カテゴリー

『フロリジナル』(Mrs. GREEN APPLE)の音域

こんにちは。今回はMrs. GREEN APPLEの『フロリジナル』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

  ※当ブログがこれまでに取り上げたミセスの作品については、以下をご参照ください。
『Mrs. GREEN APPLE』の音域一覧(まとめ)


『フロリジナル』(Mrs. GREEN APPLE)
『フロリジナル』(Mrs. GREEN APPLE)の音域






【地声最低音】mid1A(A2) ※全体で1回

★緑が深いこの森をm1C#[抜]け その先の町へ行こう【Aメロ】
m1Bm1C[ケ]ガは]結構してしまっているけど
m1Bm1C#[ちっ]ぽ]けだと信1C#[じ]てる【Bメロ】
m1Bm1C#[む]く]われると良いm1AC#[ん]だ]けど【2番Bメロ】


【地声最高音】hiA(A4) ※全体で9回

★今だm2F#-hiA地[け[た]GF#[だ][き]し]めて欲しい【サビ】
★(私は嗅ぐ) ただm2F#[断]片に おm2GhiA[もい[出][を]

★ワm2F#-hiA[ク[ワ][が]腐るから 外へ出たい【Dメロ】

【裏声最高音】hiD(D5) ※全体で1回

★消えちゃhiD裏hiC#hiBhiA[い]た]い]よ]るも【Dメロ】


【補足】mid2F#mid2Gを含むフレーズ一覧

★譲れm2G地m2F#[な]い]ものはたく[さんG[あ]る]から 引きG[か]え]せやしない【Aメロ】
★「m2F#[愛]してm2E[る]」 なん[かF#[もう]要ら[ない]【サビ】
★(私は嗅ぐ) 完m2F#[璧]なおm2G[もい]は]

★目で見てみm2E[ない]と 冒険しm2G裏F#[ない]と]【Dメロ】
★わm2F#-m2G[た[し]の]導火線
★(ただただ信じて) m2Gm2F#[そ]ば]に居て[欲し]かった【ラストサビ】

 まず、『フロリジナル』についてです。この楽曲は、2022年にロックバンドMrs. GREEN APPLEによりリリースされたシングル作品『Soranji』の3曲目に収録されております。同シングルは配信としてリリースさえたのちに、CDシングルとしてもリリースされました。
 『フロリジナル」、はフィッツコーポレーションによる香りと音楽のプロジェクト「PARFA TUNE(パルファチューン)」とのコラボソングとして制作されました。タイアップが付いたこともあってか、位置付け的にはカップリング扱いの曲ですが、ミュージックビデオも制作されており、ミセスのYouTube公式チャンネルでも公開されております。


 『フロリジナル』はミドルテンポのバンド曲です。シンセサイザーによるアレンジが印象的です。歌メロはAメロBメロサビと展開します。作詞作曲はフロントマンの大森元貴さん、編曲は大森さんと花井諒さんによりなされました。花井さんは、最近では『延々』(過去記事)『Part of  me』(過去記事)といったアルバム曲のアレンジで関わりがあります。

 『フロリジナル』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、男性の音域としては高めのレンジで歌メロが作られております。そのため、通常はキーを下げたほうが歌いやすそうです。ただ、同曲はmid1Aやmid1Bが登場するなど低音域が低いため、キー下げの余地はあまりありません。その点でやや取っ付きにくそうです。
 一方、同曲はミセスの作品としては「裏声」の頻度がそこまで高くありません。そのため、裏声があまり得意でない人でもチャレンジしやすいのではないかと私は分析しました。
 同曲を女性が歌唱する場合、低音域がかなり低いため、そこがハードルとなります。そのため、AメロBメロ辺りも含めしっかり歌いこなしたい場合、通常は少しキーを上げた方が良いのではないかと私は推測します。



 最後に『フロリジナル』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2)〜【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Aは2番のBメロで1回だけ登場します。このmid1A以外ではmid1B~mid1C#辺りが登場し、男性曲としては低いレンジとなります。そのため、高音域が非常に得意な男性などは少し歌いにくいかもしれません。また、歌い慣れてない人なども歌いにくそうです。
 同曲は、低音域が低い分、女性が原曲キーで歌唱するのが難しそうです。カラオケなどで気軽に歌う分はよいですが、女性の得意な声域などを考えると、キーを上げた方がより良いと思います。

 次に、地声最高音hiAはサビを中心に登場します。登場回数は9回程度です。この辺りは男性の音域としては高めであり、通常は少しキーを下げた方が歌いやすそうです。低音域がかなり低くなりますが、原曲キーから2つ程度下げると、より歌いやすくなると思います。


 『フロリジナル』は音域自体が広く、キー下げの余地は少ないです。低音域が非常に得意な人などはキーを下げることも可能ですが、人によってはキー調整を含めても難しい部分が出てくるかもしれません。その点で、低音域~中高音域までしっかり求められる楽曲といえそうです。


 『フロリジナル』を原曲キーで歌唱する場合、mid2E~hiA辺りの中高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます(裏声はmid2G~hiD辺り)。この辺りは男性の音域としては高いです。そのため、「ある程度高音域が得意な男性」などが原曲キーにマッチしやすそうです。逆に、高音域が非常に得意な人は、AメロBメロなどがやや歌いにくそうだと私は推測しました。先述のように「ミセスの曲としては裏声の割合が高くない」ので、裏声が得意でない人にはおススメかもしれません。

 『フロリジナル』はノリの良いバンド曲であり、カラオケなどで歌っても楽しそうです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

 ※当ブログがこれまでに取り上げたミセスの作品については、以下をご参照ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    かなり低音が目立つ曲ですね。14日福岡のライブ参戦するので、生で聴けると思うとやばいです笑

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      かなり倍率が高そうでしたが、
      福岡のライブに参戦できるんですね。
      羨ましいです。