スポンサーリンク
カテゴリー

『小さな惑星』(King Gnu)の音域

こんにちは。今回はKing Gnuの『小さな惑星』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。

 なお、『小さな惑星』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、うとくんさんのドラムカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカルの表現がフル尺で確認できます。


『小さな惑星』(King Gnu)、Chiisana Wakusei


【地声最低音】mid1C#(C#3) 

★決まっm1C#[た時]間に今日[も](Aメロ)
★叩きm1C#[起こ]されるん[だ]


【地声最高音】hiA#(A#4)  

★わm2G[らい]m2F#[合]G[う]m2G#[の]hiA#地[さ]

※2番サビのラストで1回だけ

【裏声最高音】hiC#(C#5) 

★街m2G#[から][か]hiC#裏[に]hiC[は]hiA#[る]G#[の]

※サビで複数回登場します


【補足】mid2Emid2G#の注意箇所

★ずっとm2E[ゆ]めを見ていたいのに(Aメロ)
★小m2E[さ]な惑星 いつもの街角の(Bメロ)

★こm2G#[おった]G#[がし]m2F[ず]かに溶け出したん[だ](サビ)
m2F[に]F[い]F#[が]G#[し]
★くm2F#[しゃ]m2F[み]をした

『小さな惑星』(King Gnu)









 まず、『小さな惑星』についてです。この楽曲は、2020年に4人組ロックバンドKing Gnuによりリリースされたアルバム『CEREMONY』に収録されています。『小さな惑星』はHonda「VEZEL」のCMソングとして書き下ろされました。

 『小さな惑星』はアップテンポのバンドナンバーです。個人的にはドラムなどリズム隊が非常に耳に残るナンバーでした。アルバム『CEREMONY』の楽曲は演奏時間が短いものが多いですが、この『小さな惑星』は演奏時間が2:30程度と特に短いです。ただ、演奏時間の短さを感じさせない濃密さがあります。

 『小さな惑星』の歌メロはAメロBメロサビという構成で作られており、その点で馴染みやすい部分もあると思います。ボーカルの音域は広めなのですが、今回はツインボーカルでない分、King Gnu作品の中では手を付けやすくなっていると思います。hiA#1か所を除くと、mid2G#が一番高い地声音階になりますので、その点からもお奨めといえます。



 さて、『小さな惑星』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3) ~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#は2番サビのラストで登場します。King Gnuらしい転調が行われる場面です。この場面は歌メロの最も美味しい部分でもありますので、地声でハッキリ発声したいところです。
 この一場面を除くと、基本的にはmid2G#が高い箇所になります。その点を考えると、King Gnu作品の中では手を付けやすい一曲とも言えます。当ブログではこの楽曲のほかに、『Vinyl』『Flash!!』辺りも歌いやすい曲と分析しております。

 地声最高音hiA#は曲全体で1か所ですが、上手く発声できない場合はキーを下げるのも選択肢です。原曲キーから2つ程度下げて、mid2G#辺りに設定すると歌いやすくなります。

 さて、『小さな惑星』は音域自体は広めですが、キーの調整はある程度であれば可能であります。ただ、キーを下げて過ぎると、低音部分がしんどくなりうるので、注意してください。普段歌い慣れていない人が歌いやすくなるまでキーを下げるのは難しいかもしれません。キーを調整しても歌いにくい場合は、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。

 『小さな惑星』はKing Gnu作品の中では比較的手を付けやすい作品だと私は考えております。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぬー より:

    リクエスト答えていただいて嬉しいです!
    King Gnuの中ではそこまで高い方ではないのですね。
    自分はKing Gnu好きなのですがmid2Fくらいが限界でこの曲含めほとんどでないんです。。。

  2. もりっしー(管理人) より:

    >>1
    もし、低音域が出るのであれば、『Slumberland』とかはお奨めです。
    この曲のhiA#は瞬間的なので、擦れたりしても大丈夫です。
    常田さんのメイン曲です。
    高音域が出にくい方は、逆にlow音階が出やすいこともあります。
    http://vocal-range.com/archives/21451231.html

  3. ぬー より:

    Slumberland好きですー。でもやはりAメロなどは自分のぎりぎりの音域をずっとうろうろしていて聴き苦しくなってしまいます笑
    低音域は少し余裕がありこの小さな惑星などは4つほどキー下げて歌ってます。白日なども切り替えや裏声より地声音域がきつくて。。。
    筆者さんは地声音域広いんですかね?

  4. もりっしー(管理人) より:

    >>3
    私は図などで示されてる「一般的な男性の音域」よりは広いです
    私はぬーさんとは異なり、高い音程の方が出やすいですね。
    逆にlowなどの低音域は、敢えて低音が出やすいようなの発声をします。
    そうした発声が無ければ、mid1Cくらいまでしか出ない感じです。
    低音部分はミスチルやBUMPなどを練習してるときに出せるようになった感じです

  5. もりっしー(管理人) より:

    >>3
    最近のミュージシャンは特にキーが高いですので、大変だと感じます。
    King Gnuの井口さんは尾崎紀世彦さんやチューリップ、井上陽水さんなど
    歌謡曲のミュージシャンを好んでいたそうです。
    実は昔のミュージシャンの方が、キーが低めでmid2Fくらいでも歌える曲が多いです。
    その辺りから少しずつ高音に慣れていくのも良いかもしれません。
    ヌーは陽水さんの『飾りじゃないのよ涙は』をカバーしているのですが、
    そちらはmid2Fくらいが最高音です。

  6. ぬー より:

    >>5
    音域広いんですか羨ましいです。
    そうですよね。King GnuでなくてもOfficial髭男dismやMrs. GREEN APPLEなど高音のアーティスト多いですよね。。
    飾りじゃないのよ涙は好きなので歌ってみます!
    高音域はもとから出たんですか?
    それともボイストレーニングなどを行ったのですか?

  7. ぬー より:

    >>6
    あちなみにKing Gnuがカバーしてる飾りじゃないのよ涙はの方はキー上げてますか?

  8. もりっしー(管理人) より:

    >>7
    確認しましたが、ヌーは原曲よりキー上げてるみたいです。
    King Gnuバージョンの最高音がmid2G#で
    井上陽水バージョンがmid2Fですね。

  9. もりっしー(管理人) より:

    >>6
    私はボイトレとかは行ってません。
    最初からある程度高い声が出せた感じです。
    mid2Gくらいが安定的に出せて、
    hiAぐらいがギリギリ出せてた感じだと思います
    練習曲としてmid2E、mid2Fくらいが最高音の楽曲も
    結構歌ってました。
    逆にhiAの楽曲は、歌えない曲も多かったです。

  10. ぬー より:

    >>9
    わざわざ最高音まで調べていただいてありがとうございます!
    そうですか、羨ましいですがそれでも低めの曲で練習してたんですね。
    いつか筆者さんとカラオケなどご一緒してみたいものです笑