J-POPの音域を調べ、カラオケ等に役立てる

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『黄色い車』(Official髭男dism)の音域と感想

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『黄色い車』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、『黄色い車』はアーティストおよびレコード会社の公式チャンネルなどでMVや音源が公開されておりません。故に、当ブログにおいても動画の添付はございません。ご了承ください。


『黄色い車』(Official髭男dism)、Kiiroi Kuruma


【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[た]m2F[びだちのお]m2G[と]が(Bメロ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※2番サビ終了後のララララ以降は頻出

★つhiA#[らく]hiA[て]m2G[もラ]m2F[ラ][ラ][~][う]hiA#[たっ]G[て](ラスト)
m2G[ど]m2F[う]{か][い][つ]hiA#[までも]hiA[げ]G[ん]A[き]hiA#[で]


【補足】

★このm2F#[人]生でもう[何]度口にしたのだろう(Aメロ)
★窓から見える大山m2F#裏[も] 
★バhiA[ラー]m2G#[ドみ]hiA[た]m2F#[いにせ][つ][な]くて(Bメロ)
★こm2F#[まっ]てしまうよ

★楽しい事m2#F[たくさん]hiA[あ]m2G#[る]A[よ](転調前の通常サビ)
hiA[大し]m2G#[て]m2F#[用]m2F[が]F#[な]F[く]F#[て]hiA[も]

※2番サビ終了後に転調(+1)します。よって、ララララの箇所の最高音はhiA#になります。
『黄色い車』(Official髭男dism)










 まず、『黄色い車』についてです。この楽曲は2016年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたEP作品『What's Going On?』に収録された楽曲です。LINE LIVE配信アニメ『秘密結社鷹の爪GT』の主題歌としてタイアップも付いているようです。(ウィキペディアより
 
 『黄色い車』のサウンドについてです。ミディアムテンポの明るい楽曲です。サウンドもクリーンな色合いです。個人的には、イントロのキーボードを聴いたときにビートルズの楽曲を想起しました。非常にポップで多くの人に馴染みやすい作品なのではないかと思います。

 歌メロディーについてはAメロBメロサビという形で、多くの方に馴染みやすいメロディーであると思います。以前申し上げたかもしれませんが、Official髭男dismのポップ寄りの楽曲はaikoさんの歌メロディーを想起させます。私自身の知識が乏しい故に具体例などを提示することが出来ないのですが、この『黄色い車』は特にそう感じました。特に、初期の作品で多く見られる印象です。
 ちなみに『黄色い車』は2番終了後に転調し、サビメロディーのキーが1つ上がります。この辺はカラオケや弾き語りなどをする人にとっては重要な点です。詳しくは後述します。

 『黄色い車』の歌詞についてです。故郷からの旅立ちをテーマにした楽曲です。卒業などを迎える方々にとっては特に共感できる歌詞内容なのではないかと思います。歌詞の中に「大山(だいせん)」という中国地方の最高峰(山)が登場します。ボーカルで作詞作曲を担当する藤原聡さんは鳥取県の米子出身であり、米子は大山が非常に身近にある自治体でもあります。余談ですが、歌詞に出てくる「広葉樹」も西日本では特に特徴的な植生であります。

 個人的に印象深い歌詞は「エンジンのくせしてバラードみたいに切なくて困ってしまうよ」という点です。私自身も旅立ちのときに車で空港などに向かったことがあるのですが、車のエンジン音がどこか切なく寂しく感じてしまった記憶があります。逆に、実家に帰った際に家族の乗っている愛車などを目撃すると懐かしくも感じました。自動車が人々の足になっている地方では、特に共感できる場面なのではないかと思います。

 


 さて、最後に『黄色い車』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。ただ、キーが高いOfficial髭男dismの作品の中では手を付けやすい楽曲でもあります。

 まず、この『黄色い車』は2番終了後に転調し、キーが1つ上がります。転調前の1番2番のサビでは最高音がhiAになり、転調後の「ララララ」以降ではhiA#が最高音になります。hiA,hiA#辺りになると、一般的な男性でも滑らかに発声することが難しくなりますが、このhiA#あたりが最高音になる楽曲はヒゲダンの人気曲の中では珍しいです。その点において、『黄色い車』は狙い目といえる楽曲でもあります。

