カテゴリー

『点描の唄 (feat.井上苑子)』(Mrs. GREEN APPLE)の音域

(2021/01/01)ミセス大森さんのソロバージョンのLive映像が公開されましたので添付します(デュエットよりもキーを3つ下げて歌唱しております)。

 こんにちは。今回はMrs.GREEN APPLEの『点描の唄(feat.井上苑子)』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。主に主旋律のみを分析しております。

 なお、『点描の唄』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。ただ、井上苑子さんのソロバージョンについてはMVがございますので、そちらを添付いたします。ご了承ください。


『点描の唄 (feat.井上苑子)』(Mrs.GREEN APPLE)、Tenbyou no Uta(feat.Sonoko Inoue)


【地声最低音】mid2A(A3),mid1G(G3) ※2番サビ、Cメロ

★hiC[気]hiD[づ]hiE[け]C[な]m2G[い]くらいにm1G[子]供だ2G[け]ど
★もしm1G[溢]れ出したら 瞳をm2G[ちゃん]とhiA地[見]G[て]よ 見てよ

※mid2Aについては多く登場します(女性パートの最低音)


【地声最高音】hiD(D5),hiB(B4)  ※Cメロ

★ほらhiC[また]hiD地[期]hiE裏[待]C[をして]hiA[し]まう【Cメロ】
☆m2G[あ]なたのhiA[か]げだけhiB地[伸びて]ゆhiC裏[く] (男女)
hiA[ず]hiC[っ]hiD地[と](女性)  m2G[ずっ]hiA[と]G[ぉ] (男性)

※☆が大森さんの最高音になります。


【裏声最高音】hiG(G5),hiF(F5) ※Cメロと2番サビ

☆僕はあなhiA[た]hiC[を]hiF[好い]hiE[て]hiD[い]C[る](2番サビ)
★このおhiD[もい]hiE[は]hiF[変]hiG[わ]E[ら]D[な]C[い](Cメロ)

☆男性パート★女性パート


【補足】hiA(一部略)hiFの注意箇所

★あm2G[な]たのhiA[こ]G[え]で解れてゆく
★m2G[お]もいhiA[出]G[ば]っか増えてゆG[く] m2G[ず]hiA[っ]と側に居たい
★泣き虫m2G[で]もいいかな 
★強がm2G[ら]ないでhiA裏[いい]G[よ] (男性)

★いhiC[つ]hiB[ま]hiA[で]も いA[つ]までも(サビ)
★どhiC[こ]hiB[ま]hiA[で]も どhiA地[こ]までも (2番サビ男性) 
★当たり前がこhiA[われ]hiB[るこ]hiC[とに]

★わhiA[た]hiB[し]hiC[の](女性) hiC[ぼ]hiD[く]hiE[の](男性)[Cメロ]
★じhiA[か]hiB[ん]hiC[が] C[止]hiE[ま]hiF[れ]E[ば]hiC地[いい]B[の]C[に]
hiA地[グ]m2G[ッと堪え]A[て]みるからさ (男性)
hiC裏[消]hiD[え]hiF[て]hiE[し]D[ま]C{わな]いで 
『点描の唄 (feat.井上苑子)』(Mrs.GREEN APPLE)









※図についてですが、青の丸が井上苑子さん、赤の丸が大森元貴さんの地声音域に当たります。大森元貴さんの裏声最高音はhiFになります。

 まず、『点描の唄 (feat.井上苑子)』についてです。この楽曲は2018年に、ロックバンドMrs.GREEN APPLEによりリリースされたシングル『青と夏』に収録されているカップリング曲です。カップリング曲ではありますが、『青と夏』同様に、映画『青夏 きみに恋した30日』のために書き下ろされた作品です。タイトルにもあるように、井上苑子さんとのコラボ楽曲になります。

 ここで、井上苑子さんについて少し説明します。井上苑子(いのうえそのこ)さんは2009年より活動し、2015年にメジャーデビューしたシンガーソングライターです。これまで、『ナツコイ』、『だいすき。』、『大切な君へ』などが人気を集めており、YouTube公式チャンネルでは1000万回以上の再生回数を記録しています。以前に、槙原敬之さんの『どんなときも』をカバーしたものがスマホのCM流れ、テレビなどで耳にした方も多いと思います。

 『点描の唄』は男性と女性によるバラード曲です。映画の主人公である男女の目線から歌詞が書かれており、それぞれをMrs.GREEN APPLEの大森元貴さんと、井上苑子さんが担当されております。作詞作曲アレンジは大森さんが担当されています。
 歌メロについてですが、バラード曲ということもあり、サビやCメロが非常に盛り上がります。とはいえ、AメロやBメロもhiAやmid2Gなどが裏声で登場するため、比較的高めであります。メロディーでは男女ともに裏声が多用されており、hiF,hiGといった高めの音階を器用に発声することが求められます。



 

 さて、『点描の唄 (feat.井上苑子)』 の音域についてですが、女声パートは【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されています。男声パートは【地声最低音】mid1G(G3) ~【地声最高音】hiB(B4)【裏声最高音】hiF(F5)になります。地声についてはどちらも一般的な人の音域より少し高めです。
 ちなみに、井上苑子さん、大森基貴さんはそれぞれソロで歌唱する音源があります。井上さんはmid1G~hiD,hiGという音階で、大森さんはmid1G~hiC,hiGという音階で歌唱されています。

