こんにちは。今回はあいみょんの『ハルノヒ』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『ハルノヒ』(あいみょん)、Harunohi(Aimyon)



【地声最低音】   mid1E(E3)  
※ラスト

★小さく揺れるm1E[か]げを踏む幸せ


【地声最高音】  hiC#(C#5)  

hiA[さいて]hiC#[い][げん]のあ[いをつたえ][が]hiB[ら](Bメロ)
[大切][増や][し][て][いこう](通常サビ)

[いや] [もっ][と] [もっ][と](大サビ)
★たいせhiC#[つ]hiB[を][増やし][てい][こう](大サビ)


【裏声最高音】   hiC#(C#5)
 


★もうこhiA[ん]hiB[な][も][あ][わ]hiC#[せ]




【補足】サビのhiA,hiB箇所

★どんなみらhiA[いが][ちらをの]hiB[ぞい]てるかな
★君の強さ[と]僕の弱さ[を] [わけ合え]
[ど][な][ごい][こ]とが起きるかな?

『ハルノヒ』(あいみょん)










 まず、『ハルノヒ』についてです。この楽曲は2019年にあいみょんさんによってリリースされたシングル作品です。同曲は長編アニメ映画『クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』のために書き下ろされた楽曲で、同映画の主題歌になっております。あいみょんさん自身は、映画クレヨンしんちゃんシリーズの『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』の熱心なファンとして知られているようです。
 『ハルノヒ』はシングル発売に先立ち、YouTube公式チャンネルでもMVが公開されました。公開から2週間余りで350万回もの再生回数を記録しております。昨年のあいみょんさんのブレイクにより、注目度も非常に高くなっていると考えられます。

 『ハルノヒ』のサウンドについてです。テイストとしては人気曲である『マリーゴールド』、『君はロックを聴かない』などに近い印象です。一方で、個人的には『ハルノヒ』については小林武史さんを彷彿とさせるサウンドワークが随所に見られます。具体的には、ギターやベースなどのサウンドではなく、キーボードの使い方です。私自身は音楽の知識が乏しく明確に示すことが出来ないのですが、夕焼け感や浮遊感、キラキラ感を漂わせるサウンドです。間奏のキーボードアレンジもそうした一つです。

 『マリーゴールド』や『君はロックを聴かない』などと聴き比べてみると面白いと思います。この2曲は主要な部分がベースやギターなどのバンドサウンドで構成されます。一方、『ハルノヒ』では先にも述べたようにキーボードも重要な役割を果たしています。もしスピッツが小林武史さんにアレンジされたらこうしたサウンドワークになるのではないかと考えました。

 『ハルノヒ』歌詞についてですが、『クレヨンしんちゃん』への書き下ろしということもあり、そうした世界観とリンクするような内容だと思います。私自身も好きな作品ですので、非常にニヤニヤさせられるフレーズが見られました。タイトルの『ハルノヒ』は文字通りのニュアンスもあるでしょうが、クレヨンしんちゃんの舞台である『春日部』も連想させる作りになっていると考えます。歌詞全体として、あいみょんさんの描写力の高さが光るが内容だと感じました。






 さて、『ハルノヒ』の音域についてですが、【地声最低音】 mid1E(E3)~【地声最高音】hiC#(C#5) 、【裏声最高音】hiC#(C#5)でメロディーが構成されております。図を見ると、全体的に音域が広いように感じられますが、地声最低音は楽曲全体で1箇所ですので、低音部はそこまで辛くないと思います。

 高音部分についてです。一般的な女性の範囲内ではありますが、人によってはhiC#などが苦しいということもあり得ると思います。高音部がある程度こなせる女性は非常に楽しめると思います。個人的な印象ですが、あいみょんさんの人気曲の中では比較的歌いやすい方なのではないかと思います。

 女性の多くは、それなりに歌い慣れるとhiBぐらいの音域は器用にこなせる可能性が高いです。普段歌い慣れていない人は、一つの基準としてhiBを歌いこなすことを目指すようにしてみてください。例えば、『ハルノヒ』は歌い慣れない場合は原曲キーよりも2程度下げる(♭2)というのもアリだと思います。
 hiB辺りまで歌いこなせると『ハルノヒ』も原曲キーでかなりの部分は上手く歌えます。hiC#の箇所は裏声で対処しても良いのではないかと思います。