 ただ、それでもやはり原曲キーで歌うのは難しい側面もあります。一般的な男性の場合、キーを2つ程度下げた方が歌いやすくなるのではないかと思います。その場合、通常サビの最高音がmid2G,転調後ラストのサビはmid2G#に設定されます。また、『黄色い車』は音域自体は広い作品ではありません。よって、普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて練習したりすることにも向いていると思います。

 『黄色い車』は女性が歌っても歌いやすい楽曲だと思います。原曲キーより2つ程度上げるとmid1G~hiC辺りの音域に設定されます。この辺りを目安にして、各々調整すると良いのではないかと思います。


※ちなみに、2番終了後の「ラララ」の部分でボーカルの藤原聡さんがフェイクを行っていますが、そこでの最高音はhiD#になり、アウトロではhiFの裏声が登場します。その辺まで再現しようとすると難易度が一気に上がります。高音域が非常に得意な方以外の方はあまり気にしなくていい場面だと思います。
 
 
 
 

『からくりピエロ』(イナメトオル【40mp】)の音域と感想

 こんにちは。今回はイナメトオル【40mp】さんの『からくりピエロ』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。初音ミクバージョンについても触れますが、40mpさんのセルカバーバージョンをメインに記述していきます。


『からくりピエロ』(イナメトオル【40mp】),Karakuri Pierrot(Toru Iname【40mp】)


【地声最低音】mid1F(F3)  

m1F[そ]れは簡単で m1F[と]ても困難で


【地声最高音】hiA(A4)  

★きm2G[みにた]hiA[ど]り着けないままで


【補足】mid2Emid2Gの象徴的な箇所

★待ち合わせは2時間まm2F[え]で(Aメロ)
★信じられなくて 信じたくなm2F[く]て(Bメロ)

★回っm2E[て] 回っE[て] 回E[り]疲れて(サビ)
★悲しい僕m2F[の]m2G[ま]F[つ]ろだ


※初音ミクオリジナルの音域はm2C~hiDで、セルフカバーのキー+5です。音域自体はミクの方が少し狭いです。この点の詳細は後述します。
『からくりピエロ』(イナメトオル【40mp】)









 まず、『からくりピエロ』についてです。この楽曲は2011年に、ボカロPの40mp(よんじゅうメートルぴー)さんが公開した初音ミクの作品です。同年リリースされたアルバム『小さな自分と大きな世界』に収録されました。ボカロ作品の中でも人気の高い楽曲の一つだと思います。ニコニコ動画でもミリオンを突破するなど多くの再生回数を記録しました。YouTube公式チャンネルにおいても2019年9月現在、1900万回もの再生回数を記録しています。その後、2015年に40mpさん自身がイナメトオル名義でセルフカバーした動画が投稿され、アルバム『1.7m』にも収録されました。こちらは、約190万回もの再生回数を記録しています。





 さて、『からくりピエロ』のサウンドについてです。『恋愛裁判』とも少し被りますが、全体としてジャジーなアレンジになっています。初音ミクバージョンと比較してもそのように感じます。歌メロディーについてはマイナーキーによる美しいメロディーであり、寂しげな世界観です。私自身は当時、初音ミクの人気作は全体としてアップテンポで元気のいい作品、バンドサウンド、ややファンキーな作品などが多いと感じていました。初音ミクの声質など考えても、そうしたアレンジの方が合うのではないかと考えていたのです。その中で『からくりピエロの』ような歌メロ・アレンジの作品を知り、ボカロ曲の見方が変わったのを覚えています。

 歌メロディーについて特徴的な点をもう少し書きます。『からくりピエロ』はラストのサビで転調しています。ただ、注意してほしいのは、このキーは通常のサビと同じということです。1番のサビとラストのサビは同じキーです。
 
