J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『日曜日のラブレター』(Official髭男dism)の音域

 こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『日曜日のラブレター』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、『日曜日のラブレター』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はありません。ご了承ください。


『日曜日のラブレター』(Official髭男dism)、Nichiyoubi no Love Letter


【地声最低音】mid1E(E3)  ※Aメロで登場

★隣でねいm2G[き]が立ってる m1E[し]ずかにそれを聞いてる 
m1E[ひ]る下がりのとても小さな幸せ


【地声最高音】hiC(C5)  ※各サビで登場

★枕の下にありったけm2G[の]hiC[あ]hiB[い]C[を](サビ)
hiC[ほ]hiB[ら] hiA[読]m2G#[ん]でみて




【補足】mid2GhiAの注意箇所

★もう少しだけ横になっm2G[て耳]を傾けたら(Aメロ)
★あhiA[お]m2G[い]インクのボールペンと(Bメロ)
★こっそり出m2G[し]て夜G[に]なる前に

★キスしhiA[て]m2G[る]みたいに手紙を書こう(サビ) 
★素直に君思hiA[う]気持ちを
★ノートのにm2G[ま]いめちぎって 恥ずかしG[が]らずに
★愛しくなるm2G[よ]G[ん]m2G#[ど]G[でも]

★こhiA[れ]くらいが丁度いいと思う(2番Aメロ)
★砕けた言葉の破m2G[片]hiA[で]傷つけぬA[よ]G[う] A[oh] G[oh](2番Bメロ)

★ぐしゃぐしゃになったけど今m2G[は](Cメロ)
m2G[来]月も来G[年]hiA[も]ずっと
m2G[なん]てことない 乗G[り]越えられhiA[そ]G[う] A[oh] G[oh]

※アウトロのフェイクが地声hiE
※表記はしてませんが、楽曲全体でmid2Fが頻出です

『日曜日のラブレター』(Official髭男dism)









 まず、『日曜日のラブレター』についてです。この楽曲は、2016年に4人組ロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『MAN IN THE MIRROR』に収録されているナンバーです。ミニアルバムの6曲目に収録されており、アルバムのラストを締めくくります。

 『日曜日のラブレター』はミディアムテンポの明るいラブソングです。ホーンセクションによるイントロが導入されており、ヒゲダンらしいです。ニュアンスとしては、同じ時期にリリースされた作品『黄色い車』に近いです。
 歌メロについても、非常にポップであり、どことなくシンガーソングライターのaikoさんの影響を感じさせられます。ヒゲダンはとりわけ初期において、非常に耳馴染みするポップな作品が多く発表されています。『日曜日のラブレター』もそうした多くの人に耳馴染みする作品なのではないかと思います。


________

 さて、『日曜日のラブレター』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiC(C5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについてですが、サビの後半で登場します。ただ、このhiC場面は、楽曲全体で一部分で、周囲の音階は高くないですので、意外と対応しやすいかもしれません。一般的にはかなり高い音階ですので、キーを下げるのも選択肢だと思います。例えば、原曲キーから3つ下げて地声最高音をhiA辺りにするとより歌いやすくなると思います(場合によってはもっと下げても良いです)。

 この楽曲は、上述しているように、mid2G、hiAといった音階が楽曲全体で多く登場します。ヒゲダン作品の中では歌いやすい部類の楽曲だと思いますが、持久力が要求される作品でもあります。

 『日曜日のラブレター』は音域が高音に寄っており、低音部分に余裕があります。よって、キーの調整はある程度可能であります。ただ、普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げると、低音部分が少し歌いにくくなります。「キー調整の融通は利きやすいが、下げ過ぎると低音が辛くなり得る」という類の楽曲です。その点は留意しておいてください。
 ただ、歌メロディーなどはポップであり、テンポも速すぎず遅すぎずであります。練習曲としては歌いやすい部類ではないかと私は考えております。

 『日曜日のラブレター』は原曲キーで歌唱する場合はやはり難易度は上がりますが、キー調整を行えば歌いやすくなると言えます。メロディーもポップであり、多くの人に馴染みやすい作品です。


『ADAMAS』(LiSA)の音域 / アニメ『テレビアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』OPテーマ

 こんにちは。今回はLiSAさんの『ADAMAS』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。LiSAさんは以前に『紅蓮華』を取り上げて以来、2回目の登場になります。

