こんにちは。今回はKing Gnuの『小さな惑星』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。

 なお、『小さな惑星』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、うとくんさんのドラムカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルの表現がフル尺で確認できます。


『小さな惑星』(King Gnu)、Chiisana Wakusei


【地声最低音】mid1C#(C#3)  

★決まっm1C#[た時]間に今日[も](Aメロ)
★叩きm1C#[起こ]されるん[だ]


【地声最高音】hiA#(A#4)  

★わm2G[らい]m2F#[合]G[う]m2G#[の]hiA#地[さ]

※2番サビのラストで1回だけ

【裏声最高音】hiC#(C#5) 

★街m2G#[から][か]hiC#裏[に]hiC[は]hiA#[る]G#[の]

※サビで複数回登場します



【補足】mid2Emid2G#の注意箇所

★ずっとm2E[ゆ]めを見ていたいのに(Aメロ)
★小m2E[さ]な惑星 いつもの街角の(Bメロ)

★こm2G#[おった]G#[がし]m2F[ず]かに溶け出したん[だ](サビ)
m2F[に]F[い]F#[が]G#[し]
★くm2F#[しゃ]m2F[み]をした

『小さな惑星』(King Gnu)









 まず、『小さな惑星』についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されています。『小さな惑星』はHonda「VEZEL」のCMソングとして書き下ろされました。

 『小さな惑星』はアップテンポのバンドナンバーです。個人的にはドラムなどリズム隊が非常に耳に残るナンバーでした。アルバム『CEREMONY』の楽曲は演奏時間が短いものが多いですが、この『小さな惑星』は演奏時間が2:30程度と特に短いです。ただ、演奏時間の短さを感じさせない濃密さがあります。

 『小さな惑星』の歌メロはAメロBメロサビという構成で作られており、その点で馴染みやすい部分もあると思います。ボーカルの音域は広めなのですが、今回はツインボーカルでない分、King Gnu作品の中では手を付けやすくなっていると思います。hiA#1か所を除くと、mid2G#が一番高い地声音階になりますので、その点からもお奨めといえます。



 さて、『小さな惑星』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は2番サビのラストで登場します。King Gnuらしい転調が行われる場面です。この場面は歌メロの最も美味しい部分でもありますので、地声でハッキリ発声したいところです。
 この一場面を除くと、基本的にはmid2G#が高い箇所になります。その点を考えると、King Gnu作品の中では手を付けやすい一曲とも言えます。当ブログではこの楽曲のほかに、『Vinyl』『Flash!!』辺りも歌いやすい曲と分析しております。

 地声最高音hiA#は曲全体で1か所ですが、上手く発声できない場合はキーを下げるのも選択肢です。原曲キーから2つ程度下げて、mid2G#辺りに設定すると歌いやすくなります。

 さて、『小さな惑星』は音域自体は広めですが、キーの調整はある程度であれば可能であります。ただ、キーを下げて過ぎると、低音部分がしんどくなりうるので、注意してください。普段歌い慣れていない人が歌いやすくなるまでキーを下げるのは難しいかもしれません。キーを調整しても歌いにくい場合は、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。

 『小さな惑星』はKing Gnu作品の中では比較的手を付けやすい作品だと私は考えております。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。