カラオケなどではあまり意識しないと思いますが、『からくりピエロ』は通常のサビでも転調しております。『からくりピエロ』はAメロBメロとラストサビの手前が同じGm(ミクバージョンはCm)、サビはAm(Dm)です。通常サビでの転調は、場面の転換を意図してるのではないかと私は考えています。また、Cメロからラストのサビにかけては、楽曲の盛り上がりを印象付ける意図があると思います。歌メロ自体は長いわけではないですが、上手く聴き手に印象付けることに成功しているのではないかと私は解釈しました。

 『からくりピエロ』の歌詞についてです。好きな相手にぞんざいな扱われ方をされながらも、相手のことを想い続けずにはいられない「ぼく」の姿が描かれています。相手に思いが届かないと知り、心の中では諦めを感じつつも、相手の好きなように操られる主人公の姿は切なさを誘います。そうした様を40mpさんは「道化」であることを比喩しています。
 私自身はサビの部分で繰り返される「回って 回って 回り疲れて」というフレーズが非常に印象に残ります。サビ等で同じフレーズを繰り返すというのは、リズム感もよく、聴き手に強い印象を与える効果があります。「回って 回って」というフレーズはリズム感の良さとともに、「君にたどり着けない」ということも暗に意味しており、リスナーに対して、主題がダイレクトに伝わるのではないかと感じました。




 さて、最後にセルフカバー版『からくりピエロ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3) ~【地声最高音】hiA(A4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。

 まず、地声最高音はhiAになっています。サビで1回ずつ、楽曲全体では3回登場します。一般的にはhiA辺りになると地声で歌唱するのが難しくなり始めます。その点は留意しておいてください。
 さて、この『からくりピエロ』のhiA部分についてですが、場合によっては裏声でも良いのではないかと私は考えています。理由は、メロディー自体がしっとりしており、ボーカルの声の力強さがあまり求められていないと解釈しているからです。他の部分が地声であるならば、この部分のみ裏声であってもニュアンスが大きく崩れることは無いと思います。

 『からくりピエロ』の音域は、そこまで広くなく、低音域は余裕があります。hiAなどの高音域が苦手な人はキーを下げても良いと思います。また、普段歌い慣れておらず、キーをたくさん下げて練習したいという要望にも応え得る楽曲です。個人的には練習曲に向いている作品なのではないかと考えております。

 ※余談ですが、このイナメトオルさんのセルフカバーバージョンは初音ミクのバージョンと比べて音域が少しだけ広いです。私自身、音域の調査をする中で感じていることのなのですが、同じ楽曲について、女性版と男性版で音域が異なるとき、多くの場合、男性側の低音部が広がっている印象です。この『からくりピエロ』でも本来ならばイナメトオルさんの低音部はmid2Gになるところが、mid2Fになっています。
 こうした現象は、男性と女性の声質の違いに起因しているのではないかと私は考えています。例えば、「男性の方は声が低いため、低音部を強調した方が曲が活きやすい」、「女性は声がクリアであるため低音部でも声が高めに振れやすい」、逆に「男性は低音部では特に声が籠り易く、低音側に振れやすい」といった点があるのではないかと私は推測しています。

 

『別の人の彼女になったよ』(wacci)の音域と感想

 こんにちは。今回はwacci(ワッチ)の『別の人の彼女になったよ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『別の人の彼女になったよ』(wacci),Betsu no Hito no Kanojo ni Natta yo


【地声最低音】mid1A(A3)  

★一緒にフェスでm1A[お]おはしゃぎとかは(Aメロ)


【地声最高音】mid2F#(F#4)  

m2F#[だ]m2E[か]m2E[もう]F#[え]E[な]F#{い]E[や](サビ)
★ごめんm2F#[ね] あなたも早くなってね
★別m2F#[の]m2E[ひ]m2F#[と]m2E[の]彼氏に



【補足】その他のmid2E

★怒るとこが どこにもないm1E[の](Bメロ)


『別の人の彼女になったよ』(wacci)