 なお、『ADAMAS』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。替わりの動画として、桿子 Drumstickさんのドラムカバー動画を添付いたします。こちらであれば、LiSAさんのボーカルが確認できます。


『ADAMAS』(LiSA)


【地声最低音】mid2A(A3)  ※Bメロ

★にやついm2A[た]ぁしhiA[に]hiB[がみ]A[呼]A[こ]えがする


【地声最高音】hiE(E5)  ※サビで頻出、Cメロで登場

hiB[そ]hiC#[れ]hiD#[ぞ]hiE[れ]D#[のひ]C#[か]B[りを]目指していく
★何度だって立hiC#[ち]hiD#[上]hiE[がっ]D#[て]C#[僕]
★さぁかhiB[が]hiE[や]hiD#[け]

hiC#[とき]hiD#[め]hiE[く]D#[ほ]C#[ど]眩しい奇跡を(2番)
hiD#[僕]hiE[た]hD#[ち]hiB[の]“core”掲げB[て](Cメロ)




【補足】hiAhiC#の注意箇所

★期待m2G#[外]れ 風向きかきまhiB[わ]G#[せ]
hiC#[加速]hiB[し]m2G#[て]いくマグマG#[の]鼓動 確かめてすG#[す]hiA[め]
★僕ははhiB[じ]hiA[ま]m2G[っ]た栄光のゴールを見たいhiB[のさ]A[ぁ]

hiC#[SHi-]hiB[-NY] SWORD MY C#[Di-]B[-A-]MOND(サビ)
★悲しみと願いの結晶体hiB[に]

★世界が待っm2G#[て]hiB[る]

★No hiB[way] to [prove], just follow [through]! (DON’T B[BLOCK MY WAY]!!)
★守りたいもの 守りhiB[抜く]hiA[だ]

『ADAMAS』(LiSA)









 まず、『ADAMAS』(アダマス)についてです。この楽曲は、2018年に女性歌手のLiSAさんによりリリースされたシングル作品です。両A面シングルの1曲であります。『ADAMAS』はテレビアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション アリシゼーション・ビギニング編』のオープニングテーマになっており、非常に人気の高い楽曲の一つです。
 ちなみに、『ADAMAS』とはギリシャ語で、「征服されない」といった意味があります。アダマントやダイヤモンドの語源になっており、ダイヤモンドは同曲のサビの歌詞としても登場します。

 『ADAMAS』は疾走感のあるロックナンバーです。作詞はLiSAさん、作曲はカヨコさん、編曲は堀江晶太さんによりなされております。作曲のカヨコさんは当ブログでも以前取り上げた『鬼滅の刃』主題歌の『紅蓮華』でも作曲を担当しております。歌メロについては、Cメロが大部分が英語詞になっており、歌い慣れていない人にとってはハードルになるかもしれません。

 『ADAMAS』の音域的な特徴についてです。一般的な女性の音域よりも高いのですが、低音部に余裕がありますので、キーを下げる余地はあります。ただ、先にも述べましたが、英語詞があり、最高音がサビで多く登場する等、キーを下げたとしてもハードルが高い部分も多いです。



 さて、最後に『ADAMAS』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEについてですが、サビを中心に頻出し、BメロやCメロでも登場します。「最高音が楽曲の中で1~2か所登場する」ような作品ではなく、「各サビで頻出」しますので、非常にしんどいです。
 この辺りは一般的な女性にとっては高い音階ですので、キーを下げて歌唱するのがオーソドックスな選択肢なのではないかと思います。目安として、原曲キーから3~4つ下げてhiC(#)辺りにするとかなり歌いやすくなるのではないかと思います。

 『ADAMAS』は高音域が高い楽曲ですが、低音部に余裕があります。よって、キーを下げる余地もあります。キーを調整する余地があるいう点では、以前取り上げた『紅蓮華』よりも融通が利きやすいといえます。ただ、普段歌い慣れていない人が歌いこなせるほど低くキーを下げることは難しいと思います。キーを下げ過ぎると逆に低音部が辛くなる可能性もあります。キーを下げても辛い場合は、別の曲で練習した上でチャレンジすることも考えてください。

 『ADAMAS』はCメロが英語詞になっており、この辺りも一つのハードルになります。しっかり歌詞を覚えておきたいところです。この楽曲はアニメのオープニング主題歌ということもあり、上手く歌えるとカラオケなどでも盛り上がりやすいと思います。

