スポンサーリンク
カテゴリー

『ESCAPADE』(Official髭男dism)の音域と感想

こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『ESCAPADE』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、今回の『ESCAPADE』についてですが、ミュージシャンやレコード会社による公式のMVなどはございません。故に、当ブログにおいても添付動画はございません。その点はご了承ください。


『ESCAPADE』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid2C(C4) 


【地声最高音】hiD(D5)  ※曲全体で1か所のみ

hiD[ど]hiC[この]hiA[だ]れにも渡[さない](2番Aメロ)


【裏声最高音】hiC(C5) 

★軽快m2C[な]ビートにhiA[乗っ]hiC裏[かって] (Bメロ)


【補足】hiAhiCまでの注意点

hiA[何]度見つめてm2C[も][り]ない(Aメロ)
★まるhiA[で][み]たい

★余生の相場hiA[を][わし]て(Bメロ)
★僕にhiA[耳]打ち[し]hiA#[た]

hiA[このせか]いに溢れか[えっ]hiA#[て][る]矛盾を(サビ)
hiA[ぜ]んぶ解決[す]hiA#[る][か]のような
hiA[華]hiA#[奢][な]か][ら][だ]hiC[が] 
★そhiA[こ]hiA#[にや]hiC[どっ][た][スマ]イルが
★曲がってm2c[突]き当たm2C[り]のこhiA#[う]hiA[え]んで
★手を取り合ってhiA[お]hiA#[ど][り]ませんか? Ah Ah Ah hiC[Ah]

hiA#[さ]hiA[あ!](ラスト)

『ESCAPADE』(Official髭男dism)









 まず、『ESCAPADE』(エスカペード)についてです。この楽曲は、2018年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『エスカパレード』に収録されている楽曲です。アルバムの『エスカパレード』は彼らが作った造語であり、『ESCAPADE』+『PARADE』を合わせて作ったそうです。そうした点で、この『ESCAPADE』はアルバムの中でも重要な位置づけにある楽曲であると思います。ちなみに、『ESCAPADE』は「脱線行為、とっぴな行動」などの意味があります。この辺は後述します。

 『ESCAPADE』のサウンドについてです。全体として軽快で非常にポップな楽曲です。バンドの音色と管楽器が上手く融合されています。ヒゲダンはダンスミュージックなどの要素も持ったバンドでもありますが、非常にダンサブルな楽曲です(歌詞の中でも「踊りませんか?」と歌われています)。個人的にはベースの音色が非常に心地よいです。また、2番終了後の間奏ではボーカルのフェイクに対してエフェクトがかけられており、こうした点も楽曲にアクセントを付けます。 

  歌メロディーについてですが、AメロBメロサビという流れのメロディー構成でありますが、ホップステップジャンプといった楽曲ではなく、楽曲全体を通してポップ感が満載です。そうした点は音域にも表れております。例えば、【AメロBメロサビ=ホップステップジャンプ】のような楽曲ではAメロ=低音、Bメロ=中音~高音、サビ=高音域のような形になりやすいです。しかし、『ESCAPADE』についてはそれらとは異なり、、Aメロの時点でかなり高音域から始まります。また、こうした楽曲はキーは高いものの音域自体は狭い傾向にあります。

 『ESCAPADE』の歌詞についてです。タイトルの『ESCAPADE』は「脱線、とっぴな行動、いたずら」といった意味があります。個人的には「アバンチュール」=「少し危険な恋、恋の冒険、火遊び」のようなニュアンスもあるのではないかと思います。衝動的な恋愛の歌です。そうした点はサビの「曲がって突き当たりの公園で 偶然見つけた神様 手を取り合って踊りませんか」という歌詞でそうした点を強く感じました。
 個人的に好きだと思った歌詞は「ありふれ過ぎた日常に 新しくくれた曲がり角」です。「曲がり角」ということはどこかネガティブなイメージもあるのですが、この楽曲では非常にポジティブなニュアンスで表現されています。また、「曲がり角をくれる」というのも面白い表現です。ラブコメなどでは、「曲がり角でヒロインにぶつかり物語が始まる」といった場面が良く描かれますが、まさに恋の始まりが上手く表現されている一節だと思います。




 さて、最後に『ESCAPADE』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C4) ~【地声最高音】hiD(D5) 、【裏声最高音】hiC(C5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。

 まず、地声最高音のhiDについてですが、これは2番のAメロで1回だけ登場します。このhiDについては裏声でも良いと思います。それが難しい場合は、1番のAメロと同じメロディーを歌っても良いかもしれません(カラオケなどではおそらく減点対象になります)。

 そのhiDの場面を除くと、地声最高音はhiCになります。原曲キーで歌う場合、このhiC辺りは地声で発声したいところです。
 ちなみに、mid2C~hiCの音域という音域は、少し前にレビューした『夏祭り』(JITTERIN’JINN)と同じキーになります。その中で、「『夏祭り』が原曲キーで歌える人は、ヒゲダンが高いクオリティーで歌いこなせる」という考えを述べました。意図したわけではないですが、今回の『ESCAPADE』の基本的な旋律は偶然にも同じくらいのキーになっています。こうした点を考えても、原曲キーで『ESCAPADE』を歌うのは、かなり難易度が高いと思います。高音域が得意な男性がチャレンジした方が良い楽曲です。

 一般的な音域の男性の場合、キーを下げるのが良い選択肢だと思います。『ESCAPADE』の一つの特徴は音域が広くないことにあります。ゆえに、キーを大きく下げても、低音部が辛くなるといったことは起こりにくいです。原曲キーから5つ程度下げると、サビで登場するhiCがmid2Gに設定されます(地声最高音はhiA)。この辺りを一つの基準にするとよいと思います。
 ちなみに、高音域が得意でない方はこの辺りでもきついかもしれませんので、もう少し下げてください。また、歌い慣れていない人もキーを下げて練習しても良いと思います。先にも述べたように、『ESCAPADE』は音域が広くないので、キーを下げて練習するのに非常に適しています。練習曲としても使いやすい楽曲だと言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする