こんにちは。今回は三浦春馬さんの『Night Diver』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Night Diver』(三浦春馬)、Night Diver(Haruma Miura)
『Night Diver』(三浦春馬)









【地声最低音】mid1C(C3)  ※Aメロで登場

★m2E[ま]ぶた閉じて映る世m1C[界] 

※女性が歌唱する場合は、mid1G辺りに置き換えても良いです


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビで登場

hiA地[My] m2G[heart] beats faster(サビ)


【裏声最高音】hiC(C5) ※サビとCメロ

m2G[渦を巻]いてずっとhiC[ルー]G[プ ルー]プ (サビ)
★多hiA裏[分]何も変わhiC裏[ら]hiB[な]A[く]て(2番Aメロ)
hiC裏[よ]hiB[る]C[に]G地[落]ぉちhiA[た]G[ぁ](Cメロ)


【補足】mid2FhiA辺りの注意点

★もうhiA裏[いっ]m2G[そ]このままでいいや(Aメロ)
★いつまでも忘れm2E[ら]m2F[れ]m2G[な]くて

★結局こんな夜過m2F[ごし]m2E[て](Bメロ)
m2E[そ]m2G[れ]E[も]嫌な感E[じ]m2F[じゃ]E[なく]

m2G[きっとだ]れも知らない言葉が今僕のなm2E[か]で(サビ)

m2G[数え]切れG[ないほ]どのG[言いわ]けを(Cメロ)
★流m2G[れた]なみG[だは] 

 歌手としての三浦春馬さんについて少し説明します。俳優として活躍する三浦春馬さんは2019年にドラマの主題歌にもなった『Fight for your heart』で歌手デビューします。その後、2020年に今回取り上げる『Night Diver』のリリースが予定されていましたが、7月に30歳という若さで夭折(ようせつ)されました。2曲とも楽曲の質が非常に高く、歌手としても今後が期待されておりました。
 歌手としての三浦さんについてですが、表現が多様であり、音域も、楽曲によってはかなりキーが高めです。今回取り上げる『Night Diver』については、比較的手を付けやすい方だと思います。
___

 『Night Diver』(ナイトダイバー)についてです。この楽曲は、2020年に俳優としても活躍されていた三浦春馬さんによりリリースされた楽曲です。2020年8月末にシングル化が予定されております。先月に三浦さんが急逝されたこともあり、楽曲に注目が集まり、再生回数は現在2000万回を超えております。

 『Night Diver』は夏に合いそうなEDMナンバーであります。全体としてひんやりとしたサウンドアレンジになっており、非常に心地よいです。作詞・作曲・プロデュースを辻村有記さんが担当されております。辻村さんはロックバンドHaKU(2016年解散)としても活躍されておりました。
 歌メロについては、AメロBメロサビという形ではありますが、それぞれのパートに特色があり、三浦春馬さんの表現が豊かです。演奏時間が3分半程度の作品ですが、それを感じさせない程、展開が濃密です。
  


 さて、『Night Diver』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビで登場します。サビの終わりの目立つ部分です。この辺りは男性の声域としては少し高めです。場合によっては、キーを少し(1~2程度)下げて歌唱した方が歌いやすいかもしれません。

 『Night Diver』は音域自体が広めですが、低音部分にキーを下げる余地があます。最低音のmid1Cは登場回数が少なめでありますので、図で示すほど低音は辛くないです。地声最低音にこだわらなければ、歌い慣れた人向けの調整も可能なのではないかと私は分析しております。
 ただ、裏声が多用されており、楽曲もテンポが取りにくい部分があるなど、歌い慣れていない人には難しい部分もあります。その点は留意しておいてください。逆にある程度歌い慣れた人であれば、比較的手を付けやすいです。
 
 『Night Diver』は個人的には非常に耳に残る作品でした。パートごとに特色があり、非常に心地よいです。興味を持たれた方は、視聴し、カラオケなどでチャレンジしてみてください。

 ※余談になりますが、三浦春馬さんのデビュー曲『Fight for your heart』は音域が地声最低音mid1F#~地声最高音hiC#と非常に高いです。歌唱される方は注意してください