こんにちは。今回は秋山黄色さんの『Caffeine』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Caffeine』(秋山黄色)、Kiiro Akiyama

『Caffeine』(秋山黄色)











【地声最低音】mid1C#(C#3)  

m1C#[もう]何回うずくまってしまったか(Aメロ)
★排m1C#[水]口 なだれ込んだ心の中身達
m1C#[子]供が永遠笑っているような純粋な事では(2番)


【地声最高音】hiB(B4)  ※ラストサビ

m2F#~m2F[みんなも]m2G#[の][を]hiB地[がし]hiA#[て]

※楽曲全体で1回です


【裏声最高音】hiA#(A#4) 

★バm2F[ス]m2F#[ルー]F[ム]のノブm2G#[を落と]F#[し]hiA#裏[て](Bメロ)
m2F[ぼ]m2F#[く]F[の]F#[こ]hiA#裏[とを](サビ)


【補足】mid2FhiA#辺りの注意箇所

★最近をm2F#[ま]ださ[けん]m2G#[でる]F#[ぅ]

m2F#~m2F[さごのおがいを](サビ)
m2F#[お]m2F[し][え]m2G#[て]F#[よ]

★クロm2G#[スを掛]m2F#[け]hiA#地[た](2番Bメロ)



 まず、『Caffeine』(カフェイン)についてです。この楽曲は、2020年にシンガーソングライターの秋山黄色さんによりリリースされたアルバム『From DROPOUT』に収録されています。このアルバムには人気曲となった『モノローグ』も収録されております。
 『Caffeine』はアルバムリリース時に、秋山黄色さんのYouTube公式チャンネルでMVが公開され、2020年4月現在、350万回を超えております。メジャー初のアルバムであることを考えると、非常に注目が集まっていることがうかがえます。

 『Caffeine』はミディアムテンポのロックナンバーです。私自身もこれまで何度か言及してまいりましたが、秋山黄色さんの作品はギターのフレーズが非常に印象的です。この『Caffeine』についてもイントロのギターがカッコイイです。私自身も下手糞ながら、弾いてみたりもしました。
 
 『Caffeine』の音域的な特徴についてですが、高音域がやや高めであります。ただ、hiA,hiBといった音階は登場回数自体は少ないです。mid2F~mid2G#辺りを安定的に歌唱できると、楽曲全体の精度が非常に高まっていくのではないかと思います。 



 さて、『Caffeine』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4)【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBについては、ラストのサビで1回だけ登場します。また、2番Bメロで1回だけhiA#のフレーズが登場します。この2か所が、一般的な男性にとって特に難所になる点だと思います。一般的な男性の場合は、少しキーを下げた方が歌いやすいのです。一つの目安として、原曲キーから2つ程度下げるとよいのではないかと思います。

 この楽曲を原曲キーで歌唱する場合、mid2F~mid2G#辺りをしっかり歌いこなせるとかなり安定してきます。先に列挙した難しい場面もあるのですが、一つの目標として、mid2G辺りまでのフレーズを上手く歌唱できることを目指してみるのもよいと思います。
  
 『Caffeine』は音域自体は広めであります。キーを下げることは可能ですが、図に示すほどに低音部分の余裕は無いと思います。ある程度歌い慣れた人でも、歌いにくい部分が出てきてもおかしくないです。当然、歌慣れていない人向けの作品ではありません。
 私は秋山黄色さんの作品を全て把握しているわけではないですが、当ブログでこれまで取り上げた秋山さんの3作品を見ると、音域自体が広めです。今後、歌いやすい作品なども取り上げていけたらと考えております。。