だといえます。
 
 『In the morning』は難易度としては高めの作品ですが、カラオケなどでも盛り上がりやすい作品なのではないかと思います。

管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー