こんにちは。今回は秋山黄色さんの『モノローグ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『モノローグ』(秋山黄色)、Monologue(Kiiro Akiyama)


【地声最低音】mid1A(A2)  ※1番Aメロで1回だけ

★ほんの少し話をして分かったm1A[気に]なっていた


【地声最高音】hiC(C5)  ※転調後サビで1回登場

★あm2G{な]m2F[た]のhiC[日]hiA#[々に]


【裏声最高音】hiB(B5) ※通常サビで登場

★ぼm2F#[く]らはhiB裏[どう]hiA[して]夢を見てしまうんだろう


【補足】mid2F#(一部略)hiA#の注意箇所

★ 知らない事m2E[ば]かり知りm2F#[た]E[くな]F#[る]E[の]は(Aメロ)
★本当は何も信じられないからm2F#[な]m2E[の]か

★悲m2E[しみ]m2F#[を]背負hiA[い]m2G[つ]m2F#[づ]m2G[け]F#[て](Bメロ)
★一体なm2E[に]がE[あ]m2F#[る]m2E[の?] 教えて

★わhiA裏[す]れたフm2F#[リ]m2G[を][す]るこF#[と]ができても(2番冒頭)

m2F#[運]命すらこF#[ん]なにも疑惑と不安に満ちていm2F[る]から (Cメロ)
★自m2F#[分]のせいにF#[し]てみm2G[て]m2F#[も]楽になれるはずないm2F[よ]
★気付hiA[け]m2G[な]m2F#[い]G[と]hiA裏[いう]G[言]F#[葉]
m2F#[嫌]になるほF#[ど]聞いF#[て]なお気付hiA[け]m2G[な]m2F#[か]G[っ]F#[た] 

★かm2G[な]しみのすべhiA#[て]を隠していm1D#[た]なら(転調サビ)
★惹かれm2G[合っ]m2G#[てい]G[ない]と分hiA#[か]G#[る]G[か]G#[ら]
★ふm2G[た]m2F[り]でつけ合った傷のかm2F[ず]m2G[が]
m2G[変わ]hiA#[り]m2G#[ま]G[す]m2F[よ]うに

『モノローグ』(秋山黄色)









 まず、秋山黄色(あきやまきいろ)さんについて少し説明します。秋山黄色さんは2017年より活動するシンガーソングライターです。作詞作曲編曲のみならず、映像やイラストの制作までこなしております。2018年、『やさぐれカイドー』がSpotifyのチャートで上位を記録するなど話題を呼びました。その後、『猿上がりシティーポップ』などデジタル配信や、ミニアルバムをリリースして参りました。今回取り上げる『モノローグ』は自身初のタイアップ曲となります。


 さて、『モノローグ』についてです。この楽曲は、2020年にシンガーソングライターの秋山黄色さんによりリリースされた配信シングル作品です。2020年3月にはアルバム『From DROPOUT』(フロム ドロップアウト)のリリースを予定しており、この『モノローグ』も収録予定であります。
 『モノローグ』はフジテレビ系のドラマ『10の秘密』のために書き下ろされた楽曲であり、秋山さん自身自身初のタイアップ曲でもあります。2020年2月中旬に公開されたMVは、早くも400万回近く再生される等話題を呼んでおります。

 『モノローグ』はややゆったりめのバンド曲です。秋山さんの楽曲の多くに当てはまるのですが、イントロのギターフレーズが非常にカッコイイです。歌メロはラストのサビで転調し、キーが1つ上がります。カラオケなどではこうした部分は気を付けてください。

 『モノローグ』は音域的にはかなり広く、キーの調整などは行いにくいです。一部の低音部分を別の音に置き換えるなど少しの対応は可能ですが、ある程度歌い慣れた人向けの作品であると言えます。



 最後に『モノローグ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiB(B5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCはラストの転調サビで登場します。ラストのサビだけ一番高い部分が地声になります。通常サビではこの部分がhiB裏声で登場し、地声最高音はhiAになります。ニュアンスが変わりますが、場合によっては、このhiCは裏声でも良いかもしれません。目安としては、ラストのサビで多く登場するhiA#辺りをしっかり歌唱できると、非常に安定してくると思います。

 『モノローグ』は音域が広めの作品であり、キーの調整は行いにくいです。低音部が得意でlowGあたりまで歌いこなせる人であれば、少し下げる余地はあります。また、1番Aメロで登場するmid1Aをmid1D辺りに置き換えることで、キーの調整も少しは可能になります。
 ただ、基本的にはキー調整はやはり難しく、普段歌い慣れていない人などは、別の曲で練習した上でチャレンジするのが良いと思います。

 『モノローグ』はサビでも低音部分がmid1Dあたりまで登場し、音程の上下が激しいです。例えば、転調サビでは【かm2G[な]しみのすべhiA#[て]を隠していm1D#[た]なら】のように、mid1D#~hiA#まで登場します。この辺りは注意しておいてください。



コメントする

名前
 
  絵文字