 さて、まず、地声最高音についてです。女性はhiD,男性はhiBが地声最高音です。ただ、目安として、女性はhiC辺り男性はhiA辺りまで地声で歌いこなせると、この楽曲に取り組みやすいと思います。必ずしもhiDやhiBまで出せる必要があるわけではありません。
 ただ、男性がソロでこの曲を歌唱する場合、hiB,hiC辺りまで出たほうがCメロあたりの表現の迫力が増します。ミセスの大森さんはライブで『点描の唄』を歌唱しており、場面によってはhiBやhiCを地声で使い分けております。

 『点描の唄』は裏声が多用されております。大体hiF,hiG辺りまで使いこなせる必要があり、この辺りがハードルになるのではないかと思います。初めから原曲のようにきれいな裏声になる必要は無いですので、少しずつ練習してみてください。個人的なイメージですが、地声よりも裏声の方が練習が報われやすく、伸びが期待できます。気長に取り組んでください。

 『点描の唄』は高音側に広い音域であります。地声最低音はmid1Gであるため、女性でも少しならばキーの調整が可能です。男声だともう少し下げることも可能だと思います。ただ、先にも述べたように、裏声が多用される作品であるため、ある程度歌い慣れていたほうが取り組みやすいです。キーを下げても歌いにくい場合は、別の曲で練習したうえでチャレンジしてください。

『Mrs. GREEN APPLE』の音域一覧(まとめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. そろばん より:

    Mrs. GREEN APPLEのPARTY お願いします!!

  2. そろばん より:

    Mrs. GREEN APPLEのPARTYお願いします!

  3. より:

    点描の唄の大森ソロの音源ってどこで確認できますか?

  4. もりっしー(管理人) より:

    >>3
    アルバム『Attitude』をiTunesで購入した際の特典になります。
    https://mrsgreenapple.com/musics/8306/music_products/9440

  5. より:

    >>4
    もりっしーさんは音域調査する際毎回アルバム等を買われてるんですか??

  6. もりっしー(管理人) より:

    >>5
    調査の際にわざわざ購入することはありません。
    元々、手元にCDや音源があるものもあるし
    無いものはSpotifyやYouTubeなどで視聴しております。
    過去には、音源が入手できずに調査をお断りせざるを得なかったものもあります。
    また、過去に公開されていた動画が今は無いということが、公式でも結構ありますね。

  7. もりっしー(管理人) より:

    >>5
    『点描の唄』の大森さんがソロで歌唱されているバージョンについては
    音源を視聴できるツテがありましたので、調査の際に参考にしました。
    私自身は所有はしておりません。
    このソロバージョン、Spotifyとかばら売りとかで配信して欲しいですね。

  8. より:

    >>7
    わざわざ丁寧に答えてきただきありがとうございます
    これからも応援させていただきます

  9. やま より:

    記事中のもっくんの名前が間違ってます!大森基貴じゃなくて

  10. やま より:

    大森元貴ですね!コメントミスタッチで別れてしまいました(笑)すみません!これはよく女子とカラオケで歌ってる曲ですね。若者のデュエット曲の定番になってきてくれているのがミセスのファンとして嬉しいばかりです。

  11. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>9
    すみません。他のところはちゃんとタイプされてたのに
    一部、ミスがありました。修正しました。

  12. ぴたっくま より:

    大森さんの地声最高音、2番サビでhiC出てませんか?

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      今取り急ぎ調べてみたのですが
      地声最高音hiCについてちょっと確認できませんでした。
      hiCは裏声だと思います。
      何秒くらいのどのフレーズでしょうか。

      ちなみにこちらはhiCになってますね。
      https://w.atwiki.jp/saikouon_dokoda/pages/1041.html

  13. ぴたっくま より:

    「当たり前が~」のとこが地声に聞こえましたが確かに微妙な判定かもですね

    • もりっしー より:

      今外出先ですので、後で再確認してみます。
      大森さんは地声成分多めなので、裏声でもパワフルですよね。

    • もりっしー より:

      再コメントします。
      該当箇所ですが、やはり裏声だと判断しました。

      どうしても見落としが出ますので、ぴたっくまさんには度々コメント頂き、感謝です。
      また、何かございましたら、ご指摘ください。

  14. ぴたっくま より:

    ありがとうございます、こちらこそ曲を聴きながらこのサイトを見たりしててとても為になっています。最近はミセスの記事ばかり見てますね。 以前ミセスの記事が多いと小言を挟んで申し訳なかったです、逆にミセスの更新が多くて今は助かってますw
    今後ブログの更新方針などに意見をするのは辞めますね

    • もりっしー より:

      その件については気にならさなくて良いですよ。
      忌憚なく発言していただいて大丈夫ですよ。

      ミセスは裏声の使い方とかで勉強になりますね。
      ミセス自体の作品もまだ取り上げたいのですが、
      リクエスト全体が増えてて、タイミングを逸してますね。
      いずれまた、取り上げます。

  15. かたおか より:

    こんにちは、いつも拝見させて頂いています。井上苑子さんがこの曲しか取り上げられていないようなので、「だいすき。」を調査して頂けないでしょうか。よろしくお願いします。

    • もりっしー より:

      確かに井上苑子さんは、この曲以外はまだ取り上げてないですよね。リストアップしておきます。