J-POPの音域を詳しく調べる

J-POPを中心にボーカルの音域(キー)をそこそこ詳しく、細かく調べていきます。最高音や最低音以外も表記してます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『sailing day』(BUMP OF CHICKEN) の音域と感想

 こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『sailing day』(2003)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『sailing day』(BUMP OF CHICKEN) 


【地声最低音】low1G#(G#2)  

 [つ]かみ取ろうとした 愚かなドリーマー(1番Aメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  

★帆を張った 愚mid2G#[か]mid2G[な]ドリーマー(サビ)
★いのmid2F[ち懸]け 当たり[前][だ](ラストサビ直前)



【補足】その他、mid2G,mid2Fの注意点

★何度でも 泣いたってmid2F[いい]や(Bメロ)
★精一杯 運命に[抵]mid2G[抗] (サビ)
★正解・不m2F[正]mid2G[解][判][断] 自分だけに許[さ][れ][権]
★誰もが皆 そ[れぞ][のふ]ねを出す (Cメロ) 
★眩m2F[し]mid2G[さ]が とう[だ][いな]んだ

『sailing day』(BUMP OF CHICKEN)










 まず、『sailing day』についてです。この楽曲は、2003年にBUMP OF CHICKENがリリースしたシングル作品です。『ロストマン』との両A面シングルです。その後、2004年にアルバム『ユグドラシル』にも収録されました。『sailing day』はアニメ映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』のために書き下ろされた作品で、同映画の主題歌となっております。
 BUMP OF CHICKENのYouTube公式チャンネルでもMVが公開され、2019年6月現在、およそ2000万回もの再生回数を記録しています。人気の高い楽曲だと思います。

 『sailing day』のサウンドについてですが、初期のBUMP OF CHICKENらしい疾走感のあるギターロックです。個人的には2番以降のベースラインが非常に好みです。初期の名曲である『天体観測』と比較しても全体として手数が増えて、バンドメンバーのスキルが向上しているのが見て取れます。
 メロディーについてはAメロBメロサビというJ-POPらしい構成になっております。少年漫画原作のアニメ映画の主題歌ということもあり、そうした構成が親和性が高いのだと思います。

 歌詞についてですが、ワンピースの主題歌ということもあり、同漫画が連想されるような歌詞になっております。また、夢や目標に向かって頑張っている人にとっても非常に共感できる歌詞内容なのではないかと思います。
 個人的に好きだと思ったフレーズは「目を開いたその先に 見える 確かな眩しさが 空になったハートに 理由を注ぐ」という2番の歌詞です。共感的な歌詞内容でありながら、決してありふれた表現ではない作詞者の感性が見て取れます。長く残っていくミュージシャンは、よくあるテーマの作品であっても、どこかで記憶に残るような表現力を持っていると私自身は考えています。





 さて、『sailing day』の音域についてですが、【地声最低音】low1G#(G#2) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域より少し広いです。

 まず、低音部についてですが、lowG#の場面は1か所です。同様のフレーズは楽曲全体で3か所登場しますが、残りの2箇所はmid1A#です。よって、「[つ]かみ取ろうとした」の場面をmid1A#で歌ってもほとんど違和感が無いと思います。

 高音部についてですが、mid2G,mid2Fなどの音階が頻出します。これらの音階は、一般的な男性の音域なので、歌い慣れている男性であれば到達しうるキーであると思います。
 しかし、①地声最高音がmid2G#であり、②mid2G,mid2Fが頻出するといった要因から、BUMP OF CHICKENの楽曲の中では難易度は高い方だと考えてください。BUMPの楽曲はmid2G,mid2F#辺りが最高音になることが多いイメージです(人気曲の『天体観測』は地声最高音がmid2G#で、BUMPの中では少し高め)。

 個人的なイメージですが、BUMP OF CHICKENは最近の楽曲の方が歌いやすい作品が多い印象です。



『ワンダーフォーゲル』(くるり)の音域と感想

(2020/05/05)MVをフル尺で添付いたしました

 こんにちは。今回はくるりの『ワンダーフォーゲル』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。くるりは『魔法のじゅうたん』以来、2回目の登場です。



『ワンダーフォーゲル』(くるり)、Wandervogel(Quruli)

【地声最低音】mid1C#(C#3)  

[つ]まらない日々を 小さな躰に(Bメロ)


【地声最高音】mid2E(E4)  

★悩ましい僕らも 歩き続ける 歩き続け[る](Aメロ) 



【補足】サビの最高音はmid2D

★こんなにもすれ違[て] それぞれ歩いてゆく 強い向かい風吹く


『ワンダーフォーゲル』(くるり)










 まず、『ワンダーフォーゲル』についてです。この楽曲は2000年にロックバンドくるりによってリリースされたシングル曲です。2001年にアルバム『TEAM ROCK』に収録されました。ライブの定番曲であります。