『星に願いを』(flumpool)の音域

 こんにちは。今回はflumpoolの『星に願いを』(2009)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログでは、flumpoolを取り上げるのは初めてになります。

 なお、『星に願いを』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源がフル公開されておりません。替わりの動画として、あーす[松]さんによるギターカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルの表現がフルで確認できます。


『星に願いを』(flumpool)、Hoshi ni Negai wo


【地声最低音】mid1F#(F#3)  ※Aメロで登場

★君がいない 日々の意味をいまm1F#[知っ]F#[ぇ] 


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビおよびCメロ

★失くせm2E[な]い何よhiA[り]も大事なモノ(サビ)

★ふたつm2E[で]ひとつ E[ひ]hiA[と]E[ず]つじゃない(Cメロ)
★すべてを分けhiA[合え]m2F#[る]二人だF#[け]E[ぇに] 




【補足】mid2E(一部略)mid2Gの注意箇所

★すべて何m2E[も]かも 捨てて駆け出した(Aメロ)

m2E[き]m2F#[み]E[の]生まれたまE[ち](Bメロ)
★向かいm2G[か]m2F#{ぜ]のほどm2E[う]きょうの上
★背中押す懐m2E[か]m2G[しい]m2F#{う]

★行かm2E[な]m2F#[ちゃ](サビ)
★このm2E[目][見]m2F#[え]m2G[ない]F#[か][んじょ]E[が]
★熱くm2E[す]る 満たして[ゆ]く 壊れるく[ら]m2F#[い]E[に]

★わm2E[か]m2F#{た]m2G[ん]F#[だ] しE[あ]F#[わせってさ](Cメロ)
m2F#[許さ]m2E[れ]F#[た]m2G[願]F#[ぁ]E[ぁい]

『星に願いを』(flumpool)









 まず、flumpool(フランプール)について少し説明します。fflumpoolは2007年に結成された4人組のロックバンドです。ジャンルとしてはポップロックにあたると思います。メジャー配信シングルの『花になれ』(詞曲編曲百田留衣)が大きなヒットを記録しました。その他の有名曲としては、今回取り上げる『星に願いを』、『君に届け』などが挙げられると思います。作詞をボーカルの山村隆太さん、作曲をギターの阪井一生さんが手がけることが多い印象です。
 ちなみに、バンド名flumpoolは、日本のブランドFrancfranc(フランフラン)と、英国のサッカークラブLiverpool FCを組み合わせて作った造語だそうです。


 さて、『星に願いを』についてです。この楽曲は、2009年に4人組バンドflumpoolによりリリースされたメジャーデビューシングル作品です。アルバム『What's flumpool!?』やベストアルバムに収録されました。タイアップとして、NTTコミュニケーションズ『MUSICO』CMソングに起用されました。

 『星に願いを』はアップテンポのバンド曲です。「星空の下、君に会いに行く」というラブソングですが、どこか切なさを感じさせるメロディーであります。歌メロなどはミスチルやスピッツといったバンドを想起させられる人も多いのではないかと思います。切なく美しい歌メロとバンドサウンドが上手く融合された楽曲です。

 『星に願いを』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、比較的狭い音域で歌メロディーが作られており、キーの調整などは行いやすいです。やや難しいテンポの部分もありますが、キー調整すれば歌い慣れていない人にも入りやすい楽曲です。



 さて、『星に願いを』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAは各サビで1回、Cメロで2回程度登場します。登場回数は多くないですが、ボーカルの山村さんはしっかり地声で歌唱されています。一般的な男性には少し高い音階になりますので、場合によってはキーを下げるのも選択肢です。原曲キーから1~2程度に下げると、最高音がmid2G(#)に設定されます。

 『星に願いを』は音域が少し狭めであり、キーの調整は行いやすいです。普段歌い慣れていない人がキーを大きく下げて歌唱することにも向いているといえます。ただ、Cメロなどで少し歌メロが歌いにくくなる場面があります。例えば【わm2E[か]m2F#{た]m2G[ん]F#[だ] しE[あ]F#[わせってさ]】、【ふたつm2E[で]ひとつ E[ひ]hiA[と]E[ず]つじゃない】辺りがそうです。この辺りは気を付けて、しっかりメロディーを覚えておいてください。

 『星に願いを』は音域や歌詞内容から考えて、女性が歌唱するにも向いている作品なのではないかと思います。キーについては個人差がありますが、一般的には2~3程度キーを上げた方が歌いやすいのではないかと思います。