 まず、wacci(ワッチ)について少し説明します(Wikipediaより)。wacciは2009年に結成された5人組のバンドです。ジャンルとしては歌モノの要素が強いポップロックです。キーボードのメンバーがいるということもあり、鍵盤が活きたアレンジも多くみられます。テレビアニメ『四月は君の嘘』のテーマ曲になった『キラメキ』、『大丈夫』あたりが知名度の高い作品だと思います。今回取り上げる『別の人の彼女になったよ』も昨今知名度を上げている楽曲の一つと言えます。
 
 さて、『別の人の彼女になったよ』についてです。この楽曲は2018年に、wacciによりリリースされたアルバム『群青リフレイン』に収録されている楽曲です。アルバム曲ながら非常に注目を集め、YouTubeなどでも再生回数を伸ばしております。wacciのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年9月現在、約1000万回もの再生回数を記録しています。wacciの作品でも非常に人気の高い楽曲の一つであると言えます。

 『別の人の彼女になったよ』のサウンドについてです。wacciはシングル曲などはプロデューサーと共同のアレンジを行うことが多いですが、この楽曲についてはアルバム曲ということもありセルフプロデュースになっています。そうしたこともあってか、全体としてバンドとしての側面が強いアレンジになっています。個人的に気になった点は、アルバム曲ということもあると思いますが、冒頭のイントロ・アウトロを除くと間奏が無いという点です。
 演奏の面では、2番のAメロの途中からピアノのサウンドが存在感を強めます。この辺は歌詞ともリンクしているのかと思いますが、「私」の抱く今の彼氏への不満や、「あなた」への未練などを表現しているのかと私は解釈しました。『別の人の彼女になったよ』は個人的には歌詞が非常に良い作品だと考えてますが、そうしたものを巧く活かすアレンジだと思いました。


 『別の人の彼女になったよ』の歌詞についてです。この楽曲が大きく注目を集めた理由はメロディーの良さも含めた歌詞の世界観だと思います。同曲の1番では今の彼氏に対するポジティブな点が多く語られます。しかし、2番では一転、ややネガティブな面が語られ始め、「あなた」への未練が表現され始めます。未練のみならず、そうした自分の態度に対する後ろめたさ、過去の恋愛を断ち切りたいという願いが直球で表現されています。こうした点は、多くの人の共感を誘うのではないかと思いました。




 さて、最後に『別の人の彼女になったよ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A3) ~【地声最高音】mid2F#(F#4)でメロディーが構成されております。やや低音部が目立ちますが、一般的な男性の音域の範囲内です。

 まず、低音部分について説明します。地声最低音はmid1Aです。一方で、上述はしておりませんが、それに次ぐ音としてmid1Bもかなり多く登場します。全体として低音部はきつい印象です。高音域が得意な人は、場合によってはキーを上げるという選択肢をとっても良いと思います。
 
 次に、最高音についてです。『別の人の彼女になったよ』は地声最高音がmid2F#で決して高い音階ではありません。地声が高くない人にとっては狙い目とも言えると思います。ただ、いつも申しておりますように、mid2F#は歌い慣れていない人の場合はハードルになりえる音階です。そうした方は練習を重ねてください。

 『別の人の彼女になったよ』は音域的には男性の声域を目一杯使うような広さです。やや広めと言えます。よって、キーを下げて練習するといったことには、あまり向かないように私は考えております。高音部が苦手な人が1~2程度下げるというような使い方が目安であると思います。その点は各々試してみてください。仮にキーを下げて練習する場合は、低音部はあまり気にしない方が良いと思います。

 この『別の人の彼女になったよ』は女性目線の楽曲です。故に、女性が歌う場合のキーが気になるところです。この楽曲はやや音域が広めで、低音部が多い作品です。
 目安としては、まずキーを4つ程度下げて、1オクターブ上を歌唱してみてください。この時の音域はmid1F~hiDなります。ただ、この音階だと、人によってはキーが高いかもしれませんし、低音部が辛いという人も居ると思います。私なりの一つの提案としては、サビで裏声(ファルセット)を混ぜるという歌唱をするとよいと思います。
 普段歌い慣れていない人には、音域的にやや難易度が高いと思います。キーの調整も難しいですので、別の曲である程度歌い慣れた上で、この曲にチャレンジするのが良いと思います。

管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索