 『ワンダーフォーゲル』のサウンドについてです。この楽曲は四つ打ちのビートが取り入れられております。四つ打ちはもともとディスコサウンドとして欧米で1970年代頃に始まったものです。日本では90年代の小室哲哉さんがプロデュースする楽曲の特徴の一つとしても知られています。
 00年代以降ロックバンドが四つ打ちのビートを取り入れることが当たり前になってきましたが、『ワンダーフォーゲル』はその先駆けとも言える楽曲の一つではないかと思います。それ以前もそうした楽曲は存在すると思いますが、この頃からロックバンドが四つ打ちの楽曲を制作することが増えていった印象です。アルバムの『TEAM ROCK』もディスコミュージック寄りの楽曲を包含した作品になっております。

 歌詞についてはやや抽象的ですが、「別れの歌」なのではないかと私は解釈しております。サビの部分の「ハローもグッバイも サンキューも言わなくなって こんなにもすれ違っ それぞれ歩いてゆく」というフレーズから「別れの歌」であると連想しました。
 タイトルの『ワンダーフォーゲル』とは「渡り鳥」という意味もありますが、「山などで行われる野外活動」も意味します。歌詞に「僕が何千マイルも歩いたら」とあるように、そうした「渡り鳥」と「野外活動」の2つの意味が歌詞の中で想起されるようになっています。
 歌詞の中では「僕」が「君」に対し、「 僕が息絶えた時 渡り鳥のように何食わぬ顔で飛び続けるのかい」と発しています。どことなく、「僕」に対してドライな「君」の姿が浮かんで見えます。抽象的ですが、非常に良い歌詞だと思います。




 さて、『ワンダーフォーゲル』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】mid2E(E4) でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内であると言えます。

 最高音のmid2E普段カラオケなどで歌い慣れていない人でも届きうるキーです。楽曲全体を通してもAメロで2回しか登場しませんので、最悪外してしまってもあまり目立たないと思います。そうした意味で『ワンダーフォーゲル』は普段歌い慣れていない人にもお奨めしたい楽曲の一つです。当然、ある程度歌い慣れていた方が上手く歌えますので、努力するに越したことはありません。

 また、『ワンダーフォーゲル』は歌メロディーも決して速いテンポではありません。また、四つ打ちのビートであるため、カラオケなどでも盛り上がりやすいと思います。

①高くないキー
②歌いやすいメロディー
③跳ねるリズム

という3点において、個人的にはカラオケなどでお奨めできる一曲です。知名度自体はあまり高くないので、その点においてはマイナスであるかもしれません。ただ、楽曲自体は古さを感じないと快作だと思います。メロディーの構成も(AメロBメロサビ)×2、ラストサビという分かりやすい形です。



『海の幽霊』(米津玄師)の音域と感想

(2019/06/03)地声最低音を修正しました(mid1E→mid1C#)。画像も修正済。
(2020/07/23)歌詞にミスがありましたので、修正しております。

 こんにちは。今回は米津玄師さんの『海の幽霊』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 ※米津玄師さんの音域について、当ブログではこれまでに、『アイネクライネ』『爱丽丝(アリス)』『打上花火』(DAOKO×米津玄師)『打上花火』(米津玄師ソロver.)『馬と鹿』『海の幽霊』『orion』、『かいじゅうのマーチ』『恋と病熱』『春雷』『Nighthawks』『ナンバーナイン』『灰色と青 ( + 菅田将暉)』『飛燕』、『LOSER 』『ピースサイン』、『砂の惑星』米津玄師作詞作曲『パプリカ』(Foorin)『パプリカ』(米津玄師セルフカバー)『Flamingo』『フローライト』、『メトロノーム』『マトリョシカ』を取り上げています。興味を持たれた方は参考にどうぞ。


『海の幽霊』(米津玄師)、Umi no Yuurei(Kenshi Yonezu)


【地声最低音】mid1C#(C#3)  2番のBメロのみ

★あなたがどこかで笑う声が聞こえ[る](2番Bメロ) 


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで頻出します

mid2F#[ほ]m2G#[し]hiA[が][降][る]hiB[るに](サビ)
hiA[あ][の][よ][る][を]m2G#[わ][す]mid2F#[は]しない
m2F#[な]m2G#[つ]hiA[の][日][起]きたすべて
★おhiA[もい]m2G[が]mid2F[け][ず]  光るのは(※ここだけG#F#ではない)



【裏声最高音】hiE(E5) 楽曲全体で1箇所のみ

hiB[あ]hiC#[な]D[た]hiE[に][逢][えた](ラストサビ)


