こんにちは。もりっしーです。いつもお世話になっております。

 今年の1月末からブログを開始し、これまで大体150曲分投稿してきました。その中で気になっていたことがあります。それは、「初期に投稿した作品の音域があまり詳しく書かれていない」ということです。そのことが気になり始め、少しずつ加筆・修正を始めました。
 
 具体例として、サカナクションの『新宝島』を使って説明します。以下、ご覧ください。

===================


《加筆前》

【地声最高音】hiA#(A#4) ※曲全体で計8回登場します

このままきhiA[みを]hiA#[連]れて行くと丁寧 丁寧 丁寧に描くと  

==============


《加筆後》

【地声最高音】hiA#(A#4) ※曲全体で計8回登場します

mid2F[このままき]hiA[みを]hiA#[連]m2F[れて行]くと丁寧 丁寧 丁寧に描くと  


【補足】mid2F,mid2Gなど中高音域の注意点

★次と mid1F[そ]mid2F[の]次と m1F[そ]m2F[の]次と mid2G[oh] 線を引き続けた


=======================


 このように、《加筆前》はhiA,hiA#のみ記載していました。最高音とそれに次ぐ音階しか記載がされていなかったわけです。そして、《加筆後》はmid2F,mid2Gなどの音階も記載するようにしました。女性ボーカルについては大体hiAかhiBあたりまで記載しています。初期の投稿作品ではまだ多くが《加筆前》のような状況にあると思います。これについて、時間はかかるかもしれませんが、少しずつ修正していこうと考えています。
 
 では、私はなぜ、このようなことを考えたのか。例えば、プロの歌手は男性であればhiA,hiBといった音階を最高音にすることもあります。女性であれば、hiD,hiEなどが最高音になることもあるかもしれません。

『新宝島』サカナクション


 しかし、図にも示してあるように、一般的な男性の最高音はmid2Gあたりが目安になります。女性だとhiC辺りです。歌いなれていない人であれば、男性はmid2F辺り、女性はhiB辺りでもスムーズな発声ができないこともしばしばです。つまり、『楽曲で使われる最高音』と『一般人のハードルになっている音階』にはギャップがあるということです。まとめると、大体こうです。

☆プロの男性ボーカルが使う最高音mid2F~hiC以上
☆一般の男性が初めにハードルとなる音階 mid2F,mid2G辺り

プロの女性ボーカルの使う最高音hiB~hiE以上
☆一般の女性が最初にハードルとなる音階hiB,hiC近辺


そういうわけで、新しい楽曲の投稿に加え、合間を見て既存の投稿曲についても少しずつ加筆を加えていきたいと思います。mid2F,mid2G(女性hiA,hiB)辺りの加筆が目安になると思います。


 一方で例外もあります。それは極端に高音域が高いミュージシャンについてです。例えば、ONE OK ROCKやB'zなどです。男性ボーカルで言えば最高音がおおよそhiD以上、女性ボーカルであればhiE以上などの場合は、mid2F,mid2G(女性hiA,hiB)の音階は記載しない予定です。そうした音階を記載することで逆にごちゃごちゃして、混乱する可能性があるからです。
 展開が複雑な楽曲についても、そうした対応を取ろうと考えています。当ブログで取り上げた楽曲で言うと、 『白日』(King Gnu)、『シュガーソングとビターステップ』(UNISON SQUARE GARDEN)辺りです。これらはmid2F,mid2G辺りが記載されていません。
 
 mid2F,mid2G(女hiA,hiB)が記載されていないミュージシャンや楽曲の場合は、①キーが非常に高い、もしくは②メロディーの構成がやや複雑であると考えてください。そうした楽曲は難易度が高いです。