【補足】その他の象徴的な箇所

★開けm2G#[は]hiA][な][た]m2F#[た](Aメロ)
★この部屋にはだm2G#[れ]もい[な]hiA[ーい]
★何から話せばhiA[い]いのか(Bメロ) 
hiB裏[あ]hiC#[な]hiD[た][に][逢][えた](通常サビ)
★ひ[か][る]裏[の][は] [う]みの幽霊
mid2G#[な]hiA裏[は]hiB[ま][で] mid2F#[ま]た会いましょう


『海の幽霊』(米津玄師) (2)


 まず、『海の幽霊』についてです。この楽曲は2019年に米津玄師さんより発表された楽曲です。漫画家・五十嵐大介さん原作のアニメーション映画『海獣の子供』のために書き下ろされた楽曲であり、同アニメ映画の主題歌になっております。
 アニメ映画の公開、楽曲のリリースに先立ち、MVが公開されました。公開から数日で、再生回数は1000万回を超えております。米津玄師さんの知名度も相まって驚異的なペースです。

 『海の幽霊』のサウンドについてです。象徴的なオーケストラのアレンジはEnsemble FOVE(アンサンブルフォーヴ)が担当しています。Ensemble FOVEはクラシックや現代音楽の演奏家から構成される新進気鋭の音楽集団です。坂東祐大さんが中心となり、取り仕切っております。フィギュアスケートをテーマにしたアニメ『ユーリ!!! on ICE』のアレンジ演奏なども担当しています。
 私自身は最初に拝聴した際、電子音楽のような音色も含まれており、「電子音楽でこんなに壮大なアレンジができるの?凄い」と感じたものでしたが、アレンジの中心は生の管弦楽であるようです。全体として、水の浮遊感、深海へと沈んでゆく埋没感が想起される非常に心地よいアレンジです。サビの直前のアレンジが非常に耳を惹きます。また、メロディーについてはBメロの部分について一部「ヨナ抜き」の箇所があります。そうしたアレンジを含め、海を演出しております。

 歌詞についてですが、全体として素晴らしいのですが、個人的には2番のAメロ、Bメロのフレーズが特に好きです。梢(こずえ)が船を見送る」、「ねじれた道を進んだら その瞼(まぶた)が開く」などが非常に耳に残りました。情景描写が頭に浮かぶフレーズだと思います。

 

 さて、『海の幽霊』の音域についてですが【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiA(A4) 、【裏声最高音】hiE(E5)でメロディーが構成されています。一般的な男性の音域よりやや高いです。

 まず、hiEなどの音階が目を引きますが、上の図(赤い丸の部分)が地声の箇所です。地声での最高音はhiAであり、滅茶苦茶に高いわけではありません。ただ、米津さんの作品群の中では全体としてかなり高い音域であると思います。

 地声に関しては、これまでの米津さんの作品ではhiAの音階が楽曲全体を通して連続して登場する作品はほとんどなかったと思います。一つのサビに対して1回程度、大サビで1~2回といった感じです。例えば、はラストのサビでhiBなどが1度登場し、『LOSER 』では各サビに1箇所ずつhiA#が登場していました。しかし、『海の幽霊』ではサビ全体を通して、地声のhiAという音階が何度も登場します。「hiA」はhiA#やhiBよりも低い音階ですが、何度も登場するという点を考えると難易度が高くなります。
 そうした点において、『海の幽霊』のサビは地声だけ見ても「これまでの米津作品の中でもしんどい」という印象です。

 まず、基本的な点としては、mid2F,mid2Gといった音階を確実に歌いこなせるようにしておくということです。『海の幽霊』でも頻出します。この辺の音階は努力すれば克服しやすいキーです。hiA部分が少し曖昧になってもmid2F,mid2G辺りが上手く歌いこなせると形になりやすいと思います。

 問題のhiAの部分は地声で出せるのが理想的ですが、声質的に難しい人もいるかもしれません。ゆえに、ニュアンスが崩れにくい箇所は裏声で歌うというのもアリだと思います。

 逆に、地声でしっかり歌いたい箇所はサビ冒頭の「mid2F#[ほ]m2G#[し]hiA[が][降][る]」のフレーズです。その他の部分は、mid2F#,mid2G#辺りが地声で歌いこなせるという前提で、裏声でも良いかもしれません。その辺は色々と試行錯誤してみると良いと思います。

 『海の幽霊』は最低音部に関しては、mid1Eで少し余裕があります。素直にキーを下げる(目安として♭2程度)というのも選択肢です
 
 女性がこの『海の幽霊』を歌う場合についてですが、一般的な女性の音域であれば、原曲よりも2~3程度上げた(♯2~3)方が歌いやすいと思います。



管理人プロフィール

もりっしー

北九州市近郊に在住するギター初心者。

「気になる歌の音域データ、感想」を述べていくブログです。

【好きなもの】音楽(特に80年代~のポストパンク、邦楽ロック)/漫画/地理/炭酸飲料

記事検索
スポンサー